2010/8/3

未来志向が正常な姿  健康関連

 過去、現在、未来という、時間の軌跡があります。その中で正常な精神状態の人は、常に未来を向いて生きています。

 もしも過去の事ばかりを気にしていきていたら、その人はどうでしょうか。過去は既に過ぎ去ってしまっているので、変えられません。つまり一切の前向きさがない状況です。
 では現在の事ばかりを気にしているのは、どのような状況でしょうか。現在という時間は、その人が置かれている今という環境です。環境ばかりを気にしていては、やはり前向きさはありません。
 思考が常に未来に向いている姿が、人間にとって、最も正常な姿と言えます。過去も現在も変えられません。自分が影響を及ぼせる可能性があるのは、唯一、未来だけです。
 これは一切、過去や現在に意識を向けてはいけないという事ではありません。未来をより良くするために、過去の記憶にアクセスするのは当然です。現在の状況を把握するのも同様です。また過去の嬉しかった内容を思い出し、再体験をする快感もあります。

 意識が未来に向かず、過去ばかりに行ってしまう人は、大いに問題があります。過去の記憶や印象が、現在に入り込んでしまっているのです。過去は過去として、自分の精神の中にしっかりと分別できれば、この状況は改善されます。
 現在の環境ばかり気になってしまう人は、おそらく、今ある何かが恐怖や不安の対象になっています。ノイローゼのようなものです。これもしっかりと、整理していかなければなりません。
 先ほども書いたように、人間が影響を及ぼせるのは、未来だけです。関心の中心は未来であって当然で、その軸から外れた姿は、正常とは言えないのです。
 これは考え方、捉え方として知っておいて、決して損はしません。



一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ