2011/1/11

お正月とテニス肘  健康関連

 昨日の休みにテニスをやったら、久しぶりに肘が痛い! という感覚がありました。フルスイングが怖いほどには痛く、少し気にしてしまって、プレーを楽しむことに集中が出来ませんでした。
 実はこの悪い状態には、お正月の過ごし方との関係があります。

 僕の普段の食生活は、ほとんど植物性の物しか食べません。牛肉、豚肉、鳥肉などは一切食べず、魚介類を1,2週間に一度、食べるくらいです。
 ところが正月には、連日、刺身や焼き魚、カニなどを食べてしまいました。
 負担がかかるのは判っていましたが、「食卓に出ている物を共有したい」「イベントの日は特別にしたい」という重いがあります。多少、そこが緩みました。

 動物性の物を入れると、身体に負担がかかります。勿論、牛や豚はより大きな負担がかかりますが、魚介類でも連日は厳しいのです。
 身体を癒すよりも食べ物を処理する方にエネルギーが優先され、また排毒によって関節の耐久性は落ちます。テニス肘になる環境が整ってしまうのです。
 これは身体が弱いのでしょうか? いえむしろ、健康をより高いレベルで保とうとする優秀さの表れでもあるのです。

 関節や筋肉のケガ、痛みを早く治したい方は、

・動物性を完全に食べない(乳製品も含む)
・上白糖(白砂糖)を入れない
・身体の冷えをしっかりと取る
(38〜39度での30分以上の半身浴、足湯、湯たんぽなど)

 の3つを地道に継続してください。早く治りますし、その後の耐久性の違いに驚く事になるかもしれません。



一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ