2018/10/18

できた!  なんちゃってお料理

クリックすると元のサイズで表示します

サワークリームドーナツ!\(*^▽^*)/

こちらの本を読んで、前々から自分でドーナツを作ってみたかったのもあって、いい機会なので挑戦してみることにしたのです。ちょうどレシピも巻末に掲載されているので、そちらを参考にさせていただきました。
作ってみると、けっこう大変でした。
サワークリームがなかなか卵と混ざらないし(あらかじめ常温にもどしておくといいみたいです)、粉を混ぜる時は終盤けっこう力がいるようになりましたし。
あと型抜きする時、生地がべたつきやすいので常に打ち粉をしていないとすぐひっついてきます(笑)。型から出す時も、最初どうやればいいかわからず苦労しました……。型を横にして打ちつけるとはがれてくる、と気づいたのはもう作業も終わりかけたころでした。
(※ちなみにドーナツ型は100均で買えました)

そういえば今回の材料をそろえている時、レシピを見ると、小麦粉といっしょに重曹・ベーキングパウダーと、ふだんめったに使わないものがならんでいたので、予算の都合もありどうしようか迷っていたのですが、
「……これってさ、ホットケーキミックス使えばよくない?」
「それだー!!」
とひとりで勝手に盛り上がってました(笑)。
ホットケーキミックスにはあらかじめ砂糖が入っているので、そのぶんは引くことで調整してあります。いっそ不使用でもいいかもしれません。
 
今回は何もつけないの(いわゆるオールドファッション/上)と、レシピにあったメープルシュガー(下)の二種類にしました。
食べてみると、さっくりとした歯ざわりで、重くも固くもなくて食べやすかったです。さっぱりとしてていくらでもいけちゃいそう、ってくらいに。
こんがりとあがったドーナツに、牛乳をたっぷりと入れて、おいしいひとときになりました。(*^-^*)
0

2018/6/19

ごはんごはーん。  なんちゃってお料理

先週、わけあって何日かのあいだ晩ごはんを作る機会にめぐまれ、ちょうどよかったので食べたかったものを一気に作っちゃいました!

クリックすると元のサイズで表示します

スパゲッティ・ナポリタン。ピーマン、玉ねぎ、ウィンナーと、むかしながらのお味。半熟の目玉焼きの黄身をつぶして、麺にからめて食べると、これがまたおいしいんだ〜!
もちろん、小川悦司ネ申のお言葉にしたがって、ひとさしのアレを入れてあります♪(※くわしくは『浅草人』を参照のこと)
ちょっと失敗して盛りつけがキチャナくなってしまってるのはご容赦。(^-^;)


クリックすると元のサイズで表示します

オムハヤシ! ハヤシライスが食べたくなったのと、東京のハヤシやさんでいただくようなのを作ってみたくって、チャレンジしてみました。
ごはんを包むのではなく卵を上に乗っけるタイプになりましたけど、ちょっと型くずれして見ばえ悪いですけど、半熟卵がとろっととろける、ゴールデンなお味のものができあがりました。
私のいまの時点での最高傑作です(笑)。


クリックすると元のサイズで表示します

一品料理が続いたので、ちょっと数を多めに三品。
ハヤシライスの時に切りすぎた野菜をまわしたコンソメスープ、なすとピーマンと油揚げのめんつゆいため、にんじんのカラムーチョあえ。
にんじんのカラムーチョあえは、せん切りにしたにんじんにマヨネーズとくだいたカラムーチョをまぜるだけ。知りあいの方に教えていただいたのですけど、カンタンに作れてしかもおいしかったです。一番最後に作って、いもがにんじんの水気やマヨネーズの油を吸わないうちに食べるのがポイント。(*^o^*)


作りたいもの作れたし、おいしくできたし、満腹・満足、ごちそうさまでしたぁー♪
0

2018/5/27

できた!  なんちゃってお料理

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

餃子の皮ピッツァ!
漫画の『侠飯』で知ってから、いっぺん作ってみたかったんですよ〜♪(*^o^*)(※作り方は第五巻に収録されています)

材料がちょっとそろえられなくて、漫画の通りではない簡易版、というか別もの版になってしまいましたけど(お察しください)、でもおいしくできたと想います。チーズはおしみなく使いましたし、しあげにはオリーヴオイルに加えてはちみつも垂らしましたしね!(笑)
これはまた作ってみたいなーvv 今度はちゃんとレシピにのっとったまともなのを!


写真のサイズ設定がおかしいせいでいまいちおいしさが伝わらない(泣)。カメラ使いこなせてなくてごめんなさい。(-_-;)
0

2017/12/20

もういっかい!  なんちゃってお料理

チーズの肉トロを、豚肉でも作ってみました。
脂の甘みのおかげで、牛肉で作ったのとは違うなめらかでさっぱりした味わいがあって、こちらもおいしかったです♪(*^-^*)
もちろん、牛肉で作ったのもコクがあって大好きなのですけどね。どちらで作るかは気分とおサイフしだいということで(笑)。
(※あまりに空腹だったため、できあがるなりむさぼり食べてしまいました。なので写真は割愛させてください)

しかし、この料理、食べたあとがけっこう問題。
前回作った時、お昼ごはんに食べたのですけど、翌日朝になって家族から「にんにく使ったの? どえらい臭いよ」と顔をしかめられてしまいました。お風呂入ったし歯みがきだってちゃんとしたのに〜……。
その後、必死になって臭い抜きしたといいます(泣)。
1

2017/12/17

作ってみました!  なんちゃってお料理

チーズの肉トロ!\(*^▽^*)/
風太郎大人の大好物! エッセイで知って、いっぺん作ってみたかったんですよ〜vv

薄切りの牛肉に、とろけるチーズを半分にさいたものを三つ折りくらいにして巻いて、フライパンで焼くだけ。両端をちゃんと閉じておかなかったのでチーズが溶け出してしまいましたけど、はじめてにしてはまあ上出来な方じゃないかな。
おろしにんにく醤油でいただきました。
もんげーおいしかったです! 毎日食べても飽きない、とおっしゃられてた理由がわかります。
また作って食べたいなー♪

……にんにくおろしすぎて鼻とお腹にキちゃったのはここだけの話。(^-^;)
クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/10/9

もぐもぐ。  なんちゃってお料理

ピッツァ!\(*^▽^*)/
今回は生地づくりからこだわってみました。すりおろしたじゃがいもをまぜてあるのです。粉と水分の調整に苦労しましたが、おかげでいつもよりもっちりさくさくの仕上がりになりました♪(*^-^*)
具はベーコンとピーマンにチーズをのっけて、焼いたあとにこしょうとバジルをふりかけて最後にはちみつをひとたらし。おいしくできあがりました!

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/9/27

続けてつくってみた。  なんちゃってお料理

こないだの生麺づくりで、粉とソースがあまったので、ピッツァにしてみました!(*^o^*)
今回は発酵ナシヴァージョンでいきます。粉と水と油をまぜて、すこし休ませたら台に出して打ち粉をしてのばして。

クリックすると元のサイズで表示します

フォークで穴をあけたら具をのっけて、フライパンで弱火で焼きます。
おおきさやかたちがおかしいのは素人作りだからということで……。(^-^;)
風味づけにオリーヴオイルをちょっとたらして、できあがりです!

クリックすると元のサイズで表示します

発酵していないので生地はぺらぺらです。クラッカーみたいな感じかな。サクサク感はちゃんとありました♪(*^-^*)
ラビオリにした方がいいんじゃあという意見も出てきそうですけど、いんだよ! ピッツァ食べたかったんだから!(笑)
ミートソースぜんぶ使い切ってもまだ生地があまってたので、今度はケチャップをぬって輪切りピーマンとこまぎれウィンナーをちらして、

クリックすると元のサイズで表示します

できました!
これはチーズとはちみつがなかったのが惜しまれるなあ……。(※ちょうどふたつとも切らしてた)
0

2016/9/22

作ってみた。  なんちゃってお料理

きっかけは、このひとコマからでした。

クリックすると元のサイズで表示します
フレームアウトしちゃってますけど、「イタリアンシェフ顔負けの〜」です。
(※小川悦司『天使のフライパン』第五巻より)

「パスタって、手で練れるの?」
馬鹿みたいな疑問ですが、読んだ当時の私は真剣にそう想ってたのです。それくらいこの画は衝撃的でした。
でも考えてみれば、イタリア料理だって長い歴史を持つもの。最初から機械で全部作ってたわけではないですよね。(^-^;)
別の本にレシピが載っているのを見つけて、想ったよりもカンタンに作れるらしい、ということがわかったので、自分でも作ってみることにしました。
(ちょうど課題で煮詰まっていたのもありましたし/笑)

まず、麺づくりから。強力粉と卵とオリーヴオイルと塩を混ぜます。
フードプロセッサーでとありましたがない場合は袋に入れてふったのでも大丈夫だそうで。私も後者の方法にしたがってしゃかしゃかとふりました。
そぼろみたいにかたまってきたら、生地にまとめます。袋だと入れたまま作業できるから手が汚れなくていいですね(笑)。
ただ、この時、本には「けっこう力がいる」みたいなことをかかれていたのですけど、そんなことはなかったです。ずっとふよふよしてて、大丈夫かと不安になってしまったくらい。この本、前のピザ生地づくりの時も「お湯にうかべて発酵させる」とかかいてて、そのせいで結露に生地をべちゃべちゃにされた経験があるからなあ。
ちょっと不安を抱きつつまとめ作業を終えて、二十分間休ませます。

クリックすると元のサイズで表示します

そのあいだにミートソースの準備を。
今回は予算の都合で(ほほほ)すべて手作りというわけにはいかず、市販のものを使わせてもらうことにしました。が、それっぽっちだと味気ないので、ひき肉や玉ねぎやマッシュルームを増量させてくるみも足した、アップグレード版となっております!(笑)

ミートソース作りが終わったら、いよいよ麺づくりへ。
取り出した生地に打ち粉をして、麺棒でのばしていきます。
厚さ一ミリくらいまでのばせたら三ミリ幅にカット。私、ぶきっちょだから太さをそろえられず……すばやく正確に裁断していける職人さんは本当にすごいと想いました。(-_-;)

クリックすると元のサイズで表示します

麺をゆでて、ソースとあえて、お皿に盛りつけたら、完成です!

クリックすると元のサイズで表示します

どうです、このおいしそう……じゃないひと皿! 見た目悪い!
味の方も、ソースはともかく麺の方が、食感が悪く……。のばし方が足りなかったのか、本来もちもちであるはずのものはごつごつもそもそしておりました。ソースの味だけで食べられたようなものです。(-_-;)

カンタンそうに見えて、やっぱり一朝一夕にはいきませんでした。(※当たり前)
でもこれに懲りずに、機会を見つけては作っていこうと想います!
0

2016/6/30

できた!  なんちゃってお料理

なすとピーマンと牛肉をいためて、お酒とお酢とめんつゆを入れて仕上げにおろし生姜とねぎ、風味づけにごま油と七味をちょいちょいとしてみたら、こんなのができあがりました。名づけて適当いための適当風味!(※まんま)

昨日の夜、某所で食べたうどんが「これ作った人私によほどの憎悪でも抱いてるのか」と想うほどしょっぱくて、もったいないから食べたものの食後しばらく口唇がぴりぴりしてたくらいでしたので、そのムシャクシャをはらそうとリベンジする意味あいもこめて作ってみたのです。
お酢の漂白作用のせいかいろどりが悪くなりましたけど、味は悪くありませんでした。めんつゆはうすめて塩分ひかえめになりましたし、ほんのりすっぱい中に野菜とお肉のうまみもありましたし。
おすすめするわけではなく、われながらよくやった、の想いをこめて記事に残しておきます。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/6/22

できた!  なんちゃってお料理

フレンチトースト!\(*^▽^*)/
昨日の夜からたまご液につけこんでおいて、お知りあいさんから焼くときにココナッツオイルを使うとカリッとしあがるよと教えてもらったのでためしてみたのがこちらです。
食べてみると、たしかに外がカリッとしあがり、中からじゅわあっとうまみがしみだしてきて、これまで食べてきたものとは格段に違いました。おいしかった……!
ごちそうさまでした!

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ