2010/10/10

サッカー日本代表 アルゼンチン戦の勝利に思う、自信の重要さ  主張

 サッカー日本代表が、アルゼンチンに勝ちました。しかも互いにほぼベストメンバーで挑んだ戦いで、非常に評価できるものです。
 これによって得られる日本代表の自信は、どれほどの財産になるか判りません。
 今回は、「自信の大切さ」についてお話します。

 W杯の時点で、日本代表には、もともと世界の超一流国を倒す力はありました。とは言うものの、その可能性は高いわけではありません。
 クラブチームのグループリーグでも、どこの国も、下位クラブが上位クラブに勝ってしまう番狂わせは起こります。
 つまりその程度の実力差までは、接近していたという事です。

 アルゼンチンに勝ったという事実は、以後、どれほど大きな自信になるか判りません。酷い惨敗を繰り返さない限り、いえ仮にそのような調子の悪さがあったとしても、この事実は自信を与えてくれます。
 自信は実力を発揮する上で、常に重要なものです。自信がなければ、秘めた実力は発揮されずに眠ったままになってしまいます。自信の強さ、確信の強さに応じて、実力も発揮できるのです。
 まず最初は、何をするでも、

「実力はあるが、結果がない状態」

 があります。これがサッカー日本代表だったら、W杯前に連戦連敗だった時期です。
 W杯で急に勝てるようになったのは、何も急にパスやドリブルが上手くなったり、シュートのスピードが上がったからではありません。
 戦術変更の問題もありますが、イングランド戦でいくらかの自信を取り戻し、カメルーン戦に勝てたのが大きいのです。オランダ相手にも善戦をした事で、デンマークには圧勝、パラグアイにもPKまで持ち込みました。
 そしてW杯後は、自信に満ちた戦いで、パラグアイ、アルゼンチンと連勝を遂げたのです。
 カメルーンに勝利した後では、

「実力があり、結果も出ている状態」

 になりました。すると実力に確信が持てるようになり、プレーに迷いもなくなっていきます。ただ目的を成し遂げる方向にエネルギーが集中するので、質自体が上がるのです。
 そしてアルゼンチンという超一流国に勝てた今は、

「実力があり、実力以上の結果が出た状態」

 と言えるかもしれません。今後の日本代表は、おそらく、相手の国のブランドや個人の名前に怖気づくような部分が減るでしょう。
 それが今後の日本代表、日本人サッカー選手にとって、どれ程の財産になるか判りません。

 結果を出すことでしか、身に付かない自信があります。
 僕も開業前、開業当初、今現在とでは、自信のあり方がまるで違います。実力自体も勿論、大幅に向上していますが、能力を発揮できるという部分でも大きく進歩しています。
 教室の生徒さんにも、小さな成功体験を積み重ねるよう、指導しています。そうしないと、自信なんか絶対に付きません。
 そうです、何事も最初は、自信なんかなくて当たり前です。ですから不安や緊張に耐え、勇気を出してチャレンジしなければなりません。

 自信が付いてから何かをしようと思っても、何もしなければ、自信が付く機会は一生ありません。
 貴方の今の人生に、何か、引っかかるところはありますか?



一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ