2010/3/29

化学(旨味)調味料は、食文化を破壊する。  健康関連

 マグロの輸入問題で、日本の食文化に対する意識が、大きく取り上げられました。そこで考えた事があります。
 まず文化とは何でしょうか。生活様式を指す言葉ではありますが、単なる習慣では文化とは表現されません。生活に根付き、人間の心の形成に深く関わる物を、私達は文化という称号で呼んでいるのだと感じます。
 食文化には二つの側面があります。「何を食べるか?」「どう食べるか?」です。文化を文化たらしめるのは、人間の心です。この人間の心こそが、最も重要な価値です。マグロで言えば、寿司や和食で親しまれ、日本人の生活様式に完全に溶け込んでいます。マグロが無くなっても生きていけますが、それを淋しく感じる人達は大勢いるでしょう。握り寿司の樽からマグロが消えれば、僕だって悲しい気持ちになります。寿司を通じて得られた人との交流、祝いの席での思い出、誰か亡くした時の記憶など、多くの心と結び付いています。そんな心の繋がりが、世代を超えて受け継がれていく。それが文化なのだと思います。

 マグロが食べられなくなるのは、確かに食文化を損なう形になるかもしれません。しかし私はそれ以前の問題で、化学(旨味)調味料こそが、日本の食文化を破壊するものと考えています。化学調味料は、その食品が持つ本来の旨味の他に、旨味成分だけを添加する物です。つまり美味しいという信号を、脳に直接的に送り込みます。
 このような人工的な形で作られた美味しさが蔓延すると、今度は消費者の方が、それを求めるようになります。「強烈に脳に響く信号」=「美味しい」という大雑把な感性になってしまい、繊細な味わいには鈍感になります。
 そんな背景もあって、日本の加工食品は化学調味料が蔓延する事態に陥ってしまいました。スーパーに行くと、加工品の中で、化学調味料が入っていない物を探す方が大変な位です。外食産業も化学調味料に依存しています。

 化学調味料は繊細な味覚を奪っていきますが、それは実は恐ろしい結果をもたらします。人間の味覚のセンサーは、本来は健康管理と密接に結びついています。身体が求める物と、入れない方が良い物とを、味覚によって区別する機能があります。身体が求める物は美味しく、そうでない物は不味く感じます。化学調味料はその身体感覚を乱し、害になる物を大量に食べてしまいかねません。食欲自体も乱されるので、適正な量よりも過食にされてしまうケースもあります。

 これを食文化の破壊と言うのは、決して大袈裟な表現ではないと思います。



 
一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
1

2010/3/25

何を食べていないかを報道すべき  健康関連

 長寿の方や、長寿の地域を紹介するテレビ番組は、たびたび目に留まります。その時に必ず触れられるのが、普段の食生活です。そして特定の何かに注目して、「これが、長生きの秘訣!」と大々的に取り上げています。

 僕は現代人の健康は、まず引き算から入るべきだと普段から主張しています。貧しく栄養状態の悪い立ち位置であれば、精の付く物を食べる事が、理に適った取り組みです。しかし現代の飽食の時代であれば、栄養不足での健康被害は、さほど高いリスクとは言えません。それよりも食べ過ぎや、肉、白砂糖、化学調味料、添加物などの過剰摂取を問題にすべきです。
 つまり何を食べているかではなく、何を食べていないかという視点にこそ、本当の意味での価値ある情報が隠されているはずです。

 テレビ局はスポンサーの不利益になる情報は、積極的には流せません。ですが視聴者の方で、メニューを見てみて、何を食べていないかに着目するのは自由です。そんな風に少し視点を変えると、同じ番組でも価値が高まるかと思います。




一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/
2

2010/3/19

びっくりする位、お米が甘い……  健康関連

 お米は基本的には味がなく、よく噛みしめると、ほのかな甘みがある。こんな認識が、現代社会の標準ではないかと思います。けれど僕の味覚では違います。お米を食べると、びっくりする位の甘味が感じられます。最近、こんな風に味覚が変化しました。

 僕の食生活は、一般的な基準からすれば、かなりストイックです。肉、化学調味料(味の素、ハイミー、成分表示でのアミン酸・アミノ酸等など)、白砂糖、乳製品、アルコールなどを摂取していません。魚介類や卵などの動物性食品も、極めて少量です。
 そんな食生活を続けている内に、味覚が次第に鋭くなっていきました。そして気付いたら、お米が甘いのです。普段は玄米の配分を多くした白米とのブレンドを食べています。これもかなり甘味が感じられますが、白米だけでは、もうお菓子級です。甘さ控え目のスイーツといった所です。

 味覚の変化は、これだけではありません。その他の食品についても、その味を繊細に大きく感じられるようになっています。皆さんからは、つまらない食生活のように思われていますが、とんでもありません。今の僕の食生活、感じている美味しさは、間違いなく人生の中で最高のレベルにあります。ご馳走と言えば、焼き肉やすき焼きといった昔よりも、今の方が遥かに豊かです。



一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
5

2010/3/9

認知療法2  健康関連

 認知療法が扱う部分は、心の感じ方のエラーです。但しこのエラーは、かなり浅い部分に留まります。表面上のエラーの奥には、潜在下で働く深い部分でのエラーがあります。その深い部分でのエラーが力を持った時に、人間の精神を表面上でも狂わせてしまいます。認知療法は狂わされた理性を整理し、潜在下のエラーに対抗させます。非合理な心の感じ方を、理性の力で抑えつける勢力バランスにする事です。成功すれば勢力図が塗り替わり、考え方のクセが是正され、症状も落ち着きます。これはこれで、一つの治癒された姿と評価できるかもしれません。
 しかしお気付きのように、潜在下のエラーについては、手付かずのまま残り続けます。活性化されたエラーは、完全には眠りません。心の底で、乱された感じ方を発信し続けるようになります。完治したように見えるのは、勢力が弱まって感じ難くなっただけです。ストレスや過労などで精神力が衰えれば、抑えていた深いエラーが、再び活性化されて表面上に出てきます。精神疾患は、同じものか、形を変えてか、簡単に再発してしまいます。本当の意味で、もっと深い意味で完治させる為には、潜在下のエラーを整えていく必要があります。

 一つ、面白い例があります。ある女性が深い悩みを抱えていました。その悩みの内容を思うと、暗い気分になって数日は引きずっていました。表面上の意識には何も手を加えずに、深い潜在下のエラーだけを整理していく作業をしました。するとその女性は、同じ内容で悩めなくなってしまったのです。
 表面上には何も手をつけていませんから、考え方のクセは治っていません。そのクセに任せて暗い気分になろうとした所、何故か考え込めない自分がいます。潜在下のエラーは、この悩みにとって、石炭や石油のような存在でした。感情が動くには、エネルギーが必要です。燃料を失ってしまえば、考え方のクセは、ふと顔を出してそれでお仕舞いです。そしてそれを繰り返す内に、クセ自体も薄れていきます。

 つまり、考え方のクセは根本原因ではありません。表面上で考え方を矯正しても、その奥では根深いエラーが渦巻いています。潜在下のエラーを表面上に出さない為には、常に理性を優位にしておかなければなりません。理性のエネルギーには限界があります。全ての潜在下のエラーを、完璧に抑え込める訳ではありません。ストレスや疲労で弱まれば、勢力バランスは簡単に崩れます。
 もし潜在下のエラーがなくなれば、理性はもっと有益に力強く、その人の人生を豊かにする為に使えます。潜在下のエラーがある内は、理性と潜在意識は対立関係にあります。これは非常にエネルギー効率の悪い状態です。もし潜在意識からエラーが取り外され、対立構造が解消されれば、どれ程に素晴らしいでしょう。潜在意識と理性とが完全に協調関係になり、人生を歩く原動力として使えるのです。少なくとも、それが精神を脅かす状況とは、雲泥の差が出ます。



一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
4

2010/3/9

認知療法  健康関連

 精神疾患の治療法として、認知療法は注目されています。認知療法を辞書で引くと、

【出来事に対して自動的にもつ誤った考えや認知の歪みを修正することによって、感情や行動の変容を図る心理療法。】

 とあります。例えば仕事でミスをした時に、「俺の人生はもう破滅だ……」と落ち込んでしまったとします。実際には仮に会社をクビになった所で、やり直しは出来ます。ところがその人にとっては、人生全体が破滅的な状態に陥ってしまっています。こうした客観的な現実と主観的な認知とのズレを修正し、不必要な落ち込みや不安に陥らないよう、思考や認識を合理的に整理します。
 人間の狂気とは、常に非合理性です。もしテーブルと電球の区別がつかない人がいたら、誰でもその人はオカシイと感じます。確認もせずに、自分は嫌われていると決め付けるのも、同様に非合理性です。一般的にはよく、「考え方のクセ」といった表現をします。非合理なクセが多い程、それが現実離れする程、考え方のクセは重傷と言えます。認知療法はそれを合理的に整え、考え方のクセを治そうとします。

 近年、脚光を浴びている認知療法ですが、何も特別に目新しい物ではありません。それと似たような事は、おそらく人類が誕生して言葉でコミュニケーションを取り始めた頃から、日常的に繰り返されています。貴方も一度は「考え過ぎだよ」「もっと前向きに考えなよ」といった、慰めの言葉をかけた経験があると思います。これは非合理に流れた人に、合理的な認知から助言をしています。

 ただ認知療法にも限界があり、重症な患者には効果が期待できないという弱点があります。これは理性に働き掛ける方法なので、理性と狂気とのバランスで、理性の勢力が強くなければなりません。あくまでも理性が強く働く、軽度の方に向けた方法と言えます。



一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ