2011/5/6

そろそろ本気で英語教育を  主張

 日本をこのまま衰退させないためには、あらゆる側面からの複合的な取り組みが重要になります。その重要なものの一つに、教育があります。
 その中で英語教育について、話したいと思います。

 英語は中学〜高校の6年間、かなりの時間をかけて学びます。けれどそれを終了した者が、日常会話すら出来ません。
 読み書きは出来ても、聞き取れない、喋れない、という状況です。
 殆どの日本人にとって、英語が出来ることは重要ではありません。当然、学ぶ意欲もありません。教える教師もシステムも、本気で英語を使ってコミュニケーションが取れるようにしようという気がないのです。

 英語は使えれば、かなり便利な言語です。英語が母国語でなくても、多くの国の人達が英語を第二の言語にしています。英語が使えると、コミュニケーションを取れる幅が飛躍的に拡大します。
 日本人が第二言語として本格的に英語を使えるようになれば、当然、多くのメリットがあります。
 例えば中小企業の優れた製品やサービスを、海外の市場に直接、売り込めるようになります。多くの人は言語の壁によって、そのような発想が最初からありません。
 また逆に、英語を使う人達が、日本語を修得することなしに来日して活動できるようになります。
 インターネットを通じた情報交換や交流を、世界に拡大して展開できるようになります。

 日本人が何時までも英語を聞き取れないのには、勿論、理由があります。耳が慣れていないのは当然ありますが、英語の喋り方は日本人の感覚からすると、相当にいい加減なものだからです。
 日本語はどんなに早く喋っても、一語一語がきちんと発音されます。ところが英語の場合には、言葉と言葉がブレンドされて一気に流れていくのです。
 英語を聞き取ろうとする日本人は、耳が慣れれば、日本語と同じように全ての言葉が分かるようになるはずだと考えています。そして実際には発音されない言語記号の幻影を追って、何時までも捉えられないのです。

 例えば

 What are you talking about?

 という英文があります。カタカナで書くと、「ファット アー ユー トーキング アバウト」です。
 ところが実際には言葉と言葉がブレンドされて一気に流れていくので、「ワダユ トーキンバウト」 なんていう風に聞こえたりします。トーキングのグなんていうのは、ほとんど言ったかどうか分からない感じで瞬時に通り過ぎていきます。
「ワダユ」に聞こえるけど、本当は「ファット アー ユー」と言っているはずだと思っていると、実は最初から「ワダユ」の方が正解に近いのです。

 日本も、もうそろそろ本気で英語教育を始めては如何でしょうか。


 
一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
3

2011/5/6

5月6日 ガイガーカウンターの測定数値  ガイガーカウンター


 これはブログの本記事の他に、広く有益に活用して頂くための情報公開です。

場所:東京都荒川区 窓際の室内

 11時15分 0.09マイクロシーベルト

 水道水: カウンター数値に変化なし




○ 地表近く 放射性物質が溜まっている場所

 地表近く: 0.51マイクロシーベルト

 地表近くは場所によって、数値が大きく変化します。この他にも0.2マイクロシーベルトを超えるような場所もあります。



一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ