2010/9/2

美しさは最高の波長  主張

 昨日のブログで、雲場池の写真とともに、美しさについてお話しました。今回はさらに、この美しさを掘り下げていきます。

 美しさというものは、微細な波長を持っています。目に見えるもの、耳に聞こえるもの、概念など、美しいと感じるものは、全て共通の波長を持ちます。逆にこの波長が不規則に乱れると、醜さとして感じる構造になっています。
 よく悪に惹かれるという現象がありますが、これは悪そのものではなく、そこに含まれる美の波長に惹かれています。悪自体に魅力があるのではありません。
 例えばナチスドイツなどは、美しさの波長に溢れています。今でもそれに魅了され、ナチスマニアが誕生する程です。もちろん彼らも、ナチスが議論の余地がない悪だとは認識しています。けれどその上で、美しさに魅了されてしまっているのです。
 そこまでの極端な話ではなくても、喧嘩、暴走、虐め、泥棒などに、美の波長が伴っているのもよく見受けられます。
 人間は美を最も好みます。美こそが、人間にとって最高の波長となります。ですから美が伴うと、人間はどこまでも善から崩れてしまう危険性があるのです。
 その一方、善に醜さの波長が伴うケースもあります。正しいことをしているはずなのに、それを醜いと感じてしまう場合は、この波長によるものです。このような善に対しては、人間は否定的です。どこかにケチを付けてくるものです。
 美を正しく理解することが、実は正しく生きるための必須でもあるのです。



一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ