2010/8/2

独自性の作り方  主張

 昨日、ある患者さんから面白い話を聞きました。特定の色をテーマにして、写真を撮るという試みです。そこで僕は、「こうして独自性が作られるのだな」とヒントを得ました。

 地域を絞って、もしくは生活全般で、例えば「緑」という色をテーマにして写真を撮ります。緑色の物を見付けたら、絶対にシャッターを押すというくらい、縛りを設けます。
 これをしている人の目線は、絶対に他人と違います。緑に着目して初めて、気付く物も多いはずです。
 緑のイメージは、「自然」「優しさ」「クリーン」などです。緑が与えてくれる印象、気持ち良さなど、改めて気付かされると思います。
 人工物で緑が使われている場合には、そこに必ず人間の意図、心があります。こうしたものを想像してみるのも、楽しいものです。(楽しさが理解できない人も、多いでしょうが……)

 独自性の大元は、他人と共有されない視点です。
 独自性のある視点から生み出される意見には、ただそれだけで価値があります。発言することの価値は、他人に自分の視点を共有してもらい、その人の幅を広げてあげる事だからです。
 またそれが芸術、文芸、エンターテイメント、広告などの作品に活かされれば、人に新鮮さを与えることが出来ます。
 普通に暮らしている人間が、独自性を持つのは大変な作業です。しかし例えばこんな風に、意識的に他人が持たない視点で世界を見る作業をすると、それだけで独自性を持てます。
 どんな視点を作るのかは、アイデアや発想次第です。新しい視点とその立ち位置から見た景色の観察、こんな行為を積み重ねても、直接的には役に立たないかもしれません。
 けれど人間を面白くするには、充分な期待が出来ます。貴方だけが発見した何かを他人に伝えることで、皆がそれを共有し、財産として活かせるのです。



一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ