2010/12/9

煙草だけでなく人間性にも問題が  健康関連

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101209-00000559-reu-int
[ニューヨーク 9日 ロイター] 親など周りにいる人がタバコを吸うことで「受動喫煙」にさらされる子どもは、そうでない子どもに比べて精神面で問題が多くなる傾向が、英国で実施された研究で明らかになった。

 受動喫煙が健康に良いはずもなく、それによって精神面の問題が出易くなるのも当然かもしれません。
 ただそれとは別に、例えば親が子どもの目の前で煙草を吸っているような日常があるとして、その親の人間性はどうなのでしょうか? 子どもの健康よりも自分の「吸いたい」という欲求を満たそうとし、ただ側から離れる程度の行動もしない人格だという事です。
 こうした大人と接することによる、精神面での直接の被害も考えられます。

 ただ日本でも、外出をすればこのような光景は当たり前のように出くわします。平気で子どもの目の前で煙草を吸う人達の、なんと多いことでしょうか。
 煙草に強い、弱いは個人差があります。たまたま弱い方の子どもだったら、自分には全く責任がないのに、健康被害を被るかもしれません。
 小さな子どもは、自分がいる場所を大人のようには選べません。煙から逃げられない場合も多いのです。そこは大人が気を使ってあげたいものです。



一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ