2010/11/24

長い月日で  療法関連

 本日、出張で二番目に古いお付き合いの患者さんの元に行ってきました。
 腰椎が粉砕骨折してしまっていたのですが、ここに来て骨が復活してきたようです。また精神面でも成長があり、自分でも驚くほどの真人間ぶりだそうです。

 長い月日で見ていけるというのは、とても嬉しいものです。次回のご予約は来年の夏です。



一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
1

2010/11/23

確信と惑い  気功関連

 いつもだったら確実に言えることだけを書きます。けれど今回は、少し不確実な部分もある話です。
 気功療法家として、どう伸びていくのかという事です。

 このような仕事には「確信」が強みになります。「全ての原因は仙骨にあった!」といった誤った確信でさえ、それがないよりは力になります。そして実際に治療効果を出してしまうのです。
 確信の前には、仮定や想定があります。その前には気付きがあります。
 この仕事を始めようと志した時から、僕はその連続です。何かに引っかかり、気付き、ある仮定や想定をして、やがて確信に進化します。
 仮定の上に仮定を乗せるのは、勇気が必要です。僕は新しい確信という土台を得て、そこから新しい景色や風景を見、気付き、何かを仮定します。それが確信に変わった時、再び、新しい光景が広がるのです。

 ただ確信というのは、実際に曲者です。確信には合理的な根拠は必要ありません。強烈な印象やご都合主義的な思考があれば、確信は成立してしまうのです。
 伸びるためには「惑い」も必要です。固い確信は惑いによって、変化の可能性が生まれます。


  
一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
2

2010/11/21

妻とテニス  健康関連

 昨日は妻と二人で、テニスを楽しみました! 休憩をしながらですが、4時間という長丁場、最後までよく元気にプレーできたと感心します。
 運動能力では僕は凡人ですが、妻は天才です。週に一度は必ずプレーする僕に対して、かなりのブランクが空いた妻ですが、互角以上に打ち合う場面もありました。羨ましい限りです。

 運動は身体に悪いという人がいます。根拠は活性酸素が生産されるから、細胞が錆びる・老化するというものです。
 しかしこの話は、実に短絡的です。
 人間の身体には活性酸素を除去する機能があります。運動などで生産されれば、当然、活性酸素を除去する働きも盛んになります。
 また運動は心身を活性化させるものですし、それ以前に人間は、ある程度の運動量を想定して設計されています。
 運動が身体に悪いということは、絶対にありません。

 ただ物事には何でも、程度というものがあります。
 活性酸素を除去する時間も与えずに、次から次へと激しい運動を重ねれば、それは健康に良くありません。
 普段の生活の中での運動量 + 週に一回か二回のまとまった運動であれば、何も問題は発生しません。

 食生活、冷え取りなど、他の要素のケアも重要です。
 身体はそれら全体でバランスを取ります。

 テニスが終わって帰った妻の顔を見ると、スッキリして肌の調子も明らかに良くなっていました。



一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
0

2010/11/19

スケールの変化が苦手  主張

 今回の記事は、もしかしたら一部の人にしか興味がわかないかもしれません。けれど知っておくと、意外に役立つ内容です。
 人間がどうしても嫌がってしまう、スケールの変化のお話です

 大きなスケール → 小さなスケール

 実はこの極端な移り変わりを、人は嫌います。
 解り難いので例を出します。

 会社を大きく育て、世界規模の企業にしよう! という壮大なテーマで話をしています。そしてそのためには、何が必要か? という事になります。
 そこで普通なら、大きな戦略の内容になるはずです。しかしここで急にスケールが小さくなって、接待費の上限といった内容になったら、おそらく殆どの人のテンションが下がります。
 もちろん、こうした細かいことも必要なのですが、急激なスケールの縮小には嫌な感覚が出てしまいます。

 大きなダイナミックな動きで体操をしている人を想像してください。そして次に爪を切っている姿を想像してください。
 今度は逆です。爪を切っている人を想像してから、大きなダイナミックな体操をしている人を想像します。
 比べると、最初の方はストレスに感じられたと思います。

 これは何事にも当て嵌まります。
 突然のスケールの極端な縮小には弱いのです。

 相手が壮大な話をしていて、自分が身近な細かい話をした時に、相手に一瞬イラっとされた経験はありませんか? 立場が逆でも良いです。
 これは知っておくと、意外に役立ちます。



一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
2

2010/11/18

100%グレープフルーツジュースで寝込む  健康関連

 妻が100%グレープフルーツジュースを飲んで、具合が悪くなりました。頭から上が気持ち悪くなり、気分が優れません。
 一時間半くらいの休憩と睡眠をとって、とりあえずは回復しました。
 この反応は、よく見られる毒出しです。
 グレープフルーツジュースに何か問題があり、その毒を身体が排泄しようと瞬時に働いた結果です。

 身体が弱いのではなく、優秀になると、このような過敏にも見える反応を起こすことがあります。つまり高いレベルで身体を維持しようとした時には、毒出し反応も活性化するのです。
 通常の生活であれば、このレベルの些細な毒は日常的に大量に取り入れてしまっています。標準的な身体はこの毒を急いで排泄せず、とりあえず溜め込んでおく選択をします。これが過ぎると、やがて毒の入りと出のバランスが悪くなり、身体は不健康に下降線をたどるのです。
 あまり良くし過ぎて敏感になるのも困りものと思われるかもしれません。僕の患者さんや生徒さんも、肉や市販のお菓子が苦手になっていく変化がよくあります。身体は改善されていくと、食べられる物は減っていくのです。
 でもそれ以上の価値があります。明らかに体力が向上したり、軽かったり、ダルさがなくなったり、長年の症状から解放されたり、明確な変化もあります。
 食べ物と健康の一般的な感覚や基準は、このような改善のない普通の身体を前提にしています。しかしその先の本質では、また違う基準なのです。

 健康は全ての基本で、食は健康の基本です。
 ここをどの基準で送っていくかは、大きな分かれ道になります。僕は何も強制しませんけれど、その価値は正しくお伝えしています。



一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ