2010/11/30

全世界?のお母さんは凄い!  主張

 妻の疲労が溜まっていたので、昨夜は別室で一人で寝てもらって、僕が子ども達と一緒に眠りました。
 でも子どもにしてみると、目覚めた時に僕では納得しません。お母さん恋しさに、なんと一時間も真夜中に泣かれてしまいました。
 抱っこして子守唄を歌って揺らして、何とか寝付いて頂けました。僕の身体の上でうつ伏せで眠る姿が、とても愛しいものです。
 けれどまあ、単純に寝心地と言うと、決して良くはないわけで…… 今日は身体の調子が少しおかしかったです。

 考えてみると、全世界?のお母さん達は、これが日常です。乳飲み子の頃は三時間おきにミルクをあげ、夜泣き癖のある子では、安眠は期待できません。そして家の仕事もあり、働きに出ていれば更に大変です。
 こうして体験してみると、知ってはいるものの、改めてお母さん達の凄さが身に沁みます。

 虐待の報道も多いですが、夫婦二人だけで仕事も子育ても成立させていく事そのものが、最初からオーバーワークになるのも一因ではないかと思います。
 子どもを預けて、一日中、気晴らしや休息が出来る機会は、絶対に必要です。
「親なんだから大変で当たり前」
 こうした厳しい意見も良いですが、精神というものは、余力があってこそ発揮できるものなんですよね。
 お母さんはもっと尊敬されるべきだし、もっと優しくされるべきだと思います。



一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
4



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ