2013/7/16

7月16日 暑い一日  

今日は高校の部ではクラスマッチ。
クリックすると元のサイズで表示します
体育館ではバスケットボール&バレー
クリックすると元のサイズで表示します
本館ではオセロ対抗 夫々で熱戦が繰り広げられました。
優勝チームにはアイスクリームチケット贈呈。
優勝の鍵は @ 本気になること、A チームプレーのためのちょっとした打ち合わせ でした。

午後には地震の避難と防災チェック
クリックすると元のサイズで表示します
第1次避難経路が土砂崩れなどを起こした場合、第2次避難経路を準備しておくこと。第1次経路とは逆方向に約12分。
クリックすると元のサイズで表示します

念には念を・・・それにしても、クラスマッチと言い、避難訓練と言い、暑い一日でした。
2

2013/7/15

7月15日 大塚国際美術館訪問  

朝8時、D先生のお出迎えで、一路、徳島にある大塚国際美術館へ。
噂には何度も聞いていた大塚国際美術館である、D先生の紹介でスタッフに出迎えられて見学をスタート。
クリックすると元のサイズで表示します
最初が壮大なバチカンのシスティナ礼拝堂。ミケランジェロによる天井画の説明、複製の製作過程を聞き、これだけのものを作り、美術館として紹介紹介しようと言うビジョンに感動。
クリックすると元のサイズで表示します

朝、10時に入館し、途中で食事、休憩などしながら、3時まで見学。
クリックすると元のサイズで表示します
実物を見ようとすれば、ヨーロッパ中を駆け回らなければならないところ、徳島で4,5時間で鑑賞できるとはありがたい。

行き帰りの車でのD先生ご夫妻とのファミリートークも楽しい時。子育ての頃を思い出し、今、高知で過ごしている生活を主からの素晴らしい恵みとして感謝しました。
クリックすると元のサイズで表示します
さあ、明日から夏休みまで後一週。、最後に良い締めくくりの時となりますように。
2

2013/7/15

7月14日 交わりの輪の広がりを・・  

今日の礼拝は高知教会で捧げる。

メッセージ:復讐を越えて 聖書:マタイ5:38−42

復讐にはどんなに正当な根拠があったとしても、又、うまく成就しても、復習がもたらす結果を引きづりながら、報復合戦の底なし沼へと落ちる。

「悪人には手向かうな」とはイエス様は「やられたらやり返す」と言う関係からの解放への道へと引き出そうとの教えで、その実際を十字架をとおして示して下さいました。

イエスは報復と言う「私対相手」の関係から「私対イエス」の関係へと引き上げ、報復を赦されていることの意味を知らせ、愛することの素晴らしさへと導いて下さろうとしておられる。

こうして報復を越えることができる・・これがイエスの十字架による福音です。

黒田先生のメッセージに教えられ、清和学園への祈りと献金により支援への感謝と祈りのお願いをする。・・・交わりの輪を広げたい。

クリックすると元のサイズで表示します
昼から室戸まで走る。「新老人の会」のAブロック世話人会のサポート集会に参加する。

ホノルルでお世話になった「新老人の会」の輪の中にここ高知でも迎えられている。ありがたい、この交わりがどのように広がるか・・楽しみ。交わりのすばらしさは・・・勿論、
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
おいしい食事(イサギの生け造り)、人間をのぞきに近づくハクビシン、丸で室戸のダイアモンドヘッド・・・ここでも康子はフラで、私はお話で、交わりの輪を広げられる・・と楽しみが広がりました。

2

2013/7/13

7月13日 離れて思う・・  

毎日開くブログが3つある。
その内のひとつが塩沢淳子さんの「ママは強くなりたい」
http://ameblo.jp/junko-shiozawa/ 
です。

以前にも紹介させてもらったことがありますが、今日のページはめくることが出来ませんでした。
「お迎え」とのタイトルがついていました。



「お迎え」

生きる事がとてもとてもハードだったら、

いつかお迎えが来た時に、

「あ〜、よく頑張った。だから次は穏やかな世界に行かれるよ」と思えるはず。

きっと、、そう思う。


確かにそうなんです。何人もの方を見送らせていただき、淳子さんが書いておられるとおりに感じ、そこには主のあわれみさえ感じたことでした。しかし、淳子さんにこのように書かせる現実は悲しすぎる。しかも、遠く離れていて何もできない。


・・・祈る。




3

2013/7/13

7月12日 テスト明け  

今日でテストは終わりです。
早速、部活に取り組むバドミントン部、アンサンブル部。
「ヤレヤレ、とにかく終わったぞーっ」と帰る生徒達、色々です。

自分の高校時代を思い出します。
「ヤレヤレ、とにかく終わったぞーっ」は同じです。
何人かの仲間と連れ立って、風月でお好み焼きか虎屋のどら焼きでお昼を食べる、そして映画だ。映画館は確か、洋画は岸和田駅前にあったセントラルといい、座席の位置によってはトイレのにおいがしてくるので、要注意だった。ウォルトディズニーの「砂漠は生きている」は未だに覚えておる。
邦画は五軒屋町にあった映画館で名前は忘れたが、確か、佐田敬二と高峰秀子主演の「燈台守の歌」だったかは今も忘れずにいる。どちらも単純なストーリーだからだろう。

今の生徒たちはどのようにしてテスト明けを過ごすのだろう。
クリックすると元のサイズで表示します
サマーキャンプに出かけていた中1,2年組みが何事も無く戻ってきた。みんな良い顔をしている。良かった、良かった。

こうしてテストも明けて、後一週間で夏休みです。 
今日も穏やかな一日。ああ、感謝、感謝!
3
タグ: きょ

2013/7/11

7月11日 高知の懐・・  

中3以上はテスト3日目を終え、中1,2はサマーキャンプ二日目、

S先生の車に便乗、キャンプ場に向かう。
クリックすると元のサイズで表示します
途中、先生の畑によりBBQ用のカボチャを採り、後一走り・・
クリックすると元のサイズで表示します
早明浦ダムという大きなダムを越え、
クリックすると元のサイズで表示します
遂には行き止まりサインまで現れ・・
クリックすると元のサイズで表示します
迷ったか・・と慌て始めたころ現れた廃校となった山の分校キャンプ場
クリックすると元のサイズで表示します
電気の無い生活の初体験・・「お昼をどうぞ・・」
クリックすると元のサイズで表示します
天火で焼いた野菜ピザ、飯ごうメシとみんなで作ったカレー
・・うまい!!

午後の水泳は勿論、川・・
クリックすると元のサイズで表示します
その水の透明度をご覧あれ。
クリックすると元のサイズで表示します

バスの時間もあることなので・・とバスでもJRでもどちらでも乗れる「大杉」駅まで送っていただく。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
確かにバスもJRもありましたが、バスは1時間半待ち、JRは2時間待ち・・と言うことで、このとおり。

やがて、やって来ましたバスに乗ってみると・・・
クリックすると元のサイズで表示します


「はりまや橋」まで約1時間半、行きも帰りも、今日は高知の懐の深さを思い知らされた一日でした。
今頃キャンプ場では電気なしの二晩目を楽しんでいることでしょう。

2

2013/7/10

7月10日 清和学園では・・  

清和学園では、今日、中3以上はテスト第2日。

中1,2は今日から2泊3日のSummer Camp。 天気も上々、雨も川水の増水の心配もなさそうである。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

先生方はキャンプ材料の積み込みで忙しく、生徒たちはチャペルが終わるともうイソイソ、予定より少し遅れてバスは出発。楽しみながら、日頃知り合えない友達作りをしてくるように・・・。

チャペルが始まる前に、野良義姿の奥さんが学校を尋ねて来られた。
クリックすると元のサイズで表示します
ご近所の奥さんで、庭で咲いたゆりときゅうりを届けて下さった。ユリは玄関に、きゅうりはキャンプにもって行くことにした。うれしい訪問、今日から、クマゼミが鳴き始めたが、鶯もまだ健在。これが清和学園です。

まだありました。今日は先生方はテスト中の時間を利用して、学校訪問。午後は校内は静か、5時に閉門。土佐電「清和学園前」まで急いでいると・・・居ました! 
クリックすると元のサイズで表示します
2週間ほど前に親鳥と一緒にいた雛達です。親鳥の姿は無く、もうこんなに大きくなっていました。

下校の途中で鴨ファミリーの成長振りを見ることができる・・これも清和学園なんです。

こうして暑い一日も穏やかに夕方を迎えました。ああ、感謝、感謝。

1

2013/7/9

7月9日 期末テスト  

中1、2はテストは一足先に終わり、明日からサマーキャンプ。

中3 以上は今日から期末テスト。

毎日、学校内を巡回します。今日はテスト。
学校の全体が一学期をまとめようとしています。
こうして、時間の流れの中で、学び、一人一人が自分を見つめ、友達とふれあい、成長し、夏休みを迎えます。

午後は昨日の続き、小学校訪問に出かけました。今日は7校。
昨日の訪問の結果を考え、整理し、ポイントをまとめ、清和学園を紹介してきました。
清和を必要としている生徒が送られてきますように・・と祈ります。

1

2013/7/9

7月8日 学校訪問  

今日は小学校訪問日。
1年に2度、学校訪問をします。

夏休み、7月25日(木)の「Kid's English Day」の案内と同時に、清和学園の特徴を紹介し、その特徴にあった生徒がいたら、「清和学園に送って下さい。」・・つまり、学校紹介を通しての生徒募集訪問です。

今日はYさんにドライブを手伝って貰って、8校を訪問。
もう、50年も前のことですが、S製薬会社のプロパー(営業マン)として働いていた頃のことを思い出しました。

説明を繰り返しながら、思い出しました。
1 相手が聞きたい話をする。・・英語プログラムの紹介。
2 聞いて、意外な話をする。・・少人数だからこそ行き届き、キリスト教主義有名大学に推薦できる。
3 自分を覚えてもらう。・・ハワイの高知城・マキキで30年近く牧師であったこと。

今年の春、岸和田で昔のお得意先が懐かしいといって家に呼び、コーヒーを出してくださった・・50年間、覚えて貰える・・そんな出会い作りが出来るとうれしい・・と思いながら、明日も訪問に出かけます。
2

2013/7/7

7月7日 歩いていける暮らし・・・   

今日は、「高知クリスチャンセンター」にての礼拝
クリックすると元のサイズで表示します
歩いていける教会、でも朝から暑い。亀も道端の川で甲羅干し。

クリックすると元のサイズで表示します
今朝ここに決めたのは、福江先生がFace Bookに載せておられた「今日の礼拝案内」
福音のためなら・・とのスピリットはうれしい。

午後は中川良介さんの属している「バッハを歌う会」(正式名はあるのですが・・)による「小さな音楽会」に、これも二人で歩いて行く。
クリックすると元のサイズで表示します
満席の教会堂にて、日ごろの練習の成果を披露して下さる。
昨日は美術館、今日は音楽会・・これはかなり文化度の高い生活をしているぞ・・。

いよいよ期末テストです。
2

2013/7/7

7月6日 Happy Birthday!  

今日は康子の誕生日でした。

先ずは
クリックすると元のサイズで表示します
「ルアナと楽しい仲間達」のフラ大会(午後の部)に出かける。
ステージは撮影禁止でお見せできないのは残念・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
西は宿毛から東は室戸まで高知全域、参加チームは午前・午後で26.メンバーの数はきっと500人を越えている。これだけの人が一つになり、楽しみ、踊る・・感動。お母さんと一緒に喜び踊る少女、10年以上踊っている80歳を越えた仲間の表彰式もうれしい。

音楽は後半を「ヒロハワイアンズ」の生演奏。結成47年とか、今までマキキが訪ねた時にも何度かハワイアンミュージックで歓迎して下さり、何度もマキキを訪ねて下さったバンドである。

午後の部で2時間、中だるみも無く、最後まで楽しませてもらえたのは全体をフラファミリーとしてまとめておられるルアナさんのお人柄の温かさ。

続いては、お隣の美術館で今日から始まった「フェルメール・光の王国展」

クリックすると元のサイズで表示します
滅多に夫婦で美術館などに来ないので、良い誕生日をすることが出来ました。

これで高知では2度目の誕生日。色々な方の覚えていただきながら、何度高知で祝うことになるかしら・・・
クリックすると元のサイズで表示します
ロウソク一本、18年・・

ゆっくり、楽しませて頂けた誕生日、ああ、感謝、感謝!
3

2013/7/6

7月5日 今年もまた・・・  

今日は雨は止みました。
今年もまた蒸し暑さが始まり、教室にもエアコンが入りました。
しかし、気がつくと
クリックすると元のサイズで表示します
今年もまた、稲が穂をつけていました。
クリックすると元のサイズで表示します
梅雨明けの予報すら出ていないのに、稲はせっせと成長し、今年も早や穂をつけています。ここ、南国市では夏の終わりには稲刈りです。


今年もまた、高知大学医学部からお声がかかりました。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
二人の医学生はマキキを知っており、わたし達のファミリードクター、Dr, Tokeshiも良く知っていました。楽しい雰囲気の中でしたが、証のときとなればと思い、3つのポイントを話しました。
@ 出会いを大切にする。今日の出会いは100年以上も前に高知からハワイにわたった奥村多喜衛牧師から始まっていること。
A アメリカの「ファミリードクターの制度」と日本人の「大病院嗜好と医療保険制度」の違い。
B 医療と信仰の協力のあり方。「危篤状態の患者を牧師が訪ねるとどう思いますか」との質問に二人が「必要なことで、助けになる」と答えたのに対し、日本側は「まだその領域はこれからですね」・・とのことでした。
クリックすると元のサイズで表示します

どこからお声がかかっても、清和学園の紹介とクリスチャンの喜びを紹介できるのであれば、どこへでも出かけます。

・・そんな積りで、「では来年もまた・・」とお別れしてきました。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ