2008/8/28

優れている人の生き方  主張

 才能や能力の高い人間は、どのように生きていけば良いのか? 多くの人生教訓がある中、この観点のものは、なかなか見当たりません。あったとしても、

・驕り高ぶらない。
・謙虚にせよ。

 といった、抑制する方向性のものが目立ちます。「実るほど、頭を垂れる稲穂かな」などは、その代表ではないでしょうか。
 確かに、人間は自分が秀でていると感じると、尊大になりがちです。他人を見下し、優越感に浸ってしまいます。高慢な人間になってしまわないよう、気を配るのは重要です。
 けれど僕には、それが物足りません。せっかく才能や能力が高いのですから、それを存分に活かし、世のため人のために役立てる。こんな方向性の人生教訓が、もっと目立っても良いのではないでしょうか。謙虚に自分を低いものだと認識するのではなく、優れていると自覚した上で、それを存分に正しく発揮させるのです。

 一部の優れている人間には、責任があります。大勢の人達の先駆者、リーダーとなり、より良く導いていく社会的な責任です。ところが世の中を見渡してみると、その能力を私利私欲のために用いられる機会の、何と多い事でしょうか。
 学歴レースで勝ち残り、上級官僚や政治家に登りつめた人間が、公益ではなく利権のために懸命になっている姿は、情けないものを感じさせます。民間企業においても、まず優先されるべきは、社会の利益です。社会の利益となる活動を行った代価として、金銭的な利益が発生するのです。食品偽装問題、虚偽表示問題などはまだ可愛いものです。原材料コストの上昇、原油高、これらは投機筋によって暴騰したと伝えられています。ファンド会社は大儲けできるかもしれません。しかしその暴騰によって、満足にパンも食べられなくなり、飢えに苦しむ人もいるのです。そんな自分だけが儲かれば良いという活動に対して、利益が発生する。これでは、その能力を社会に役立てているとは評価できません。

 ですから才能や能力の高い人間の生き方として、

・先駆者、リーダーとなり、皆をより良く導く。
・私利私欲ではなく、社会全体のために役立てる。

 こういった発揮のさせ方についても、もっとクローズアップされていって良いと思うのです。これは「気高さ」という言葉にも通じます。内心の自由ばかり尊重される中、気高く生きるという事が、あまりに疎かにされてきてはいないでしょうか。
 勿論、利己が悪いというのではありません。利他を伴わず、他人や社会に害悪となる利己が悪いのです。優れた人間であればこそ、その行動の影響は大きくなります。優れていればいる程、正しく生きる責任も増していく。こんな世の中であって欲しいと願います。



一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
3

2008/8/27

否定されて、悔しくないんですか?  気功関連

 自分自身が改善した患者さんは、家族や友人など、他の具合の悪い人に一義流気功を紹介されます。紹介したからといって、何の見返りもありません。純粋に善意からです。
 その中には気功に否定的な人もおられて、「騙されているのではないか?」といった言葉を返される場面もあったようです。またネット上では、インチキ呼ばわりされる事も、決して珍しくありません。そこで尋ねられました。

「否定されて、悔しくないんですか? 何とか見返してやろうとは思わないですか?」

 僕はこのように答えました。否定する人は否定する人で、それまで経験してきたものを土台にして判断しています。僕と異なる認識に至るのは当然ですから、否定する事自体については、何とも思いません。僕も別の分野で、何かを誤って否定的に捉えているかもしれません。その点では、全く同じです。人間は完璧ではないのですから、何でも完璧に正確に理解し、認識などは出来ません。それに日本社会で共有されている常識や、メディアを通じての気功などを考えれば、否定したくなる気持ちはよく理解できます。
 全ての人が否定的であっては困りますが、半信半疑の方も含め、肯定的な方も大勢いらっしゃいます。否定派とやり合ってエネルギーを消耗するのなら、そういった方の中で、困っている人を助けていく方にエネルギーを分配した方が、社会の中で自分はより良く活きていきます。
 確かに見返してやれば、気持ちは良いかもしれません。けれど僕は、自分が気持ち良くなるために、看板を掲げて活動しているわけではないのです。

 また気功を否定したからといって、人生で大きな損をするわけではありません。健康のために有益な方法や手段は、気功でなくても、他に存在します。無理に正確な認識を押し付ける意味も、あまりないように思えるのです。



一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
1

2008/8/19

一瞬にしてボロボロ  療法関連

 冷え取り専門の靴下を重ねて履いて、絹と綿で交互に層を作ってあげると、体内毒素の出口が広がる効果があります。絹が毒素に弱く、毒が出ると次第に絹が溶かされていく特徴があります。僕は20層作って履いています。層を重ねれば重ねるほど、出口も広がります。

 この靴下を愛用して、しばらく経つ患者さんなのですが、不思議な現象が起こりました。施術前には何でもなかった靴下が、施術後、左足だけボロボロになっていたそうです。詳しく状況を尋ねてみると、踵から土踏まずにかけて、大きく網の目状に穴が空いていました。絹と綿とで二層構造となっているため、絹だけが溶かされ、網のように見えるのです。

 滅多に起こる現象ではありませんが、瞬間的な大量の毒出しによって、靴下が一瞬にしてボロボロになってしまうケースはあります。
 僕も過去に一度経験があって、テニスの時でした。左足を捻挫したまま無理にプレーをし、右足だけで動いていたのです。見事にボロボロになりました。殆ど宙に浮かせ、体重をかけていない左足だけが。これは捻挫+運動の組み合わせがスイッチになった例です。この患者さんの場合には、施術がそのスイッチになったようです。

 毒が出るという現象が当り前になっている自分ですが、それでも、身体の良くなろうとする働きには、たまに驚かされるのです。



一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
2

2008/8/12

営業マン気分  日常

 昨日は、出張がありました。出張の依頼は少ないのですが、たまには気分転換にもなって、案外と好きな時間です。
 暑かったですね〜 大きな鞄を持って、電車で移動して、気分はすっかり営業マン。でも格好は、かなりラフです。駅からまた、家がほどほどに距離があって、徒歩で15分程度。これがまた、絶妙。ちょうど良い。到着して足を止めると、汗が噴き出してきます。

 雨の日も風の日も、暑い日も寒い日も、エアコンで調整できる快適空間に居続ける自分。出張をすると、大切な何かを思い出すような気がします。独特の充実感があります。活動的に生きていく精神的なリズムが整う感覚です。

 今位のペースで出張があると、嬉しいですね。



一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
0

2008/8/7

幸せでいたければ  主張

一日、幸せでいたければ、床屋にいきなさい。
一週間、幸せでいたければ、車を買いなさい。
一ヶ月、幸せでいたければ、結婚しなさい。
一年、幸せでいたければ、家を買いなさい。
一生、幸せでいたければ、正直でいなさい。

 イギリスの諺です。何となく、納得してしまいますね。
 この諺の深いところは、新しく加えた物によって得られる幸福感は、そうそう長続きしないという部分ではないでしょうか。最後の「一生、幸せでいたければ、正直でいなさい」だけは、新しく何かを得るものではなく、生き方です。

 でもここで少し、疑問も出てきます。果たして正直でいれば、本当に一生幸せになれるのか? 正直者が馬鹿を見るという事も起こるのではないか?
 確かに、正直でいたからと言って、得をするとは限りません。いえむしろ、損をするケースの方が多いかもしれません。けれどそれを差し引いても、「自分は他人を騙すような真似をせず、正直に生きてきた」という誇れる自分が残ります。自分自身に誇りが持てる。これ以上の幸せは、ないのかもしれません。

 幸福は物ではなく、生き方で決まるのだと、ちゃんと昔から地域を選ばずに判っていたんですよね。勿論、最低限度、生きるのに困らない生活を送れているのが前提ですが。そして今オリンピックが開催されている中国では、

一時間、幸せでいたければ、昼寝をしなさい。
一日、幸せでいたければ、釣りに行きなさい。
一生 幸せでいたければ、誰かに手を貸しなさい。

 という諺があるようです。



一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ