2011/8/31

8月30日 ここにも岸和田が・・  

朝の空気が冷たい! 未だ8月だのに・・! やはりここはNY!
先週、メインテナンスで一週間、閉館だったYMCAは昨日からオープン。さっぱりした館内は気持ちがよい。プールの水も入れ替えたのだろう。カルキが少なくまろやかに感じて気持ちがよい。今日は一つのレーンで3人が泳いだので、忙しい。3人のときは円を描いて泳ぐが、早い人がいて追っかけられ1,000mは泳いだが、チョッとつらい。

教会で午前中は仕事をし、お昼を「はじめ」と言う和食のレストランへ行く。「おすし屋さんで岸和田からの人がいる」と聞けばほうっておけない。居ました、居ました。「いらしゃい、どこにでもどうぞ。」・・大阪の人だといっぺんで分かる。
懐かしい、岸和田人同士で無ければ分からないローカルストーリーをひとしきり、しゃべりまくり、お昼を頂く。おいしくて、ボリュームたっぷりで、安い(ハワイに比べれば・・)!
岸和田を出て25年、私たちは28年、ここにも岸和田がいる・・とうれしく、おいしいランチでした。
クリックすると元のサイズで表示します

2回目の散髪を済ませ、教会に戻り、もう一仕事。夕飯の後、立石先生が「信仰の原点を確かめるために一年に一度は見る」と言う映画「ブラザーサン・シスタームーン」鑑賞の夕べを過ごす。
アッシジのフランシスの生涯、「空の鳥、野の花のごとく、シンプルライフを通して幸せに生きる。」・・考えさせられ、又、励まされる。

4

2011/8/30

8月29日 ハリケーン一過・・  

私たちの近くでは余り大きな被害が無く、夜が明けると、そこには朝の秋空が広がっていました。電気の復旧は遅れ電気なしの朝ごはんです。しかし、何の不自由もありません。最近の朝食は写真の如しですから。
クリックすると元のサイズで表示します

レタス、ケイル、トマトに、今朝は特別豆腐。ドレッシングはポン酢とオリブ油。お茶はハーブティー。「野菜噛み噛みダイエット」まるでウサギの餌でしょう?!でも、時間をかけて、噛み噛みしていると生野菜が結構いけるんです。それに満腹感もでてきて、お昼まで十分持ちます。

今日は、そのダイエット指導をして下さる和泉さんとのアポイントの日。それまでの時間、電気を求めて教会オフィスに行き、昼前まで仕事。Y姉が来られ、家の付近は木が倒れ、電気の復旧には4,5日かかりそうとのこと。家は自家発電ができるので生活はできるけれど、しばらくは家を空けることは出来ず、電話もインターネットも不通のため携帯もかからず、孤立状態ですが、家族全員元気です・・とのこと。

康子と聖美さんが揃って泉さんのオフィスを訪ね、「デトックス」(Detoxify:毒素を取り除く)のダイエットを9月15日から3週間かけて行うとのこと。かなり厳しいダイエットで、体の解毒作用が起こり、体がすっきり、本来の力を回復できるとのこと。「今を除いては一生するチャンスを失うわよ。」との脅迫に、どうも巻き込まれそうです。毒素が抜けるとメッセージが変わるかな・・などと妙な期待をしたりして楽しんでいます。

その後、H姉の友人のPさんをホスピスに見舞う。「死を受け入れたら楽になりました。牧師さんが来て下さっても、私の無神論は変りませんので・・」と丁寧にお話をして下さり、カトリックのホスピスに来れて本当に良かったと感謝し、尋ねてきてくれたミュージックテラピストにリクエストの後の「又来週・・」との挨拶に、「多分、来週は会えないと思う。本当にありがとう。」と心からの挨拶。できるだけ楽しい話題を選んだ話の後、「お祈りしてもよろしいか?」「もちろん」そこで手を取り合って祈る。
心をまとめておられるようであっても、祈りは心の深い部分に触れ、終わったときには涙し、胸で十字を切られたのは、彼の精一杯の心の現われと受けとめ感謝し、主の憐れみに委ねて、お別れする。 「主よ、Hさんの祈りに応えてください。」

電気が戻ったと聞き、牧師館に戻り、夜はゆっくり、何だか久しぶり・・と言った感じのくつろぎの夕べでした。
2

2011/8/29

8月28日 初体験の日曜日  

Ireneのためのお祈りありがとうございました。

NYでのハリケーンは初体験。どんな具合に強まり、通過し、収まるのか・・が分かりません。
日曜礼拝の準備を済ませて帰りましたが、落ち着きません。牧師館の庭も、怪しいものはみな片付け、ロープでいわえ、これ以上することなしと言う状態で夜を迎えました。いつもより早く床についただけ早く目が覚め、(このあたりは歳相応)インターネットでNY市長のメッセージを聞けば、カテゴリー1のまま、直撃の様子・・と思っていると電気が消えた。4時半ごろのこと。

朝、電気が消えていたなら礼拝も出来ません。インターネットで連絡しようと思うと、モデムが働かず、メールが送れません。まず、動き出す前に朝ごはんを・・・と情緒ある朝食となりました。
クリックすると元のサイズで表示します

ボツボツ連絡が入り始めると、「家の側の駐車場が70cmほど水につかり、動けません」、「大丈夫です」、「風が強くて・・」などなど・・、結局、避難勧告は解除されましたが、自宅から出ないようにとの警報に従い、「礼拝はお休み、各自で礼拝を守って下さい。」との連絡をする。

警報では進度が次第に遅くなっているようだが、停電で情報が入らず、まだ、暴風雨の圏内のはずの3時頃には、雨はやみ風だけが残り、ハリケーンは通り過ぎたようで、外に出てみる。
クリックすると元のサイズで表示します
バックヤードは満遍なく折れちぎれた小枝を撒いたよう。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
隣の大木の枝が折れたほかはご覧のようなどんぐりが庭中に落ちており、ハワイなら大喜び・・と言ったところ。

その後で、家庭礼拝をする。日曜礼拝を休んだのは牧師となって以来初体験。良くぞ今まで守られたと感謝。家族礼拝では賛美を続け、その後で、「神様が生きておられる・・」と最近感謝したことを分かち合う。「長野さんが洗礼を受けたこと・・祈ってきたけど、神様だ!と思った。」「ここ5,6年次々病気をしながら、今ここにリタイアした後、夫婦でミニストリーが続けられている事」「全く予想もしていなかった人生を生きるものとされて、神様のシナリオは素晴らしいと感謝。立石家の20年先も楽しみですよ。」「20年も長すぎる・・・!」と安奈ちゃん。

神様を喜ぶよい時となりました。今夜は電気が戻るかどうか分かりませんが、初体験の日曜日、皆様のお祈りを覚えつつ、感謝しました。             (教会の牧師室より)

クリックすると元のサイズで表示します

教会を出ると恵里也君が「ホラ、あそこ」と指差すところを見ると、何と大木が倒れていました。こんな木があちこちで倒れると道路も分断され、大変だと分かりました。今しがた、警察から電話があり、電気の復旧は明朝6時の予定とのことです。今晩ももう少し、教会のオフィスで仕事する事にします。    あれも、これも、何事も初体験の日曜日です。
6

2011/8/28

8月27日 嵐の前の静けさ・・  

残念!!
タングルウッド音楽会はキャンセル。昨晩12時まで様子を見守って下さった平野さんからのメールが届いた。「中止、やむなし」

朝、外の出てみると、異様な雲が空全体を多い、風は一つもなし。木の葉も動かない。
クリックすると元のサイズで表示します
まさに、嵐の前の静けさである。(牧師館前のMoshier St.)

午前中、教会にて仕事、午後、取り合えず、明日の礼拝準備を整える。しかし、予報によると午前10:30はハリケーンの真っ只中。嵐が去った後、時間的に可能なら、来れる人だけでも、礼拝をしよう・・と言う事になる。英語の方はいつも通り、来ることが出来た人だけで礼拝を守る、来られなければ休むとのこと。

何十年ぶりかの猛暑に続き、第1級ハリケーンの襲来である。特別体験が多いもは、恵まれていると言う事としよう。森の中の街、グリニッチで恐ろしいのは、木が倒れて家がつぶれ、停電となること。道路が寸断されて車が動けない・・ハワイとは違った対策が必要です。

夕方になると、ハリケーンの進度が鈍くなり、暴風雨は明日曜日、明け方早くから午後3時ごろまでとかなりずれ込んできているとのこと。窓の外の木の枝が揺らぎ始め、時折思い出したように雨脚が強くなる。いつもよりクワガタなどの虫の声も少なく、夜が早く更けていくようである。

ハワイからお見舞いのメールが入る・・おぼえられていると分かるとうれしく、心強い。では、今夜はいつもより早めに休む事にします。

PS:インターネットで調べるとタングルウッド音楽祭は今夜もあったそうです。(調べなきゃ、良かった!)
1

2011/8/27

8月26日 嵐の前に  

今日は、山下宅にて、2回目の家庭集会。今日、初めて・・と言う3人のお母さんも含め、お母さん11人と子供17人の賑やかグループ。ベビーシッターつきの集会で聖書に聞く。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
どこでも、いつでも、子ども達は大切なチャネル。ここでも補習校が出会いの場となり、お母さんも先生も今日はご一緒。

クリックすると元のサイズで表示します

自己紹介でも、NYで1年から、ヨーロッパを転々とした後、NYでXX年目・・色々な背景からの集まりです。

ガリラヤこの漁師シモンをキリストの弟子ペテロとされたイエスが、今日私たちにも「新しい人生」を受けよと招いておられることを学ぶ。その後はおいしい食事と楽しい交わりをたっぷり楽しむ。
クリックすると元のサイズで表示します

どうもハリケーンIreneが日曜日に通過するらしい。冬は大雪で、嵐で木が倒れたりして道路が封鎖で、日曜礼拝が時間をずらしたり、時には中止になったりするとのこと。
教会メンバー全員に「日曜礼拝についてのお知らせにご注意」のメールを送る。
日本から立石先生も心配で、風の備えるようにとのメール。出発前に完成した庭の物置の屋根を折れた木の直撃を防ぐ準備の図式での指示が出る。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

エリヤ君の手を借りて補強をしながら、小学生の頃、「ジェーン台風」で家の屋根が吹き飛ばされた事、結婚した後、台風接近でにいよいよ雨風が強くなり、夜中に雨戸を立てたり、戸を打ち付けたり。朝起きると空は真っ青、日がさしていた。どうも台風が通過中に戸を打ち付けていたらしい・・そんな事を懐かしく思い出しました。

Ireneは日曜の朝、通過・・とのことで、先ず、明日のTanglewoodコンサートに行けるかどうかががきになるところ。明日はBoston交響楽団が Lorin Maazel(昨年までのNYフイルの指揮者)の指揮によりベートーベン第九を演奏するとのこと。

さて、ハリケーン通過は新しい経験ですが、すべてに主の憐れみがあるようにと祈りました。
皆様のところでは、良い日曜への準備が出来ますように。


2

2011/8/26

8月25日 今日もまじめな日・・  

今週は明日、金曜に家庭集会、土曜がタングルウッド・野外コンサートと時間を使うため、今日が大切。二日続きでオフィスワーク。久しぶりに「現役」に戻った感じで、これもまた、うれしい。

お昼に買い物。最近は運転手は私だけのために買い物も集会も、どこに行くのも常に一緒です。
ハリケーンが来ているせいか、買い物客が多い。最近は和泉さんの指導を受けているために野菜中心の食事となり、毎回、生野菜のサラダを食べる。よく噛むと野菜も意外と味があり、おいしい。その上、結構、満腹感があり、食事が楽しい。

午後もオフィスでの仕事を続け、日曜のメッセージを仕上げる。明日の家庭集会の準備を始めようとすると、「夕食よ〜!」切り上げて帰る。

夜は男性バイブルスタディ、今夜は都合で教会で集まる。
クリックすると元のサイズで表示します
体を罪の器とするか、義の器とするかの選択において、いつも戦いがある。それは戦いに思いを向けるからで、思いはいつもキリストとその恵みに向けるなら、恵みへの感謝が選択を導いてくれる・・。成る程、そうだ。小さな集まりだけど、よい学びと交わりを感謝。

ハリケーンはどうも日曜日に通過しそうな気配とのこと。何とかタングルウッドのコンサートにいけますように。 楽しい夢を見たいものです。

2

2011/8/25

8月24日 まじめな一日  

いつもまじめではアルのですが、今日はまじめな一日でした。

先ず、朝、8:30、教会の牧師室にて仕事、午後、Stamfordでの聖研、その後、牧師室にて仕事、夜、Mt.Kiscoでの聖研 帰宅は11:50pm。カメラを持ち歩いてはいましたが、写真はなし。

朝から婦人たちが集まり、祈祷会とサンデースクールの開き方についての話し合い。そういえば、マキキでも子供が我が家の子供だけ・・と言う時期もありました。その時々に、できる方法を見つけて続け、「今」を迎えています。何をどうするにしても、子供は教会の宝もの。大切に教会中で育てたいものです。

昨日のワシントンDC近郊での地震のお見舞いを頂き感謝。ニュースでは「シカゴ、カナダでも揺れを感じた。」そうですが、ニューヨークでいながら、全く感じませんでした。家庭集会中で、集中していたからか、よほど、鈍感であるか…です。

土曜日にはTunglewood Music Concertに行く予定!!片道3時間のドライブで、朝7時に出発予定。それの合わせて準備をしているのですが、ハリケーンIreneが来そうとのこと。それてくれますように・・・。

と言うような一日でした。 皆さんもお元気で・・。

4

2011/8/24

8月23日 これが海外日本語ミニストリー。  

今日はいつもは「ハリソン長老教会」を借りて開く聖書研究会を太田兄姉のお宅にて開く。
200年前くらいにNYの住宅地として開かれたという地区にある家はどの窓からも林の緑がいっぱいに見え、居ながらにして、森の中で森林浴をしているかのようです。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

集会前に家庭菜園のご案内。なす、きゅうり、しそ、茗荷などなど・・築100年以上というお家は、まるで雑誌のグラビヤページのようでした。
クリックすると元のサイズで表示します

聖書の学びは「XXは生きて、00を生んで、・・・死んだ。」が繰り返される、創世記5章。次第に神から離れて行く人の歴史の中で、「神と共に歩んだ」エノク、ノアが居たこと・・私たちも、「今」、神を信じ、神に喜ばれる生き方が出来ると励まされる。お昼は菜園から採れたものによる茗荷サラダをはじめ、すべて、オーガニックフード!
クリックすると元のサイズで表示します

食事を楽しみながら、どんな風にして今、ここにいるかを分かち合って、素晴らしい人生シナリオを書いてくださった主に感謝し、賛美しました。

一旦、教会に戻り、一仕事と思っていると、明日日本へ本帰国する山田ファミリーがもう一度挨拶に寄られるとのことで、待つ事になる。しかし、結局、到着は9時を過ぎていた。それなら、私たちも、もう一度と家族中で待っていた尾形家など、子供は子供で別れを惜しみ、大人は大人で語り合い、ここグリニッチで主が下さった交わりを喜び、感謝しました。
クリックすると元のサイズで表示します

「もう行かなきゃぁ」と言いながらなかなか去りがたく、自動車が走り去ると、「この次の日曜日から寂しくなるね・・」「4人が居なくなるからね。」「6人でしょ。」「子どもたちのことよ。」そうです。子どもたちも、ひとりひとりが無くてはならない大切な働き人でした。
明日の出発までに、未だ荷造りの仕上げがある・・といいながら走り去った山田家が、ホテルにつくのは12時を回った頃でしょう。

必要なら、仕事帰りであろうと、夜中を超えようと、お互いの事を支えあい、喜び合う・・このような交わりが海外の日本語教会の喜びであり、力です。 帰国する山田家とこの地で働き続けるグリニッチのこの交わりを、主よ、祝して下さいますように。

5

2011/8/23

8月22日 秋です!  

クリックすると元のサイズで表示します

違います!ヒヤッとするのです。朝、家を出ると今朝の空気が違います。空も木の緑も、もう夏の色濃さから澄んだ秋の色に変わっているのです。

8月半ばをすぎると秋が来ます・・と暑さの中で聞いた時には、こんなに鮮やかに変わるとは思えませんでしたが、久しぶりにホノルルでは味わえない、日本の10月を思い出すことが出来た一日でした。
立石先生とのスカイプでは「日本も、横浜では涼しさを感じれるようになった。」と聞き、ホッとしています。

今朝はグリニッチYMCAが点検修理のために1週間閉鎖、そこで隣町のライYMCAまで朝泳ぎの遠征です。プールのサイズといい、設備といい、いつものグリニッチに馴れてしまったので、狭く、不便に感じ、日頃、良いものになれてしまうと良くないと思うほどでした。

その他は午前中、午後も、教会の牧師室で仕事をしました。
「コーヒーはいかが、減りましたか?」との和泉さんのチェックを受けて、今日はいっぱいも飲んでいません。と思い出し、夜のデザートに「ニューヨーク・チーズケーキ」を買って帰り、家庭映画劇場を楽しみながら、「ハーブティーとケーキ」を楽しみました。
クリックすると元のサイズで表示します
何だか充実の一日でした。

皆様、残暑厳しい折柄、ご自愛下さいますように。(涼しくてすみません)
3

2011/8/22

8月21日 ここにも日本語教会が  

今日はタカホーにあるニューヨーク日本語教会を訪ねる日曜日。

余裕を持って出発。ナビ子さんと気があわず、迷子になる話を聞いていたHさんが「これならいかが」と貸して下さったナビ雄くんとはじめて出発する。少し画面が大きく、矢印ではなく車が出てくるので何となく親しみやすい。日本のナビは「お疲れさま」まで言ってくれるというが、アメリカのはそこまで気がつかない。でも、無事に到着。早めに着いたので教会の周りを見て回る。
クリックすると元のサイズで表示します

歴史を感じさせる、立派な会堂である。聞けば、築100年以上とのこと。左手に見えるのが3階建ての牧師館。礼拝堂にはパイプオルガンまで備わっている。
しかし、今は信徒の皆さんで牧師が辞任された後を守っておられるとのこと。よく頑張っておられると感心しました。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

プレイズバンド、子どもメッセージ、スモールグループでの祈りのときなど、そうそう、礼拝の前には聖書研究もあり、その間にアメリカ人の教会に会堂を貸しているとのこと・・他では、アメリカ人の教会から会堂を借りているのは聞くがここでは逆である。
クリックすると元のサイズで表示します

現在、牧師を迎えるために、準備中とのこと。日本の国内でも同じかも知れないが、海外でも無牧師の教会がそれぞれの状況の中で、礼拝を守り、伝道を続けている。

礼拝後、昼食の交わりをゆっくりとし、ナビ雄くんの案内で無事家に戻りました。
今週からは8月も後半、色々忙しくなりそうです。 お祈り下さい。

1

2011/8/21

8月20日   

明日はニューヨーク日本語教会での礼拝である。
良い備えの一日を・・といつも通り、朝泳ぎから始める。
クリックすると元のサイズで表示します
午後はいつも通り、明日のための会場準備。必要とあらば、修理もお任せ、・・これがおたすけマンの良いところ・・と金槌で週報ボックスの修理をします。不器用な太い指に小さな釘が見えません、どうしてこの短い釘が曲がるの・・と悪戦の末、修理完了。

夜は、明日が最後の山田ファミリーが江上家にて夕飯を共に・・と聞き、明日はNY日本語教会へ行き、会えないのでお別れに行く。子ども達を残してご夫妻は自動車の処分と最後の仕事に出かけます。この助け合いが海外生活のうれしいところ。
クリックすると元のサイズで表示します
子ども達にシャワーを取らせ、車の中で眠っても良い準備を済ませてホテルに向かったのはもう、10時を回った頃でした。

戻ってみると二日前から水につけてあった玄米が可愛い芽を出し、水にあぶくが出てきます。
米が生きている・・感動!早速、明日は胚芽米でのご飯を炊けると康子も張り切っています。
クリックすると元のサイズで表示します
ここまで来れば、後は何でもおいしく頂けばそれで良し・・と玄米には手をつけない・・との今までのこだわりを捨てて、いよいよ120歳を目指して見ようか・・とも思っておりますが、はじめての胚芽米のご飯の味はいかに? ところであなたもいかがですか?
2

2011/8/20

8月19日 バイブルキャンプ、祝さる!  

バイブルキャンプ、今日が最後の日。私もそうなのだが、声枯れの子供が何人かいる。それだけ、エネルギーを使った証拠だろう。でも、子ども達は元気、場所にもなれて、賛美が始まると自然に体が動き、一人が前に出て歌い始めると、我も我も・・
クリックすると元のサイズで表示します

日本チームも前に出て、英語と日本語でしっかり歌い、踊りました。
クリックすると元のサイズで表示します

お母さんグループも頑張りました。今日は。素敵な差し入れがありました。みんなの祈りと支えでここまで来れたとよく分かり感謝!クリックすると元のサイズで表示します

















空模様があやしい為に、ご近所へのパレードは取りやめ、早速、家族も共に「ホットドッグ・ピクニック」子ども達だけではなく、ファミリーのためにも十分準備されており、ファミリーピクニックとなりました。
クリックすると元のサイズで表示します

VBSに参加させて貰って、色々学ぶことが出来ました。SPLCでは、このバイブルキャンプを教会のアウトリーチとして取り組み、9月からの「水曜アフタースクール・プログラム」につなぎ、その為に、ボランティアーも予算も十分用意している。費用はすべて無料、おまけに、希望者にはすごく立派な「子供用ピクチャーバイブル」をどうぞ。
日本語教会としては、丸抱えで迎えてもらい、人数だけは30%も参加。これを機会に交わりを深め、日本語クラス開講など役立つプログラムが出来るとよいのだが・・・。 感謝、感謝!

3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ