2010/8/11

【更新情報】「一義流 独自の精神気功」をアップしました。  

 この「精神気功」の領域から、実は一義流気功は大きく様変わりしています。施術間隔も開業当初は6週間に一回のペースが平均だったのですが、今では20〜30週に一度が平均になっています。
 それを今回、ある程度の形にまとめて、ご紹介できました。

一義流 独自の精神気功



一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
1

2010/8/10

受講6回目での施術  気功教室

 気功教室で開業実践コースに通われている方が、初対面の人に施術を行いました。受講6回目でのチャレンジです。結果もきちんと出ましたが、側で見守る僕も、懐かしい感慨深い気持ちになりました。

 週に一回ペースでの受講ですので、6回目というと、一月半くらいのキャリアです。それまでは気功はもちろん、その他の療法を学ばれた経験もありません。一からのスタートですが、結果もきちんと出してくれました。
 確認してあった骨格の歪みも綺麗に修正され、動かしずらかった身体の部位にも機能が取り戻されました。
 過去の5回でお伝えしたあった技術は、それだけでも、相当な効果が期待できるものです。きちんと施術を行えば、結果は必ず出ます。
 しかし初対面での患者さんが相手となると、いつも練習している家族や友人とは勝手が違います。それはもう、緊張して当たり前です。
 ですがこの経験が、その人を本当に大きくしてくれるんです。

 僕にもやはり、同じような段階がありました。将来的に大成する自信はあっても、今の自分には自信がありません。緊張しまくりで、患者さんに逆に気遣われてしまった程でした。
 初対面の患者さんに施術できる機会があっても、つい逃げ腰になってしまっていましたね。
 思えばそんな同じような段階があって、その頃は右も左も分からずに、不安と期待が入り混じった精神状態でした。
 当時の僕と比べると、この生徒さんは、落ち着いて結果も出しました。僕は最初の同じ経験の時に、どうだったか覚えていません。
 当時を思うと、僕も今、よくこの場所にいるなと我ながら感心してしまいます。


 
一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
4

2010/8/9

有給休暇を使わない日本  主張

 日本は世界で最も、有給休暇を使わない国であると、統計調査で判明いたしました。今回はこのニュースから、仕事というものを考えてみます。

 有給休暇は、労働者の権利です。権利というものは、行使するもしないも自由です。日本人はそれだけ働き者とも言えますが、また別の側面では、企業や周囲からの圧力も問題です。
 日本という社会では、自分を犠牲にして働くことが、美学になっています。有給休暇はシステム上の権利なのですが、これを多くリミットまで使うと、なぜか怠け者、遊び好き、仕事に不真面目といった評価を受けてしまうケースが目立ちます。
 出世や待遇に響くから、有給休暇を使えない。周囲も使っていないので、自分も使い難い。そんな風潮が蔓延しています。
 企業にも労働者にも、厳しい生存競争があります。勝ち抜かなければ、そもそも良い生活が送れません。ですから労働時間を長くしても、それで疲れ果てようとも、無職になるよりはマシです。
 ですがそうやって、労働ばかりしている人生は、果たしてどうなのでしょうか。サービス残業も当たり前、有給休暇も使わない、やがて過労で病に倒れれば、元も子もありません。

 生存競争ばかりでは、人間が社会を作っている意味が損なわれてしまいます。私達はより豊かに生きるために、協力しあって生きているはずです。これが社会の本質です。
 過酷な労働時間を課すのは止め、もう少しゆとりのある形で、生活をしていきたいものです。
 これには共通のルール作りが必要で、出し抜こうとする企業を許さないシステムがなければなりません。
 社会は協調と闘争の場ですが、あくまでも優先は、協調なのです。



一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
2

2010/8/8

成功する道  給料の決まり方

 一義流気功では、必要ではない施術はしません。ですから施術と施術の間隔も、大きく空く傾向があります。すると患者さんの方から「そんな正直なやり方じゃ、儲からないんじゃないですか?」と尋ねられることも多くあります。
 僕も結婚して子どもがいる身です。実は僕も、起業家として成功する道を捨ててはいないのです。

 確かに目先のお金儲けを考えれば、できるだけ多く、頻繁に通ってもらった方が良いかもしれません。
 けれどこの仕事は、人間性が正面に出ます。もし僕が不必要にお金を落とさせるような悪意ある運営をしていれば、たちまち気療院の中の空気はよどみ、僕自身から発せられる雰囲気も暗くなるでしょう。
 そういう現場は、もはや人を良くしようとする性質ではありません。結局は評価が低くなったり、自分が体調を壊したりして、失敗してしまうのではないでしょうか。けれど世の中には天才的な詐欺師がいるように、必ず失敗するとは限りませんが……
 また施術機会が少なくて済むというのは、サービスの質の高さの一種です。これは考えようでは、PRできるポイントになります。
 皆さんは必ず、より質の高いサービスや商品を求めています。ズルくお金を巻き上げられるような被害には、遭いたくありません。
 自分を適切にPRできれば、必ず、社会貢献度に応じた評価を受けられるものです。僕は経済的に成功する道を捨てているのではなく、正々堂々と真正面から、その部分にも挑んでいます。



一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
6

2010/8/5

子どもへの「いけません!」  日常

 子どものする事に、ついムッとしてしまう。怒ってしまって、大人げないと後悔する。子育てをしていると、誰でも、同じような場面がありますよね。

 僕はほとんど怒りませんが、やっぱり人間なので、一瞬だけイラっと来る事くらいはあります。
 今うちの子ども達は2歳です。2歳にもなると、色々と分かってきています。ですから大人の方も、「これくらいは言うことを聞いてくれる」といった、期待をし始める時期です。
 その期待を裏切られて、布団の上に水をこぼされたりすると、ついムッとしてしまうんですよね。事故ではなく、わざと悪いことと分かった上でするんです。
 でも子どもには、子どもの思考回路と行動パターンがあって、そこに大人が持っている分別を期待するのは間違っています。また怒っても、それは躾けているようで、実は何の躾けにもなっていないものです。
 怒られるのが怖いからしないという仕込みで誕生する人間は、せいぜい、警察に捕まるのが嫌だから泥棒や殺人をしない程度のレベルです。

 ですから僕は何か、とんでもない事をされると、

「あー! ダメー!!!」

 と、思わず叫んでから、

「こりゃ、ダメでしょ! ○○だから、してはいけません!」

 と優しく諭しています。次に同じことをされても、対応は一緒です。今は判らなくても、判るようになったら解決します。



一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ