2011/8/5

風評被害を訴える前に  主張



 昨日、日本テレビのニュース「ZERO」で福島県で観光に携わる人が、コメントを出していました。その中で「風評被害で観光客が来ない」という内容がありました。

 しかし福島県で放射線量が高いのは事実であり、決して風評ではありません。また数日の観光程度では健康被害はないのかもしれませんが、数ある観光地の中で、わざわざ汚染されている地域を選ぶ必然性がありません。
 福島県に観光客が来ないのは、風評被害ではないのです。
 チェルノブイリ事故の直後に、私たち日本人は、「その近辺には近寄らないようにしよう」と皆が思ったのではないでしょうか。(その用事がある人も少ないでしょうが)今、福島県で風評被害を訴える方々も、気持ちは同じだったと思います。

 ですから、ただ「来てください」では駄目です。除染をして線量を減らし、ホットスポットも無くし、明確に客観的なデータに基づいての安全を確保した上で、初めて「来てください」と言えるのです。
 その上で観光客が来ないという状況が風評被害なのです。


 
一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
8

2011/8/4

健康な状態から、ある日、突然死んでしまう訳ではない。そこには無数の”未病”の段階がある。  健康関連



 サッカー元日本代表の松田直樹さんが、34歳の若さで亡くなりました。死因は心筋梗塞で、当日は練習に参加するくらいですから、健康状態は問題ないように見えたのでしょう。
 しかし人間の身体というものは、全く問題のない状態から、突然死に至ったりはしません。そこには無数に”未病”の段階があります。

 人間には身体が機能する見え難いステージのようなものがあります。ステージが高ければ高いほど、その人の身体は健全に機能しています。しかしステージが下がっても、あまり本人も周囲も気付きません。なぜならステージが下がったなりにバランスを取っているので、表面上、問題は発生しないからです。
 けれどステージを下がれば下がる程、潜在的なリスクは高くなります。直射日光、水分不足、突然のハードな運動などで、均衡が崩れて大きな問題が発生するのです。温度差、冷え、ストレスなども、その要因に入ります。

 健康を考えた時には、このステージを高く保つことが重要になります。その時々で色々な症状はありますが、それよりも、ステージの場所の方が遥かに重要なのです。
 睡眠不足、過労、冷え、暴飲暴食、運動不足などは、身体運営のステージを下げます。「まだ大丈夫」という身体感覚に頼らずに、健康を維持するという土台は堅守してください。



一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
7

2011/8/2

精神疾患は理性と狂気とのパワーバランスが崩れて引き起こされる  療法関連



 心の問題としての精神疾患は、理性が狂気の暴走を許した時に引き起こされるものです。脳が損傷を受けるなど、肉体の損傷や不具合を原因にするもの以外の全てが該当します。

 ほぼ例外なく誰しもが狂気を抱えています。そしてその狂気を「抑え込む」「無視する」「迎え入れる」(これは採用すべきでない)などの方法で、何とか抑制して正気を保とうとします。しかし狂気の勢力が何らかの形で優ると、その度合いに応じて、その人は狂います。
 軽度の場合には、疲れた時に気分がやや落ち込むといった症状が出ます。驚くべきことに、この段階がどうやら、「問題ない」「正気である」と社会的にも自分自身でも認めているラインです。
 重度の場合には、深刻なあらゆる精神疾患がここに該当します。

 狂気を生み出すものは、ホームページでもブログでも何度も触れている異常反応(心のエラー)です。
 休息、投薬、認知療法などの一般的な手法では、異常反応は一かけらも減ってくれません。これらの手法で改善されたのは、理性が再び狂気に対抗できるようになったからです。

 人は誰しも異常反応を抱えており、それは普段は地雷のように眠っています。しかし疲労やストレスなどで理性が弱まり、何かによって異常反応が偶然にも刺激されてしまうと、地雷は突如、爆発するのです。
 一度、踏んでしまった地雷は、以後、その人の心の中で絶えず爆発を続けます。
 理性で抑え込もうにも、それは以前のように大人しい心ではありません。少しでも理性が弱まれば、何時でも暴れる準備が出来ています。
 一度、精神疾患に陥った人は、異常反応を抑え込むのにより多くの理性のエネルギーを傾けなければなりません。仮に完治したように見えても、潜在的には危うい状態にあります。また異常反応にエネルギーを奪われているために、本来の実力も発揮できなくなってしまうのです。

 一義流気功は、全人類が抱える足枷である「異常反応」を、治療によって完全になくしてしまえる唯一の治療院です。
 このオファーをしているのは、僕が知る限り、ここしかありません。


http://www.ichigiryu.com/kokoro3.html
心のエラー(異常反応)について



一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ