2010/11/19

スケールの変化が苦手  主張

 今回の記事は、もしかしたら一部の人にしか興味がわかないかもしれません。けれど知っておくと、意外に役立つ内容です。
 人間がどうしても嫌がってしまう、スケールの変化のお話です

 大きなスケール → 小さなスケール

 実はこの極端な移り変わりを、人は嫌います。
 解り難いので例を出します。

 会社を大きく育て、世界規模の企業にしよう! という壮大なテーマで話をしています。そしてそのためには、何が必要か? という事になります。
 そこで普通なら、大きな戦略の内容になるはずです。しかしここで急にスケールが小さくなって、接待費の上限といった内容になったら、おそらく殆どの人のテンションが下がります。
 もちろん、こうした細かいことも必要なのですが、急激なスケールの縮小には嫌な感覚が出てしまいます。

 大きなダイナミックな動きで体操をしている人を想像してください。そして次に爪を切っている姿を想像してください。
 今度は逆です。爪を切っている人を想像してから、大きなダイナミックな体操をしている人を想像します。
 比べると、最初の方はストレスに感じられたと思います。

 これは何事にも当て嵌まります。
 突然のスケールの極端な縮小には弱いのです。

 相手が壮大な話をしていて、自分が身近な細かい話をした時に、相手に一瞬イラっとされた経験はありませんか? 立場が逆でも良いです。
 これは知っておくと、意外に役立ちます。



一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ