2014/1/19

1月19日 奥村家の墓を訪ねて  

今朝、礼拝は高知グレースチャペル、佐伯先生のところで捧げる。
クリックすると元のサイズで表示します
ここで礼拝をすると、岸和田時代の最初の開拓伝道を思い出す。借家をし、朝から岸和田で礼拝を守り、午後2時からの礼拝だった。畳の部屋の障子を取り払い、夏の暑い時はエアコンがきかず、礼拝が終わると窓を開け放ち、氷のカチ割りの入った水を皆で飲んだ。冷たく、うまかった。

佐伯先生の所との違いは、コンピューターが入り、賛美はギター、ドラム、キーボードでリードされ、プロジェクターで歌詞やメッセージのアウトラインなどはスクリーンに映し出される。さらに、ビデオでもうひとつの越智教会へと送られている。

やがて、「今」は大変だった思い出として語られる時が来るだろうと思うと楽しくなる。主よ、祝福してください。

礼拝後、土佐教会の新年餅つきフェローシップに飛び込み、お雑煮、あん餅などをいただく。美味しく、マキキ教会を思い出す。

その後、フサさんと共に、筆山にある奥村家の墓を訪ねる。
クリックすると元のサイズで表示します
以前、奥村牧師が日本で亡くした次男、三男、四男のお骨をホノルルに埋葬するために、お墓を開き、拾ったことがあるが、今はその時よりも荒れている。お世話をしておられた宏さんが亡くなったからだ。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
奥村又十郎は奥村牧師の父上、山内容堂に仕えていた第十一代頭首であった。
クリックすると元のサイズで表示します
奥村家の墓所は鏡川の向こうにお城が見える良いところにある、武家の墓所の中にあるが、「このままでは荒れてしまう。何とかしなければならないね。」と話す。

この人達がいたお蔭で、今。私がここにいる・・と考えることは人のつながりの中に働かれる神様を思うことができ、また、自分のあとにつつく人にまで、思いをつなぐことができて嬉しい。

家に帰ると、藤浪先生のお父様が亡くなったとのメール。
跡取り息子として期待していた藤波先生が洗礼を受けた時以来、何度、お話をしたことだろう。アメリカ留学中に献身をし、帰国後、再び、マキキ聖城キリスト教会へ迎えた時、結婚式の日、健康を崩されて、その都度その都度おはなしさせていただいた。最後はこの元旦、お訪ねした時、弱っておられると聞いていたのに、満面の笑み出迎え、律儀にベッドに座ろうとしてくださった。

今は、主の約束通り、天国にて永遠の祝福に迎えられ、想像もしていなかった素晴らしさに、神様を賛美し、信仰の家族であることを喜んでおられる。いつの日か、再会し、今度はゆっくりお話させていただこう。約束を思いながら主のみ手に藤浪さんをお委ねする。

「見よ。神の幕屋が人とともにある。神は彼らとともに住み、彼らはその民となる。また、神ご自身が彼らとともにおられて、彼らの目の涙をすっかりぬぐい取ってくださる。もはや死もなく、悲しみ、叫び、苦しみもない。なぜなら、以前のものが、もはや過ぎ去ったからである。」 (黙示録 21:3-4)


6

2014/1/19

1月18日 今日はドライブを  

今日は良い天気。久しぶりにドライブに出かける。行先は馬路村。

東に向かってはよく走り、安芸方面へ来ると必ず寄るところが2箇所ある。
クリックすると元のサイズで表示します
新鮮な魚なら、ここ・・という魚屋さんT商店。
クリックすると元のサイズで表示します
聞いてはいたが、「夕方とれ」とはまだ一日たってはいないが、「とれたて」という札にはビックリ。

来るたびにまとめ買いをするので「変なお客」と覚えてくれ、帰りに取りによるからと頼んで次の店は天ぷら屋さん。

ここも、揚げたてぬくぬくを食べてみなさい・・と出してくれる。平天を3種類10まいづつ。弁当のおかずである。1まいづつ、手作りの天ぷらは美味しい。(康子、ここでつまづき転倒)

馬路村は安芸からなお、約1時間。途中村役場によって道を聞くと親切に外まで出てきて道案内をしてくださる。それだけではない。「これをどうぞ」と「ゴックン馬路村」というゆずジュースのプレゼント。

クリックすると元のサイズで表示します
教えてもらった馬路温泉で、お昼を食べ、温泉に入り、「ゴックン馬路村」の工場見学。お休みだったけれど、ここでも「ゴックン馬路村」を頂いてご機嫌。

帰り道、魚を取りにより、芸西にて京子さんを見舞い、家に着くともう5時だった。

嬉しい知らせが二つ届いた。
「1981年の洗礼を受けた時以来、訪ね続けてくださった父が岸田牧師の訪問を受けて、イエス様を信じると言ってくれました。」とホノルルの藤波先生からのメールあり。元旦に岸和田でお訪ねした時に喜んでくださったの笑顔を思い出しつつ、感謝を捧げる。

CAの息子堅建よりの電話。「迫ってくる山火事のために避難命令が出ていた忍達は、命令が解除され、ぶじ家に帰れたよ。」これまた、感謝である。

ゆっくり、くつろぎの一日に合わせて、ああ、感謝、感謝。

あすの日曜日を終えると、いよいよ高校入試である。主の導きを求め、祈る。お祈りください。
4

2014/1/18

1月17日 本番の日  

今日はマラソン本番の日。少し風があるがよく晴れてマラソン日和。まずは、高校生たちがスタート!
クリックすると元のサイズで表示します
ピストルでの合図は校長の仕事・・・ところが不発だがそのままスタート。なんとも締まりがない。高校生達は40分を切り、
クリックすると元のサイズで表示します
中学生達は33分台でゴールイン!

次々とゴールし
クリックすると元のサイズで表示します
準備された生姜湯、ゆず湯でほっと一息・・・
クリックすると元のサイズで表示します


やがて表彰式・・
クリックすると元のサイズで表示します
中学生、上位5名・・
クリックすると元のサイズで表示します
高校生、上位10名・・

入賞も素晴らしいが、全員が完走したことがうれしい。みんな夫々の戦いを超えてゴールした。8.2km。6.3km・・中にはみんなと一緒には走れない生徒もいた。しかし、これが最後のマラソンだと言ってみんなより一足先にスタート、そして、走った。完走したあとゴールに倒れこんで泣いた。よくやったと駆け寄った先生もともに泣いた。「この足で・・よくも最後まで・・・」走れない生徒もいた。彼女たちはそれぞれの距離を選んで歩いた。

苦しい経験を通る時、思い出せ!清和で走った!ゴールはそこだ!そして、伴奏者はイエス様・・

いつになく、みんなの顔が輝いて見える嬉しい一日でした。
5

2014/1/16

1月16日 新しい試み  

いよいよ明日、マラソン大会。今朝は最後の練習です。一週間の練習で学校の外周を2回走るのも早くなりました。私はもっぱら早歩き。
クリックすると元のサイズで表示します
早歩きでも早くなり、15分以内に走るところを15分30秒。風もなく、空も晴れ渡り気持ち良い練習でした。

一日の授業も終わった頃、東館で集まっているグループがありました。
クリックすると元のサイズで表示します
今年から始まる高校生の春季ハワイ研修。ハワイのマキキ聖城キリスト教会を訪ね、クリスチャン・カルチャーに触れて新しい世界を見つけ、羽ばたいて欲しい。

今日はマキキ聖城キリスト教会についての紹介と調べてくる資料が手渡され、その後は英会話の練習。
クリックすると元のサイズで表示します
新しい試みが始まります。チャレンジに応えて生徒たちが成長します。楽しみです。
3

2014/1/16

1月15日   

昨日のブログを読み直して、もっと忙しかったはずなのにと考えてみると・・・ありました。

午前中に、県庁で尾崎県知事にお会いし、私学連盟としてのご挨拶、陳情に出かけました。尾崎知事自身高知の私学を卒業されたとかで、「公立も私立も・・」を基本に考えているので、ご心配なく・・と気持ちの良いご返事をいただき、昼過ぎに学校に戻りました・・これが抜けていたのです。

さて、本日はチャペルに瀬戸キリスト教会の徳安先生。声がはっきりしているので聴きやすい。100匹の羊の中から1匹がいなくなったら、99匹を野原に残して、いなくなった一匹を探す。。神様はそのようなお方。私たちは誰も「ひとりかくれんぼ」をしなくっても良い。

「ひとりかくれんぼ」という初めて聞いた表現に、見つけに来てくださる神様のおられる嬉しさを感じて、感謝しました。

職員会議では、もう卒業式の打ち合わせ、3学期は心休まる時がない学期のようです。祈り深く過ごしたいものです。
2

2014/1/14

1月14日 長〜い一日  

今朝、一台早い電車で出勤。
クリックすると元のサイズで表示します

朝のチャペルでのメッセージ。

続いて、今朝は準備のランニング。午後、マラソンの試走。17日の本番に備えて、コースを走る。
クリックすると元のサイズで表示します
高校生8.2kmを39分10秒、中学生6.3kmを35.13秒。さすがに日頃の訓練がものを言い、運動部員が上位を占める。

東館では、同窓会コーラス・白百合の初練習。しかし、今日は年初め。
クリックすると元のサイズで表示します
新年会は日頃、見せない隠し芸が飛び出て盛り上がったそうな。

放課後、今年初めのJoyClub。後登先生のメッセージは「神様はケチなお方ではない。いい加減な私をここまで導いてくださいました。皆さんにも神様はどんなことをしてくださるか・・信じ、期待してみてください。」

神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。( ロマ 8:28 )

大急ぎで、土電に乗り、「新老人の会」世話人会に出席。
日野原重明先生の主宰される集まりで、高知県下に「次世代を育てつつ、豊かに輝き生きるシニアライフ」の創造を・・と地元高知で活躍された方々が集まる。教会の中ばかりに交わりが限られやすい私にとっては、新鮮で、証ができる交わりの場だ。
クリックすると元のサイズで表示します
今年は10月24日(金)に日野原重明先生をお迎えし、フォーラムを開催する。その準備を始める相談である。

会場は城西館、今年、創業140年を祝うとか・・。何と私たちが新婚旅行に来て泊まった宿である。それ以来50年、今年1月3日、桂浜を二人で歩きながら金婚式を迎えた思いを分かち合ったことである。それを皆さんに話すと、「やっぱり神様の導きですね・・。」 アーメン(その通り)!

家に帰るともう9時を回っていました。忙しい一日でしたが、何となく華やいだ気持ちで、10時半、急いで最後のプログラムのプールへ行きました。 
ああ、今日も一日、ああ、感謝、感謝!
3

2014/1/13

1月13日 更にもう一歩  

今朝の高知新聞に書評が出た。

高知大講師 中川芙佐さん刊行 田野町出身の「奧村多喜衛」
クリックすると元のサイズで表示します


書評にはこのようにある。
「奥村は土佐藩士の家に生まれ、1894(明治27)年ハワイに渡った。現地に設立したマキキ聖城キリスト教会の建物は高知城を模しており、今も日米交流の拠点となっている。」

神に向かって生涯を捧げて生きることの素晴らしさは、「明治27年」が「今」につながっており、「私に」つながり、又、私が奥村に倣って生きるとき、「これから」へとつながり、奥村が残した生き方の素晴らしさと輝きがこれからへと広がることです。 

今年、3月には清和学園からも毎年の土佐塾に加わり、マキキ聖城キリスト教会を訪問します。交流の拠点としてのマキキの皆さんとの交流を通して高校生たちは高知の出身者奧村に触れ、彼らの人生にも何かが届きます。

聖書の約束を思い出します。
「あなたのパンを水の上に投げよ。ずっと後の日になって、あなたはそれを見いだそう。」(伝道者の書 11:1)

この本が、多くの人に読まれ、読んでださる方の人生に嬉しい元気が生まれますように。
5

2014/1/13

1月12日 神様ネットは楽しい!  

今日は夫婦別礼拝。

私は瀬戸キリスト教会。清和学園のために祈りサポートしてくださる教会。かつて清和学園の理事長をしておられた楢本牧師も出席。礼拝を終えて帰ろうとすると楢本先生自身もこられ、今週水曜には徳安牧師がチャペルメッセージをして下さる。

教会と清和学園を支える神様ネット。

康子は土佐教会。そこで初めて出会いあいさつすると、初めてではあるけれど、ecを通して摂はとてもよく知っているとのことだ。
クリックすると元のサイズで表示します
世代を越えての神様ネット

お昼を一緒にした後、前田先生のお母さんを五台山を案内する。
クリックすると元のサイズで表示します
話していると、私たちが訪ねると泊めて頂くシアトルの熊井宣教師をよくご存知とのこと。もっと驚いたのは、息子さんが大阪の石橋教会に出席しておられる。そのきっかけが酒井さん。酒井ファミリーとはそのご両親の結婚以前から親しくしている!栃木と大阪の距離を越え、まさかのつながり。

それが今、ここ、高知で明らかになる、まさに不思議な神様ネットを楽しめた日曜日でした。
1

2014/1/12

1月11日 一日それぞれ・・  

今日土曜日は当直。

寒さの厳しい中、学校へ。小学生用の公開英語クラスが開かれたり、バドミントン部やバトン部が練習に励んでいる。腰の痛みは徐々に薄らぎ、これならもう大丈夫・・のようである。

昼、帰宅。康子は腹話術クラスの新年会。ハワイで三橋先生の奥様とともに教えてもらっていた同じ春風みやこ先生がここ、高知でもクラスを持っておられ、早速仲間入り。
クリックすると元のサイズで表示します
お話が聞こえないのが残念。

康子一人参加のプログラムです。今年もよろしく・・
クリックすると元のサイズで表示します


さあ、明日は日曜日、今年も清和学園の校長としての教会訪問が続きます。では、良い日曜日をお迎えください。
2

2014/1/11

1月10日 助かりました。  

昨日のマッサージのおかげで、今日も一日無事に終わりました。
夕方、康子からの電話で「腰はどう?イオンにいるから迎えに回るわ。」「ありがとう」

鍵をかけて学校を出ると「腰痛いでしょ。私が運転するから。。」
ところが・・・ラッシュに巻き込まれ、車が進まない。
「南国バイパスを通ればよかったのに」「どうして言ってくれなかったの?」・・・無言。
「左に車線変更しようかしら」「もう少し行くと右のほうが早くなるよ」・・・右レーンに留まる。左側がどんどん進む・・
「やっぱり変えておけばよかった、でももう遅いわ・・」・・・無言。
「イオンからもう直接帰っておけばよかったね。」「するとあなたも電車で帰れたのにね・・」

折角の愛の配慮がちょっとした問題で簡単に摩擦の材料となる・・・「まずい」と思いながら止まらない。お腹がすいているときは、特に注意!!

「クラスは7時からなら、まだ食べて行けるよ。送っていくから。」(方向転換の決め手のことば) 
ゆっくり食事を済ませ、手話教室まで送る。クラス開始3分前に無事到着。

クラスから帰宅後、共にプールを楽しみ、良い夕べを過ごしました。
めでたし、めでたし・・
5

2014/1/9

1月9日 身の程をわきまえる・・  

今日は全校マラソン練習第二日目

天気予報より寒くなく、雨も上がって学校の周囲を2周、走る。時間制限は15分以内。昨日のTV番組で見たとおり、姿勢を正し、前傾姿勢をとってみる。なかなか調子は良い。生徒に混じり走る。
クリックすると元のサイズで表示します
去年に比べると少し楽なような気がする。いや、していた。

やがて昼過ぎになると、スムーズに立てない、腰が痛い。ジワーッと痛くなり始めたのだから、ぎっくり腰でもないが・・・

先程までは、TVで見た通りしたことや、プールの中で歩いていることが今日、楽に走れた原因と考えていたのが、今では、それらすべてが痛みの原因と考え始めるから、人の思いはいい加減なものだ。

結局、康子が日頃お世話になっているS先生のところへ夜駆け込み、手当を受ける。1時間、マッサージすることで循環を良くし、体全体に蓄積されている老廃物を排除する・・所によってはうなり、身をよじるほど痛い。「ここです。溜まっているのですね・・」やがて、1時間。完全ではないにしても、90%。「これで明日学校に行けます。」

助かりました。ご心配いただいた皆さん、ありがとうございました。
年の初めから、みなさんのお心配りに感謝したことでした。  ああ、感謝、感謝!
4

2014/1/8

1月8日 目覚ましスタート!  

本日、始業式。

清和学園の凄いところは始業式の前にいきなりマラソントレーニング。そのあと、大掃除を済ませて、気持ちを切り替え始業式。

正月気分も吹っ飛んでのスタートです。マラソン大会は来週金曜日、それまで練習は続きます。もう一つ、清和のスゴイところはマラソンの距離、女子高なのに8.2km。こんな長距離、ほとんどの生徒は一生走ることのない距離です。

クリックすると元のサイズで表示します
ところがあいにく今日は雨、練習は体育館。右回り8分、左回り8分。16分ランニングは明日からの練習と大会本番のよい準備となりました。

こうして、3学期は目覚ましスタート、良い仕上げの時となりますようにお祈りください。

走っていたため写真は撮れず、これは走り終わった時のもの。本当はもう少し元気良く走っていました。明日からは、北極からの寒気が入ってくるとか・・、どうなることやら・・。
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ