2010/11/17

結局、心通じ合う医師とはめぐり合うことができませんでした  主張

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101117-00000011-ykf-ent

 松平健さんの妻、松本友里さんが自殺で亡くなられた事件です。松平健さんの言葉の中で、考えさせられる部分がありました。

「パニック障害・不眠症・うつ状態を引き起こし、この3年間はいろんな病院にかかりましたが、結局、心通じ合う医師とはめぐり合うことができませんでした」

 このような事件、このような思いに触れると、やるせない無念な気持ちがわき上がってきます。
 恥ずかしながら芸能関係には疎く、僕は彼女を今回の事件で初めて知りました。そして映像が流された時、彼女がどんな状態でどんな風に辛かったのかも、伝わってきました。

 現代の精神医療は、出発点から方向性を誤っています。医療にとって、目に見えない心ほど、扱い難い分野はありません。
 精神の病の殆どは、感じ方、心の反応のエラーに起因します。それが解っていないのです。
 おそらくは多くの医師は、彼女を理解しようとするよりも、自分の考えやノウハウを一方的に押し付けることをしてきたのではないかと思います。
 実は僕には、この分野で世の中を大きく改善させたいという気持ちが強くあります。だからこんな報道に触れると、切なさや焦りといった、複雑な感情になります。


 
一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ