2008/6/26

膝の上の赤ん坊  日常

 夢を見ました。赤ん坊を、膝の上に乗せています。重みも感じます。目が覚めました。膝の上にあったのは、赤ん坊ではなく、枕でした。

 きっと夜中に、赤ん坊だと思って枕を大切そうに抱き上げ、膝の上に乗せたのでしょうね(^^;



一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
0

2008/6/20

パン食 対 米食  主張

 たまには普通に、健康関連の日記も(^^)

 健康な食生活を送ろうとした時に、ご飯とパン、どちらが有利でしょうか? これはまず、ご飯に軍配が上がります。栄養素の問題云々以前に、主食として果たす役割が違うのです。

 パンを食べる時に、何と合わせますか? 直接付けるものでは、バターやマーガリン、ジャム、ハチミツなど。油や糖分が強い物ばかりです。
 食べ物で合うのは、ステーキやハンバーグ、シチュー、グラタンなど、やはり油が強かったり、こってりした物に偏ります。刺身、煮魚、ほうれん草のお浸し、梅干、納豆など、和食のオカズとの組み合わせを考えて、食欲が湧き上がってくる事はないでしょう。

 パンはどうしても、口の中がパサつきます。それを防いで美味しく食べるには、油分や糖分が不可欠となります。
 その一方、ご飯であれば、オカズの組み合わせは格段に広がります。塩気さえあれば、油気はゼロでも全く問題ありません。かつお節に醤油でもかければ、かなり美味しく頂けます。塩だけでも、行ける位です。

 またパンは製造過程で、一般的に最初から多くの砂糖が使われています。12センチ角の食パンで、大盛りの小さじ2杯程度でしょうか。バターで乳脂肪も入りますから、積極的に健康的とは言えません。そこに更に、バターやジャム、肉などを一緒に摂取するわけです。

 主食として、その懐の深さが、ご飯は圧倒的に勝っています。ご飯自体がパンに勝っているというよりも、むしろその油や糖分を必要としない組み合わせの相性において、利点が大きいのです。
 アメリカに肥満が多い現実は、このパン食文化も、根底に大きく関わってきていますね。



一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
2

2008/6/17

妻の家族 文化の違い  日常

 妻の実家では、親と姉妹とが気遣い合って、とても仲良くしています。僕の実家ではその逆で、気を遣わずに仲良くしています。そんな僕から見て、妻の実家での光景は、軽いカルチャーショックです。

 例えば、甘い食べ物が一つあります。そこに姉がいます。妻は姉に食べさせようと、勧めます。

妻「お姉ちゃん、これ食べなよ」

姉「いいよいいよ、まあちゃんが食べなよ」

妻「私はいいよ、お姉ちゃんが食べなって!」

姉「私は家に帰ればあるから、まあちゃんの方こそ、食べなよ」

妻「じゃあ、半分食べなよ」

・・・・・
・・・・・

 と、こんな調子です。このやり取りが、親姉妹の間で、事ある毎に繰り返されます。上の例は、かなり簡略化されています。本当はもっともっと長いやり取りです。

 勧める → 遠慮する → それでも勧める → やっぱり遠慮する → 更に強引に勧める → これも遠慮する → じゃあ半分と申し出る → その半分も遠慮する → いいから半分食べなよと押され → ようやく渋々と受け取ってお礼を言う

 気が遠くなりそうです(^^;

 最後の落としどころは、大抵は半分ずつです。最初はただ微笑ましく見ていましたが、やがて焦れてきます。僕は割と、せっかちな部分もあるのです。
 
 あーーーー! めんどくさいなあ〜! 結局最後は半分にするんだから、最初から「半分あげるね」で了解すれば、一言で済むじゃないか!!

 妻にそれを聞くと、「だって遠慮するから、それくらい勧めないと受け取らないんだもん」だそうです。お母さんと娘三人、全員がそんな調子ですから、何かを受け取らせるのも大変。してあげたい人が集まって、してもらって当然という人が、誰もいないんですね。

 僕はその光景を微笑ましく見ては、多少焦れながらも、いつも笑っています。僕の感覚では、家族なんだから気を遣わなくて良いじゃないかと思うのです。妻の感覚では、大切な家族だからこそ、気を遣って良くしてあげたい。なんです。
 勿論、妻は妻で僕とその家族にカルチャーショックを受けています。なんて気を遣わない人達なんだと、未だに驚いています。その中でも大雑把な性格の僕に対しては、たまに人格を疑う程で(笑)



一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
1

2008/6/14

テニス肘 無料講習会を開催しました。  健康関連

 社会奉仕活動として、【テニス肘予防 無料講習会】を開催いたしました。以前から無料で何かをやりたいという希望はあったのですが、今までは開催の切っ掛けがなく、ずるずると先延ばしにしていました。
 無料とは言え、中身はかなり濃い内容です。この技術をある程度極めれば、それだけで食べていけるような種類のものです。プロのマッサージ師の方でも、目からウロコの5枚は10枚は剥がれ落ちます。

 5人を集めて行ったのですが、これがなかなか大変でした。最初はそれぞれペアを組んでやってもらおうと思ったのですが、出来ているかどうか、目が行き届きません。やり方を途中で変更して、一人一人に直接実技を学んで頂く形にしました。

 でもこの社会奉仕活動、実は純粋なボランティア精神ではないのです。下心という訳でも、ないかと思いますが。
 僕には子供が誕生しました。その子供達には、「自分だけが利益を得ようとするよりも、他人の役に立って生きていく方が幸福なんだ」という事を教えたいと思っているのです。その時に、僕が時間を見つけて社会奉仕活動を行い、イキイキとしている姿を見せる事で、より解ってもらえるのではないかと、そんな思いが切っ掛けになりました。
 どんな良い事を口先で言っても、説得力はありません。でも行動で示し続けていれば、言葉はなくても、何かが通じるのではないかと思います。



一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
0

2008/6/4

常識とは違う 骨盤のズレの意味  療法関連

 ある患者さんのお話です。施術前に、若干の骨盤の歪みがありました。一通り施術が終了し、改めて見てみます。なんと骨盤の歪みは、更にひどくなっていました。

 ここで一般的な治療家であれば、慌てると思います。なにせ施術後に症状を悪化させたのですから、当然でしょう。けれど私は、この現象の意味を知っています。ですから冷静に「おや、珍しいケースと出会えたな」という感じです。殆どの場合、症状は改善する例が圧倒的に多いのです。
 骨盤が歪むには、様々な原因があります。その中の一つに、内臓の毒素の排出があります。経絡(気の通り道)に乗せて、内臓の毒素を大きな出口である足先に運搬し、外に出そうとする活動です。毒が通過する過程で筋肉を緊張させるので、骨盤がそれに引っ張られて結果として歪むという訳です。
 この患者さんの場合には、今まで機能が止まって、この内臓の毒出しが滞ってしまっていたのです。施術によって機能が取り戻され、その活動が突然活性化。今まで内臓に溜まっていたものを外に出そうと、懸命に働きます。つまり身体を良くしようとして、結果として骨盤の歪みが大きくなっただけの事です。前向きな意味での症状の変化ですから、何も心配は要りません。

 けれどもしこの事実を知らなかったと思うと、自分でもゾッとします。私は性格が真面目で探究心も旺盛な性質ですから、更に精進を重ねて、この患者さんのケースにも対応しようとするに違いありません。そして何らかの療法や手技と出会い、もしくは開発し、骨盤の歪みを改善する結果を得るかもしれません。
 一見症状は改善したように見えます。けれどこの場合での骨盤の歪みは、身体の毒素を外に出すという、前向きな意味のものです。その意味も判らず、ただ表面的な歪みという症状を追いかけるのです。結果として歪みを治せても、それはもしかしたら、単に排毒機能を止める手段を見つけただけに過ぎないかもしれないのです。表面的には改善したように見えて、その内実は、身体をより深刻な状況に追い込むだけです。
 そして実際に、病院でも整体などでも、このレベルの治療や療法が横行している残念な事実があります。解熱剤や降圧剤、消炎鎮痛剤などの薬は、身体の自然治癒を邪魔するケースの方が多い。ボキボキ整体や牽引などは、表面だけを整えるもので、殆どのケースで本質的な意味には乏しいものです。

 その患者さんには、この本質的な意味をご説明した後に、経絡上に溜まった毒素を瞬間的に出す施術を行いました。本当は長い目で見たら必要のない措置なのですが、言っている事が誤魔化しではないと証明する意味もあります。歪みはその瞬間に完全に修正されました。
 けれど内臓に毒が溜まっている内は、排出に伴って再び同じ歪みが生じます。身体が芯から清浄化されていくには、どうしても相応の時間が必要です。排出が一段落すると、歪み癖も出なくなります。私自身も、その経験者です。元々、大きく骨盤を歪めていました。



一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ