2010/9/21

山本昌 アイシングをしないのが、逆に良い。  健康関連

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20100921-00000007-rnijugo-spo

 こちらに少し気になるニュースがありました。
 プロスポーツ選手の寿命が延びているという記事なのですが、中日ドラゴンズの山本昌投手が、投球後にアイシングをしないというのです。
 記事内容では、アイシングをしないくらい身体が強いという文脈です。しかし僕は、これは逆ではないかと思います。

 筋肉の炎症は、破損した筋肉を修復するための反応です。アイシングをすれば炎症が抑えられるので、素早く回復するようには見えます。炎症が治まると、また普通に使えるようにもなります。
 けれどそのようにして抑え込んでしまった結果は、決して、良いものとは言えません。修復活動を邪魔する訳ですから。理想的な修復が出来ず、結果として故障し易くなったり、選手寿命を縮めている恐れがあります。
 山本昌選手は、45歳にして完封勝利を飾り、素晴らしい活躍をしています。逆にアシングをしないというのが、ポジティブな結果に結びついているのではないでしょうか。



一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ