2011/12/31

12月30日 お祈り感謝!  

今、一日のプログラムを終え、参加者は夫々のスモールグループに分かれ、今日の一日の経験を分かち合い、祈りあう時を過ごしています。

お祈りありがとうございました。
朝の全体集会を通してみことばを届けることが出来、食事の時に一人の1年間オハイオ留学中の男性がはなしてくれました。「300人も居るのに、どうして私一人に語られるのか・・と不思議でたまりませんでした。」将に、聖書の約束どおりの聖霊の働き、皆様のお祈りへの主のお答えだと感謝しました。
クリックすると元のサイズで表示します
ランチタイムに、チャイルドケアーミニストリーの奉仕者への感謝のときがありました。この人たちは、子連れ参加者が心配なく参加できるようにと全体集会の間、5,6時間を自分たちはプログラムには参加せず、子どもミニストリーをするために費用を払って参加している人々です。子ども達の作ったサンキューカードに、感謝が込められ、全員からの拍手が響きました。康子もその一人でした。

午後は昨日と同じ「冠婚葬祭」セミナーと一人のカウンセリングをして過ごしました。
これで、私の全ての責任は無事、又、祝福されて終わったことになります。お祈り感謝!

夜の全体集会では、献身への招きもあり、一人一人が神様からのチャレンジに真剣に向き合い、多くの若者が前に進み出て、涙の祈り、献身への祈りを捧げました。お祈り感謝。

いよいよ、明日、一日。神様が励ましの中で出発できますように。
マキキからの若者達も元気で、取り組んでいます。 お祈り感謝!
3

2011/12/30

12月29日 主のみ前に進み出て・・  

今日の午前全体集会は「日本に帰国した時に経験する礼拝体験」をすると言う集会でした。
クリックすると元のサイズで表示します

「今ここに生きる」=わたし達の只中にある神の国・・について、今日は2回目、どんな現実においてもある神の国に生きるようにと与えられているのが、「生けることば」(聖書)であることを学びました。
クリックすると元のサイズで表示します

午後は、ワークショップで帰国に際しての準備として私は「冠婚葬祭」のクラスを担当。「して良いか悪いか」ではなく、冠婚葬祭が目指す、絆の確認と喜びや痛みの共有をクリスチャンとしてどのように実現できるか、クリスチャンの愛のこもった創意工夫について話し合いました。
又、帰国する時の、地方に居る仲間の確認で、私達はレインボウコネクションの可能性をみるために「中四国」に参加しました。高知からは一人、これからのために祈りました。
クリックすると元のサイズで表示します

夜の部は「男性集会」「女性集会」お互いに何があったかは秘密。ただ、主のみ前にありのまま出る素晴らしい体験のときでした。
クリックすると元のサイズで表示します

いよいよ残るところ二日、明日の朝の全体集会でよいみ言葉の取次ぎができ、主の取り扱いをそれぞれが受け、新しい出発となるようにお祈り下さい。
5

2011/12/29

12月27,28日 めぐまれさまです。  

「めぐまれさまです。」・・EC11で使われるご挨拶です。

27日(一日目)お蔭さまで、恵まれ、私の風邪も90%くらいは回復、マキキの若者達も皆、元気です。
世の年の暮れのせわしさとは別世界で、神様の取り扱いの中で、参加者約300人、次第に心開かれ、お互いの交わりにも、神様とのふれあいにも豊かになってきています。

会場はロスアンジェルス空港から約2時間、サンデイエゴ方面の内陸部、朝1度C 、昼30度Cと朝夕の温度差が激しく、夜は震えます。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
空は朝も、夕もカリフォルニア・ブルー、キャンパスには温泉がわき、プールは勿論、流れる川も温泉、足湯を楽しめます。
クリックすると元のサイズで表示します
うれしいリユニオン、マキキユースも皆元気です。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します食堂に入ろうとすると、何と、橋本笑梨ちゃん!!脳腫瘍の手術で心配して祈ったのがもう1年も前のこと、違和感が残っているけど、もう安心、ヨカッタァ!
クリックすると元のサイズで表示します
夜の集会です。賛美のサウンドが心と体に響きます。メッセージには真剣に聴き、祈りには心込め、期待を持ってきた若者達たちと周到にされた準備、背後の祈り、すべてが形になって現れたような集会が始められました。

28日(二日目)朝の集会で最初のメッセージをさせていただきました。
風邪が守られただけではなく、メッセージも守られ、すべてが神様がご自身の栄光のために、皆さんの祈りに応えとして、進めておられることを感じる一日でした。

お祈りありがとうございます。いよいよ、硬さも解けて第3日、中日を迎えます。それぞれが自分の問題に気付かされ、素直に、勇気出して、一つ一つを処理できるように、続いてお祈り下さい。

7

2011/12/27

12月26日 次の世代へと・・・  

やって来ましたぁ!EC会場で〜す!

着いた時は既に暗く、写真をお見せできないのが残念ですが、温泉がわく修養会場です。

風邪は80%、声は65%の回復です。話し始めると咳が出始めるので困っています。でも、私の責任は水曜からですから、それまで、控えに控えて、100%で臨みたいと願っています。

ECに来て感じるのは「若さ」です。今日日本からついた人たちも、アメリカの各地からついた人も、みんな元気。元気に挨拶してくれます。「摂さんのお父さんですか、お世話になっています。」Japanese Christian Fellowship Network(JCFNはアメリカに来て信仰を持った人たちの成長と帰国者のファローアップのために働く団体)に来れば、摂が先です。皆様に支えられて摂が主事となってもう20年近くなりますから・・。もう、しっかり次の世代が動いています。
クリックすると元のサイズで表示します

今夜の到着組は50人くらいの奉仕者先発組。そんな中から若いお母さんが「黒田先生ですか。母がよろしくって言ってました。相原といいます。ハワイに行ったときに、お茶をご一緒したそうです。」「千葉の方・・?」「いいえ、横浜ですが・・」・・・もう分かりません。
しばらくしてそのご主人と話しているときに焦点が合い、思い出しました。まだ、岸和田時代に教会に来て信仰を持った高校生と中学生の3人姉弟のお姉さん・・・その娘さんがお母さんになり、家族でECの大切なコーディネーター、娘同士が共に主に仕えているのです。
ここでも、もうしっかり、次の世代です。

部屋に入り、ECの後、おたすけマンとして訪問する岸和田北教会の栗原先生にスカイプ。画面から「あぁ、相原さんですね。」とのレスポンス。35年も前のこと、北の教会を開拓したとき蒔かれた種が立派に成長し、ここECにまで枝を伸ばしており、後2週間ほどで、わたし達が北教会で奉仕をする・・・何かうれしくなります。

「あなたのパンを水の上に投げよ。ずっと後の日になって、あなたはそれを見出そう。」(伝道者の書11:1)
4

2011/12/26

12月25日 クリスマスサンデーです。  

今日はクリスマスサンデー。礼拝に参ります。
朝9:30 オレンジコーストフリーメソジスト教会です。
クリックすると元のサイズで表示します
素敵な賛美チームのリードに導かれてクリスマスキャロルを賛美し、久しぶりに平湯先生の無駄のない、しかも、心に響くメッセージに「人となって下さったイエス様のお心を味わい、わたし達も宣教者でありたい。あなたの宣教地はどこか、対象は誰か」と心探られました。

午後2:00 ぶどうの木教会、賛美演歌の上野五男先生の教会です。
クリックすると元のサイズで表示します
韓国教会の一部を借りての礼拝で、先生は日本人学校の先生をしながらの伝道。若い人たちが圧倒的に多い。先生のメッセージも社会科の先生らしくパワーポイントを活用しての分かりやすいメッセージ。イザヤ書の預言がいかに歴史の中に成就したかを解いて下さった。昼間ながら、キャンドルサービスもあり、良いクリスマス礼拝でした。
クリックすると元のサイズで表示します


夕食は又、子ども達と共に楽しむことが出来ました。クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
いつもは集まる摂・マオ夫妻は明日から始まるEC準備のために来れず、摂はいま(2:00AM) も未だオフィスから戻っていません。いよいよ本番です。

風邪の回復までもう一息です。祈り覚えて下さい。
私は28,29,30日の10:30-12:00AM のメッセージと、29日1:30-3:00PMの「冠婚葬祭」についてのクラスを担当します。

3

2011/12/25

12月24日 Merry, merry Christmas!  

Merry Christmas!
クリックすると元のサイズで表示します

クリスマスは特別の日、 神様の愛が、わたし達にも分かるようにと、ひとり子イエス様を通して、届けられた日です。
今年のクリスマスはわたし達にとって特別の日、牧師になって、いえ、神学校に入って、いえいえ、クリスチャンになって、つまり、もう50年、いえ、正確には、教会に行き始めた高校生のときから、53,4年以来始めて、教会から離れて迎えたクリスマス!

クリックすると元のサイズで表示します
孫の出席する教会のファミリークリスマスでイブ礼拝を捧げ、

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
婿殿の両親の招きで家族でクリスマスイブを祝い、感謝し、

クリックすると元のサイズで表示します
夜道のドライブを(チョッと迷いましたが)楽しみ、話しながら娘の家に戻りました。「去年も特別だったけれど、来年は、どこでどのようなクリスマスを迎えているやろねぇ。」「特別やわ・・きっと」

皆様とご一家にも、特別のクリスマスの祝福がありますように。

3

2011/12/24

12月23日 お祈りありがとうございます。  

お祈りありがとうございます。

朝から、あちこちのドクターに電話をかけ、近くの日本人ドクターで保険の効くところを探し、2:00pmのアポイントメントが取れました。

ところがお昼を過ぎてもJCFNのオフィスへ行ったまま康子が戻りません。1時を過ぎてやっと電話があり、「フリーウェイで迷子・・!ノースへいけば良いのか、サウスへ行くのか分からなくなって・・・シフトの上に、ナビの字が良く見えない・・」
その大変さは良く分かります。どこをどう走ったのか分かりませんが、やっと戻り、そのままドクターのオフィスに向かい、途中「ここは4回走ったわ」「ジャンボリーはJCFNに行くところでしょ」と大変さを聞きながら、到着は1:56pm。セーフ!!

念のために康子も共に診察を受け、「どうしても26日には治っていなければならない」とのリクエストに「分かりました。」分かったのなら、注射の一本でも・・と思うところですが、(日本のドクターなら点滴か、せめて注射の一本くらいはして下さるところ・・と思うのですが)「薬局に連絡をしておきますから、お大事に・・・」

薬局に行き、薬を受け取り「3日分」の処方に、「3日で治す」と言う先生の気持ちがわかり、納得、感謝しました。
クリックすると元のサイズで表示します

それにしても、色々な皆様からのお祈りレスポンスに感謝しました。

  明日はクリスマスイブ、よいクリスマスをお迎え下さい。
4

2011/12/23

12月22日 いよいよですのに・・・  

今日は朝からEC準備のために、マオも康子もオフィスへと出かけました。

その前に、すぐ近くで開かれるFarmers' Marketに差し入れの材料を仕入れに出かけました。大変な風の中、いくつものテントが張られ、あれもこれも欲しくなります。結局はこの有様。
クリックすると元のサイズで表示します

いよいよ近づくECに準備万端で臨みたいと体調を整え、家の中で一日過ごしましたが、どうも、さえない様子です。お祈り下さい・・との要請を送る。
夕方、夕食をの差し入れでオフィスを尋ねます。昨日はカバーだけだったのが、今日は中身もとじ込まれ、準備も一歩進んだようです。
クリックすると元のサイズで表示します

JCFNのすばらしさは、誰もがお客さんではなく、みんなで支え。作り上げるスピリットがあることです。
クリックすると元のサイズで表示します

早めに戻り、静かにしていると聞きなれた声が入ってきました。タカシ(聖)君でした。マキキからの一番乗りです。
どうもシャキッとしないので熱を測ると102度F・・後4日間で完全に治りますように・・お祈り頂ければ幸いです。
4

2011/12/22

12月21日 お祈り下さい。  

今日は静かに家にてEC準備の一日。
今一度、メインセッション「第1ペテロ」からのメッセージに手を入れました。
オフィスでは、締め切りも終わり、ハンドアウトなどの資料準備が本格的です。

そこで、夜、スタッフとボランティアの皆さんようの夕食の差し入れです。「スポーツ心理学専攻」の学生さんから、「出産まで後2週間です。」と言いながら働いてくださる奥様まで、皆さん、お疲れさま!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますどこで、誰が、何をしていても笑い声の絶えない交わりですが、今日出来上がったのはカバーだけ。中身は明日からが本番のようです。

スタッフの働くオフィスはクリスマスとECを迎える前夜なのか、嵐の前の静けさ・・今夜もこれから・・と言うところでしょう。

ECを通して神のみ名があがめられますようにお祈り下さい。
*感謝の祈り:1週間ほど前にお祈りいただいた参加者用奨学金の不足$5000は過去の参加者からの捧げ者で満たされ、必要な人たちに届けることが出来るようになりました。感謝!
*祈りのリクエスト:
@ 参加者のために。申し込みを済ませた人が全員、健康で、無事に到着しますように。
A 準備のために。奉仕者の健康が守られ、必要な準備が全て整えられますように。 
B 奉仕者のために。夫々委ねられた働きのために、良い整えが出来、用いられますように。
C 私たちのために。 ご聖霊に助けによって準備した全てが用いられますように。二人の風邪がすっかり治りますように。

4

2011/12/21

12月20日 うれしいこと、二つ。  

午前中のEC準備を終えた頃、マオの誘いで外出。行く先はマオと摂夫婦が3ヶ月間のプログラムで取り組んでいるダイエットの進度チェック。わたし達の健康度をもチェックしてくれるとのことで行って見る。

うれしいこと、その1.
此処もプログラムのディレクターはクリスチャンで先日ユニオン教会で出会ったとても気持ちよいご夫婦。早速計量をして下さる。結果は色々な数値はともかく、一番分かりやすいBody Ageで、何と朔は55歳、康子59歳。マオはわたし達より高齢者。(二人の名誉のために数値は控えます)しかし、チェックごとに若返りつつあるとのことで、では近いうちにマオの還暦祝いをしようと言って大笑い。わたし達は二人とも、ディレクターから花丸を貰って上機嫌。早速、デトックスの和泉さんに報告をする。 その和泉さんには今朝方、始めての赤ちゃん誕生との知らせが入る。オメデトウゴザイマス!!
クリックすると元のサイズで表示します

うれしいこと、その2.
今年、バイブルスタディに来ている学生達が集まり、永久帰国する学生のためのお別れ会。6時から・・と言っていたが、EC準備で忙しい摂の他何人かが遅れて、食事が始まったのは1時間遅れ。クリスチャンではない学生のほうが多く、彼らにとってはこのバイブルスタディの仲間は帰国後もよい友となるだろう。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
出身地もバラバラ、滞在目的もバラバラ、その期間もバラバラ、そんな彼らがお互いをケアし、経験を分かち合い、家族の話をし、一つの仲間として集まっているのは、留学生と言う状況の故であり、彼らは聖書を共に開いているのである。

おとといが誕生日とサプライズのバースデーケーキが感動を呼ぶ。今日が申し込み締め切りで忙しい真っ最中のJCFNの中村総主事代行が仲間入りしたのは真夜中に近い頃。
「明日もあるので・・」と帰りかける学生と一緒に記念写真を取る。
クリックすると元のサイズで表示します
階下からは今も尚、マオの笑い声がひときわ響く。これも又、日本では教会など行ったことがなかった彼らの心を開く大切なミニストリーの一部。

摂・マオ夫婦のミニストリーを見せてもらったようでうれしい一日。
それにしてもいつまでか・・と心配する55歳59歳の夫婦です。

2

2011/12/21

12月19日 気がかりなこと・・  

12月19日、次男、堅の誕生日。
41年前、牧師として迎えた最初のクリスマス。クリスマスは教会に来ていない人々のために教会の外で祝おうと岸和田福祉センターを会場にクリスマスを開いた時でした。

そんな最中に堅が生まれたのです。何もかもが初めてで、夢中だったせいか、あんまり細かなことは思い出せません。ただ、牧師としての歳月と堅の年齢は同じなので忘れることはありません。その堅がお昼過ぎに、誕生日休暇を取って、家族で摂宅を訪ねてくれ、孫達と共にグランパ・グランマらしく良い一日を過ごしました。

気がかりなことは移動続きでコントロールの利かない食事です。今週は娘の家で一週間滞在できるので、久しぶりに「野菜サラダを中心に・」と買い物に出かけます。以前は「ウサギの餌」と文句たらたらの食事でしたが、今は食べると何となくいい調子で、落ち着くのです。馴れる事は不思議なことです。
クリックすると元のサイズで表示します

摂とマオはECの下準備。私も午前中はECの準備をし、穏やかで、ゆったりの良い一日を感謝しました。
5

2011/12/19

12月18日 Family Christmas @ Los Angels  

今日はLAユニオンチャーチでの礼拝奉仕。牧師不在となって1年4ヶ月。信徒によって教会は支えられ、礼拝を始め毎週の働きが続けられていると聞きました。

思い返すと、この20年来、先ず、摂が、続いて堅が、そして、甥の翔が、夫々家族も含めてお世話になった教会です。今まで何度か礼拝には出席しながらメッセージをさせて頂くのは今日が始めて。
クリスマスのメッセージを語りながら、主の導きの不思議と従う幸いを感じました。
クリックすると元のサイズで表示します

今日は忍の家族を除いて全員がそろって礼拝を守り、全く予想していなかったFamiry Cristmas @ Los Angelsを捧げることができました。
クリックすると元のサイズで表示します

礼拝に続いて聖書の学びの時間を持ち、お昼をみんなで済ませ、海の見下ろせるスタバで過ごしました。
クリックすると元のサイズで表示します

こんなゆったりしたクリスマスは牧師生活始まって以来のことです。毎週移動の生活を続け、気がつくと、今年はクリスマスカードも、クリスマスギフトも、クリスマスデコレーションも何もしないまま、出来ないままのクリスマスを迎えようとしているからです。

今週はいよいよ来週に迫ったECに備えて、ゆっくりと準備のクリスマスとなれば・・と願っています。
皆様はどんなクリスマスをお迎えでしょうね・・・。
4

2011/12/18

12月17日 共に集まるうれしさ  

時差ボケでゆっくりと目覚め、今日は孫のバレーの練習の参観日とかで昼過ぎにパサデナまでドライブ。

何事でも楽しむことは周りをも楽しくさせるものです。「楽しみ上手」そんな言葉があるかどうかは知りませんがあるとすれば、孫の恵里は楽しみ上手。何をしていても、楽しくてたまらなくて、思わずスキップが出てしまいます。今日の練習も人一倍楽しみ、わたし達を楽しませてくれました。わたし達もクリスチャンライフを思いっきり楽しみたいものです。
クリックすると元のサイズで表示します

夜は次男堅の誕生日祝い、末娘の忍宅で開く。孫同士が楽しんで居るあいだ、親同士も楽しみます。残念ながら、ハワイ在住の二人の息子達とその家族は居ませんが、久々の顔ぶれが集まりました。2月に二人目を迎える忍は急に目立ち始めたお腹をいたわりながら、一日一食のハーバーライフでダイエット中の摂&マオはこの時とばかりに、折角のデトックスもその効果が薄れつつあるわたし達夫婦は食べすぎを気にしながら・・しかし、夫々が十分頂き、笑い、楽しみました。(忍のだんな様は出張中。)
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

ひとしきりおしゃべりの後、孫達の「オヤスミタイム」も大幅にオーバーして、明日の日曜日の予定を確認し、夫々の家路に就きました。
クリックすると元のサイズで表示します
帰りの車の中で、将来、牧師として主に仕えたいと準備中の、今年初めて家族となった我が婿殿マオと学びを通して気付かされた聖書のすごさ、牧師の務めの重さなどを話し、昨年のマキキでの最後のクリスマスと思い比べて、想像をはるかに越えた神様のご支配を感謝し、賛美したことでした。 よいアドベントをお過ごし下さい。

まさしく、聖書に書いてあるとおりです。「目が見たことのないもの、耳が聞いたことのないもの、そして、人の心に思い浮かんだことのないもの。神を愛する者のために、神の備えてくださったものは、みなそうである。」(1コリント2:9)


5

2011/12/17

12月16日 ディーン、ドーン、ディーン、ドーン・・・  

突如、どこからともなく「ディーン、ドーン・・」と響き始め、LAエアポートの国際線の4番ターミナルは美しいクリスマスキャロルのエコーに包まれました。摂と共に友達を待っていたわたし達は何が始まったのか、誰が歌たっているのかさえ分からない。
クリックすると元のサイズで表示します

流石はアメリカ・・!とキョロキョロし、わたし達も歌えたら・・などと思っている間に2曲目が始まり、ターミナル全体が笑顔とハーモニーで包まれたと思うと波が引くように消え去り、何事も無かったかのように元の雑踏が戻ってきました。挨拶があるわけでもなく、メリークリスマス!でもない。
摂の説明によると、アズサ・パシフィック大学(娘の忍が勤める大学)のコワイア約100人が今日一日空港のあちこちで、決められた時刻に、全くたまたまそこに居合わせたと風の指定された姿で集まり、賛美し、キリストの降誕を伝え、喜ぶと言う「ゲリラ聖歌隊」(英語を忘れました)だったそうです。 うれしい出迎えを受けました。

2ヶ月ほど見ない間に、随分活発さをました孫の翔を見に立ち寄り、
クリックすると元のサイズで表示します

摂とマオの新居に落ち着きました。実は2ヶ月前に泊まりましたが、主の本人たちは不在中。家までのフリーウェイから雪山が近く見え、南CAも冬でした。
クリックすると元のサイズで表示します

そうそう、移民局を通るとき、康子はもう一枚IDを出しなさい・・と言われて大喜び。減量の結果、怪しまれたのですから・・・。
いよいよ、ECです。現在の申し込みは250人くらいとのことで、事務局はもう資料作りが始まっています。お祈り下さい。
4

2011/12/16

12月16日 楽しかったなぁ!!  

今、16日のお昼過ぎ、成田です。今朝6時半、岸和田の重松亭から送っていただき、LAへの途中です。

今までの貯まってしまった報告をまとめてします。
13日、「大阪ヒルトンでお待ちします。」との美和さんからの連絡を受け、「えらいこっちゃ、何着て行こう、ヒルトンやでぇ。」と緊張気味。ヒルトンに入るや和服の美人がにっこり。私の前に男性がひとり居たので。その人への挨拶だろうときょろきょろ。男性が通り過ぎたのに、まだニッコリが続いている。何と美和さんが和服で迎えてくださったのです。ビックリ!!
クリックすると元のサイズで表示します

美和さんは2年ほど前、クリスマス・正月を黒田インにて過ごされた方。楽しいその後の報告を聞きながら、食事。和服全体が見えず残念。
クリックすると元のサイズで表示します

高瀬宅へと移動。庄中さん、村松夫妻が合流。
クリックすると元のサイズで表示します
4月以来、約半年の間、神様がどれほど良くして下さったかの分かち合いと高瀬流もてなしで盛り上がる。
クリックすると元のサイズで表示します
今日、こんなところで会うはずのないわたし達が、今、ここにいることの不思議と恵み・・これが神様に従う時の素晴らしさ・・話しているうちに「あれ、もうこんな時間!終電はずしそうっ・」日本はこれがあるから・・!と大急ぎで、和服の美和さんが立ち上がり、それからも腰を落ち着け話して、とうとう岸和田まで送って頂き、一日が終わる。

14日 今日は康子と別行動。康子は「温灸」の実験台を志願。肩こり治療に出かける。6月の加太アシュラムで顔を合わせた元岸和田の仲間3人が結成した「温灸クラブ」の練習日とのこと。
私は横谷牧師夫妻と食事。何と気がつくと3時間。近況報告ではなく、高校時代からの50年の恵みの分かち合い。そろそろ、パートナーを天に送った仲間もでてくる年頃である。
来年の1月29日、岸和田聖書教会の創立記念礼拝を機会に50年前の「高校生会」の同窓会を開こうと話がまとまる。
楽しみ、楽しみ。

15日、「おたすけマン」業務連絡のために事務局栗原先生との打ち合わせの日
事務局打ち合わせの前に、康子は小学校の同窓生と遭うことに。還暦祝いの同窓会をハワイで開き、マキキで祝福の祈りをさせて頂き、もう10年目。お互いのリタイアを迎えての再会である。
私といえば、昨日から痛かった足が少し腫れている!「痛風じゃないの?」『ピンポーン』である。そこで、45年も前、S製薬会社のプロパー時代にお世話になっていた橋爪薬局へ鎮痛剤を求めて行くと、「まあ、どうぞ」と応接間にまで通されて、10分間のご挨拶。もう50年もたっているのにこんなに迎えていただけるとは・・!と感激し、年明けの出直しを約束。打ち合わせへと急ぐ。
クリックすると元のサイズで表示します

2012年1月14日から2週間、栗原先生の聖地旅行の間の留守番約でおたすけマン登場である。もう北教会を開拓して以来、30年以上。久しぶりに、懐かしい皆さんと一緒に過ごせる楽しみのときである。夢がはずむ!

16日、早朝に起き出し、関空へ。熊本、福岡、高知、岸和田・・楽しい、楽しい日本滞在でした。旅をまとめながら、LA,ついに、長い長い準備をしてきた、ECである。お祈り下さい。
クリックすると元のサイズで表示します
関空では朝日が出発を祝福してくれ、成田への途中、富士山が手を振ってくれました。(何でも都合よく、この調子で感謝してしまうのです。)
クリックすると元のサイズで表示します

長い間、お付き合い下さりありがとうございました。お疲れさま。わたし達のボーディングタイムも近づきました。この後はLAからレポートします。
本当に楽しい、楽しい、日本でのおたすけマンミニストリーでした。お祈り感謝!

2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ