2010/10/17

自分で立て直せるという分岐点  健康関連

 一義流気功では、質の高い「体質改善」を大きなテーマにしています。この体質改善には、幾つもの段階があります。
 今回はその段階の中でも、僕が重要視する部分についてお話します。

 本日いらした患者さんから、こんな報告を受けました。

「調子が悪くなっても、ウォーキングなどをして、自分で立て直せるようになりました」

 非常に大きな、意義のある分岐点です。
 この患者さんは、いらっしゃる方達の中でも珍しいくらい、極度に弱り切った状態でした。ご本人も「このままでは死んでしまう」と、強い危機感を持っている程でした。
 体質改善のステップを踏み続けて、自分自身で前向きにコントロールできるようになったという段階に達したのです。それまでは身体が落ちていきそうな所で気功治療を受け、それに支えてもらうというサイクルで来ていました。

 自分の身体を、日常の生活の中で、無理なくコントールしていける。

・運動をする
・早く眠る
・食べる量を減らす
・気晴らしをする
・半身浴を長めにする

 といった具合に、調整の仕方は様々です。
 これが利くようになると、次の段階へのステップは、更に大きくなると期待できるのです。



一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
5

2010/10/15

孔子に学ぶ  主張

 人類には様々な英知の積み重ねがあります。科学、建築、芸術、思想など、様々な分野で、人間は英知を積み重ねてきました。
 テレビもパソコンも、どんな偉大な発明家や科学者であっても、原始時代に一世代だけでは完成させられません。それ以前の研究の積み重ねの上に立つからこそ、進展させられるのです。
 ところがこの中に、過去の遺産を活かせない特別な分野があります。それは人間としての正しい「生き方」そのものです。

「躬自ら厚くして、人を責むるに薄ければ、すなわち怨みに遠ざかる」

 自分に厳しく他人で寛容であれば、他人を怨まなくて済むし、自分も他人から怨まれなくなる。怨みという感情に悪影響を受けなくなります。という、意味です。

「その身正しければ、令せずして行わる。その身正しからざれば、令すといえども従わず」

 その人が正しければ、命令や支持をしなくても他の者は自主的に動きます。けれど正しくない人がいくら命令しても、他人は決して従いません。という、意味です。

 これは2000年を超える前の人が、残した言葉です。
 読まれると解りますが、現在の道徳的な問題の正答は、全て孔子によって語られていると言って良いでしょう。

 その他の英知の組み合わせのように、もし倫理や道徳も積み重ねられたら、どんなに素晴らしい世の中になっているでしょうか。 
 人間の精神は、産まれてから、一からのスタートです。科学や建築のようには積み重ねられません。
 倫理や道徳を、古典から学ぼうとせず、多くの人が自分の人生経験だけで構築しようとしています。これは原始時代に産まれて、いきなりテレビやラジオを開発しようとしている姿に似ています。



一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
1

2010/10/14

目と知性  療法関連

 知性は間違いなく、目に出ます。
 並の役者が狂人を演じようとしても、目だけは誤魔化せません。そこに宿った知性は、隠しようがないものです。ですが優れた役者になると、目から知性を消すことも可能です。
 個人的には、女優の菅野美穂が目から知性を消しているのを見て、大いに感心させられた記憶があります。

 治療が終わった患者さんも、明らかに目に宿る知性が増しているケースがあります。別の観点からですと目力が上がります。
 これは脳に働き掛けてというよりも、精神活動に使うエネルギーの最適化による作用です。実はそれは、身体の健全な運営に使うエネルギーとも共通します。目に宿る知性や力の変化は、その人の状態の変化を判断する重要な要素です。
 中にはその場で、「思考がクリアになった」「考え易くなった」という実感を持たれる方も多いのです。



一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
2

2010/10/13

温めてみたらどうですか?  健康関連

 脊柱管狭窄症による痛みが強く、手術を考えていた人が、手術をせずに済みました。しかもそれは、たった一つの簡単なアドバイスによってです。

「温めてみてはどうですか?」

 このアドバイスを受け入れて実践しただけで、痛みが取れ、手術をせずに済んでしましました。
 とても喜ばしい事です。

 実はこのアドバイスは、僕がしたものではありません。一義流気功にお子さんを連れていらっしゃるお母さんが、知人に対して行ったものです。
 僕が冷えの害を訴えていた事が、このようにして繋がり、結果として救われた人がいるのだと知り、大いに感動しました。
 もちろん、僕だけがそれを訴えていた訳ではありません。自分だけが良い情報の発信源ではないのは当然です。こうした流れに参加できたのが、素直に嬉しいのです。

 このお母さんはお礼として、葡萄を頂いたそうです。それはきっと、美味しく召し上がれたのだと思います。



一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
1

2010/10/11

良い情報は、何度でも伝えよう。  主張

 本日いらした患者さんは、大きな食生活の改善に挑戦しています。これは僕が以前から言っていた内容なのですが、最近になって、本格的に取り組もうと決意されたそうです。
 今回はその理由と、ちょっとした人間心理についてお話します。

 この患者さんは、僕が話していた内容と同じような事を、他の人からも聞いたのです。そうすると人間心理として、この情報がクローズアップされます。
 同じ情報でも、その情報に触れる機会が多ければ多いほど、次第に受け入れ易くなります。たった一つの情報源からの繰り返しでも、この現象は起こります。けれど情報源が複数になると、更に飛躍的に受け入れようとする気持ちが高まっていきます。

 よく聞く患者さんの悩みで、食生活や冷え取りなど、健康に良い取り組みを家族や友人が受け入れてくれないというものがあります。親切心からですが、かえって鬱陶しいと思われるケースすらあります。
 僕はこの悩みに対して、アドバイスは一つです。

「一回で説得しようとせず、繰り返し、伝えてください」

 更にここで、情報の発信源を変えると、より効果があります。例えば同じような内容が雑誌に書いてあったら、その雑誌を取っておいて見せます。他人の体験談を聞いたら、それを伝えます。直接、本人が伝えるのが最も効果的ですが、無理ならただ伝えるだけでも構いません。
 他にも、テレビや単行本など、色々な発信源があります。
 また人間は権威にも弱いものです。自分が言って相手にされなくても、医師で同じ主張をしている人がいれば、それを紹介することで関心を持ってもらえるかもしれません。

 ですから仮に拒否されても、そこで諦める必要はないのです。
 僕も説得などはせず、聞き入れられないと解りながら、ただ伝える事もあります。これはその場では無理でも、自分の知らないところで「繰り返しの力」が働き、その人のお役に立てる可能性を考えるからです。
 一義流とは、一つの良い流れの源流であろうとする意識です。正に一義流の精神ですね。



 
一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ