2011/1/25

未成年者は喫煙室を禁止に  主張

 未成年者が煙草を禁止されているのは、成長過程での煙草が有害視されているからです。けれど何故か、未成年者を煙草の副流煙から遠ざける意識はありません。
 子どもを煙草の害から守るなら、喫煙室に立ち寄らせるのも禁止すべきですし、未成年者の前での喫煙も禁止されて当然です。

 ファミレスやマクドナルドで、平気で喫煙室に小さな子どもを連れて入る親を、よく見かけます。その多くは良識的で、子どもが遊びで煙草でも吸おうものなら、取り上げて叱るでしょう。子どもに愛情があれば、当たり前です。
 けれど何故か、子どもの前で喫煙をするのも、煙草の煙で充満している部屋に入れるのも、平気でやってしまうのです。
 少し考えれば判りそうなことが、何故かまかり通っているケースは多いものです。大切なのは、少しだけ考えてみる事だけです。あとは常識や良識が、多くの正しい結論に導いてくれるはずです。



一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ