2010/7/27

元々、後ろ向きな人はいない  健康関連

 後ろ向きな生活、後ろ向きな気分、そんな言い方をする場面があります。しかし元々、後ろ向きな性質の人はいません。今回は後ろ向きさの正体について、お話します。

 人間は誰でも、未来に向かって生きています。どうせ訪れる未来であれば、より明るい未来の方が良いに決まっています。人間は例外なく、皆が前向きに作られています。
 けれど現実の社会を見ると、「自分なんてどうせダメだ」「失敗するに決まっている」「どうでもいい」と、前に進めない人達も多くいます。
 彼らは別に、後ろ向きな性質で産まれてきたのではありません。ただ失敗するのが怖かったり、モチベーションが上がらないでいるだけです。
 人間は失敗によって成長するケースもあれば、失敗によって自信を奪われるケースもあります。後者の方が、はるかに量は多いでしょう。失敗した時の痛みが怖くなると、前に進めなくなります。
 ただこの場合は、実は「痛い思いをしたくない」という、ある意味では前向きな発想になっています。苦痛を避けるのは、より良い未来を手に入れる条件でもあるのです。
 そこで大切なものは、賢明さです。この場合の賢明さというのは、お茶を濁して人生を曇らせる事ではありません。自分が出来る事と出来ない事を見極め、メリットとデメリット、リスクなどを総合的に考えて認識できる能力です。その上で必要なリスクを取りに行くのを、賢明さと呼びます。
 ですから賢明な人は、必要な努力を積み重ねます。何をするべきか、優先順位が明確になっています。そして行動的です。
 つまり失敗を恐れて動けなくなってしまっている人も、後ろ向きな訳ではなく、前向きになる方向性を見失っているだけです。
 後ろ向きさには、失敗を恐れる訳でもなく、何となくモチベーションが上がらないという状態も含まれます。進みたい方向性がない。自分の人生なんか、別にどうでも良い。そんな姿勢と態度です。
 人間の感情には、段階があります。より良い感情になるに従って、モチベーションは自然に上がっていくものです。無気力な人は、感情レベルが落ちています。

 自分自身を見つめる、状況をしっかり把握するといった現実認識を整理していくと、不必要に痛みを怖がってしまっている自分が見つかるかもしれません。
 また環境を変える、しっかりと休む、太陽を浴びるといった行為で、感情が向上するかもしれません。
 こうした事の積み重ねが、人間に本来、備わっている前向きさを呼び起こします。

 ただ自分でも解らない深い部分での問題については、専門の技術をもって対処していく必要性があります。一義流気功では、それをエネルギー療法として行っています。



一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
4



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ