2015/2/28

2月28日 くつろぎの一日  

今日も、学校に出はしましたが・・・

久しぶりにくつろぎを楽しめた一日でした。
クリックすると元のサイズで表示します
毎度曜日にひらかれている土曜市に2年ぶりくらいで康子のお付き合い。屋台のような出見せの間を歩くと何だかお祭り気分のようになり、又、自宅で栽培しているオーガニックの野菜や商品を並べて、欲しい人と分け合っていると言う、何となくお祭りを仲間で楽しんでいるような雰囲気が康子の財布の紐を緩めさせるようで・・・

クリックすると元のサイズで表示します
徳島の山奥方来たと言うお兄さんは千葉から移住して5年、「炭焼き、わなで鹿を捕らえるなど80歳を越えるような皆さんから、今教えて貰っているんです。」と言う。
この玄米モチは母ちゃんと夕べ二人でついたもの・・と炭火で焼き、ミソをつけて「どうぞ」・・おいしい!!

クリックすると元のサイズで表示します
誰とでもその場で友達になれる康子は「今日は主人ときましたよ」と紹介されながら、毎度曜日にひらかれている土曜市に2年ぶりくらいで康子のお付き合い。

芸西にKさんをお見舞い・・

途中、芋天のおいしい店を思い出して、寄り道。これ程遠かったのか・・と思うくらい走り、こんなに走ったのだからと、走った距離に見合うだけ買うと買いすぎとなり、熱い間にとパクつき、それがお昼となってしまう。

クリックすると元のサイズで表示します
車で走っている間にもう田んぼに水がはってありました。もう田植えの準備です。流石は南国市!!

Kさんは部屋が変わっていましたが、めがねをかけて、お話をし、お祈りをし・・・

少し時間の余裕があったので・・行った所は「100円均一」ショップ。

1:00pm 清和PTA講演会「ただしく恐れようインターネット」Greeからの講師がラインなどSNSと呼ばれている、言うならば「インターネット伝言板」の使い方についてのお話し

「自宅の玄関表に張り出したら困るようなものは物はネットに上げないことですね。」「なるほど!」

3:00pm 高知の難病にかかった人・その家庭を励ます会の講演会に'参加

クリックすると元のサイズで表示します
その会長として励まし、ボランティアとしてお世話しておられる方がTさん、清和の卒業生。うれしいことです。

5:00pm 家に着き、一息入れて水泳・・・

まだ、今日は10時になっていないね・・・

本当にくつろぎの一日を・・ああ、感謝、感謝!! と感謝しました。
4

2015/2/28

2月27日 今学年最後の授業  

今日、私の授業「聖書」は全て終わり、後はテストだけとなりました。

テストは生徒のためだけでなく、一年間、目標としてきた聖書と聖書を信じる素晴らしさがどれだけ生徒に届いたか・・教えた先生のテストです・・ドキドキ!

中一のクラスを終えた時、生徒たちがいつになくキチット机の横に立ちあいさつをしました。「一年間、教えて頂いてありがとうございました。」

先生一年生はこの一年を通して本当に沢山のことを学びました。その一つは、学校(授業)は種蒔、まかれた種の成長と実りを見る畑は生徒の人生、生涯を通じてのこと。愛と誠実さをもって行い、急がず、あせらない・・。

伝道者の書 11:1-6
11:1 あなたのパンを水の上に投げよ。ずっと後の日になって、あなたはそれを見いだそう。
11:4 風を警戒している人は種を蒔かない。雲を見ている者は刈り入れをしない。
11:5 あなたは妊婦の胎内の骨々のことと同様、風の道がどのようなものかを知らない。そのように、あなたはいっさいを行なわれる神のみわざを知らない。
11:6 朝のうちにあなたの種を蒔け。夕方も手を放してはいけない。あなたは、あれか、これか、どこで成功するのか、知らないからだ。二つとも同じようにうまくいくかもわからない。

一年をまとめ、新学年に備えるために先生方全員と個人面談中。
忙しさ故か、又、校長と教員という隔ての故か、日頃、なかなか座って話す機会がない私にとって、ひとりひとりの向き合い、話せるときは息吹き返すうれしい時・・今日はかなり、息を吹き返しました。

ああ、感謝、感謝。
2

2015/2/26

2月27日 マキキからのお客様  

試験発表があり、放課後はあわただしい。

そんな中でマキキからのお客様・・
クリックすると元のサイズで表示します
私が牧師であったマキキから派遣された第1回アンバサダーのメンバーのジョーダンが清和の校長室である私の部屋へ。

後一月でマキキを訪問するメンバーに会い、
クリックすると元のサイズで表示します
マキキで又会いましょう。待っています・・とのメッセージ。
試験が終わればハワイです!!

学校が終わると、小川ご夫妻の待っていてくださる夕食会。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
ボリュームたっぷりの和食で、大満足でした。

今年。6月にマキキが派遣するアンバサダーの引率はジョーダンのお母さんAmyさんと中川新也さんの楽しみの顔ぶれ。
クリックすると元のサイズで表示します
10年という時の流れの中で見せていただいた神様のみ業。
その中に私もいる・・・そして、あなたも・・・

ああ、感謝、感謝!

1

2015/2/25

2月25日 摂、帰る。  

朝、起きると摂は既に起きており、わたしのPCのセットアップ中。どうも時差ボケで、夜中におきだしたものらしい。「古いパソコンのものを全部、新しい方へ移して置くからね。」

夜、仕事を終えて家に帰る。PCが机の上においてあった。「摂が電話してって、言って出かけたわよ。」どうも様子から見て、時間切れで出かけたようである。
クリックすると元のサイズで表示します

いつも、目一杯、ギリギリ、カツカツ・・120%で走っている。80%で走るようにと言ってはいるが・・・である。そこで、指示通りに電話すると・・・

電話の向こうで「父さん、時間足りなくて古いほうのデータなどを移せなかった。来週の月曜日にでも電話して。スカイプ見ながら、どうするか言うから・・・それでいい?」

まるで、すべてが計画通りで、落ち着いたもの。

うまく収まる計画ではなく、収まらなかった時に合わせた計画・・・だから、出来ていなくても、大丈夫。

こうしていつもの竜巻のように高知から消えてしまいました。 

アローハ & ガンバレ!!
2

2015/2/25

2月24日 娘と共に・・  

今日は娘と共に、家族で主に仕えることを楽しみ、感謝しました。
クリックすると元のサイズで表示します

清和学園での朝のチャペルで私の司会で摂がメッセージをしました。

心を尽くして主に拠り頼め。自分の悟りにたよるな。
あなたの行く所どこにおいても、主を認めよ。
そうすれば、主はあなたの道をまっすぐにされる。 ( 箴 3:5-6 )

アーメン!

クリックすると元のサイズで表示します
(写真 by 母さん)

チャペルの後で・・
クリックすると元のサイズで表示します
宗教主任の中山先生ご夫妻と共に主のみ業を喜び・・将に、チャペルのメッセージのみことば通りを喜びました。

校長室で昨年秋に私たちの母教会・岸和田聖書教会の牧師に就任した本屋敷ご夫妻と共に主の導きを数え、
クリックすると元のサイズで表示します
その不思議を賛美し、清和学園のために祈ってもらいました。

夜は、月1回の「聖書を開く会」@中川亭
今夜は摂が来ると言うことで、説を知っている人たちがその友達と共に集まり・・

クリックすると元のサイズで表示します
その数23名!

その顔ぶれを見て
クリックすると元のサイズで表示します
準備してきたものを全く入れ替えるのは、jCFN奉仕20年のベテランぶり!
「視点を変えてみると違ったものが見え始める」ともっとも基本的な伝道メッセージ。大笑いしながら、知らない間に引き込まれ、考える・・。

最後はいつものようにふささんの手作りケーキで
クリックすると元のサイズで表示します
交わりを楽しみ、感謝しました。

夫婦で、そして、更に、家族で主に仕えるうれしさを味わった一日でした。
ああ、感謝、感謝!
5

2015/2/24

2月23日 神様のみ手が働くと・・  

朝、チャペルが始まる前に山を見る・・・と
クリックすると元のサイズで表示します
春の徴なのか、山の低いところに雲が棚引いており、不思議な光景。春に兆しかもしれません。

夜、岸和田からのお客様。
クリックすると元のサイズで表示します
去年の秋に私たちの母教会、岸和田聖書教会の牧師として迎えられた本屋敷先生ご夫妻。摂に遭いたくて4時間余り車で走ってきたという。

以前お会いしたのはニューヨーク、娘とはカルフォルニア、そんなお互いがいま、ここ高知であっている。考えられないことが起こっている。

本当に面白いことが起こる。明日は、摂が清和学園でチャペルでメッセージ。楽しみである。
2

2015/2/22

2月22日 娘のメッセージに恵まれて・・  

今日は土佐教会で礼拝を守る。娘・摂のメッセージ。

クリックすると元のサイズで表示します

礼拝で娘のメッセージをここ高知で聴く・・不思議・・・

カナンの女の娘の癒し(マタイ15:21-28)を通して気付かされること。

カナンの女を追い返そうとする弟子たちの姿に、クリスチャンとして大切にすべきは何かを考えさせられ、又、無視され、拒絶されながら尚、イエスに期待するカナンの女の姿に、大切なことは状況に絶望するのではなく、自分自身に絶望すること。その時、キリストの愛と力を拝することが出来る。

この物語を通して、イエスはこの婦人の全てをご存知の上で、無条件、無限大の愛で愛していて下さる・・・ことを知る。

家に帰り摂、曰く。「良かったです・と褒められたわ。」「良かったね。」「私の声が良く聞こえたんだって!」「そう、それは良かったねえ・・」

さあ、いよいよ2月も最後の週です。
良い仕上げと、良いスタート準備が出来ますように。


3

2015/2/21

2月21日 とうとう・・・  

とうとう今日は佐川の栗田さんを訪ねる。

栗田さんは「奥村多喜衛展」(5月9日〜6月28日 @自由民権記念館)に展示するためのマキキ聖城キリスト教会の1/33の正確な模型を作っていて下さる。
クリックすると元のサイズで表示します
大きいので部屋の中では仕事が出来ず、仕事場は戸外。気温は0℃・・とのこと。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
図面はハワイ大学から取り寄せて貰った建築用の実物コピー。それを1/33に計算して正確に作成中。図面とビデオ、写真とを比べて見るがどうも分からないところがあるというので、実際はどうかの説明にお訪ねした次第。

分からない筈で、ハワイの消防法のため高さ制限に合い、一階部分を大幅に変更している。細かな説明をして分っていただく。

とうとう・・夜の最終便で摂がカリフォルニアから到着。

何と土佐塾の土居先生が家族中で揃って摂を迎えにきてくださった。何とMCCのジョーダンも今日着いたと一緒に出迎えて下さる。
クリックすると元のサイズで表示します

空港の出口にあるのが・・・
クリックすると元のサイズで表示します
栗田作の高知城。さっき見せてもらたマキキ聖城キリスト教会もやがてこのように・・と楽しみ!

夕食はまだ・・とのことで、
クリックすると元のサイズで表示します

しかし、母さんは・・・
クリックすると元のサイズで表示します
「ひろめ市場」で唯一安心して食べることが出来るもの、インドカレーでございます。

とうとう娘もやってきました。
明日は土佐教会で、火曜日には朝、清和学園で、又、夜は中川宅でメッセージを届けます。
親子がともに働ける、それも神様の御用が出来るのはありがたいことである。
ああ、感謝、感謝!

2

2015/2/21

2月20日 後援会について  

高3が卒業し、テストが近づいて、何となく落ち着かず、一日が早く過ぎます。

夜、後援会。多くの方の支えられていることが分ります。

何よりも、多くの教会とそのメンバーの皆さんに祈りと献金を通して支えて頂いていることが清和学園の特徴だと良く分りました。

つまり、後援会の働きは経済的な支援活動が主な目的ですが、清和学園の場合は祈りとモラルサポートも忘れられない支援です。

高知では清和学園と教会がお互いに支えあってその働きをすすめると言うのが歴史の中で育てられてきた他では見られない伝統です。これからもいよいよその関係を通して両方が支えられて行くようにと願いました。

一週間が終わりました。お祈り、感謝!
1

2015/2/19

2月19日   

春が来たと思ったのに・・・
クリックすると元のサイズで表示します
学校から山を見ると冬山でした。

CGN-TVの収録日。学校外から近隣の先生方が二人、清和の宗教部の中山先生と私の二人。4人分を収録。

クリックすると元のサイズで表示します
いつものチャペルでの録画で、お話も生徒たちのしているお話を一般の傾けに話す。今日は「あなた方は世の光です」(マタイ5:14)と「主は私の羊飼い」(詩篇23編)のお話をする。

どちらも大切なポイントは知り、理解することは大切だが、理解で止まらず信じて従うこと。そこで光は輝き、羊は命を保ち生きる。理解だけではタタキがどこがうまいかを知るだけで、腹もふくれず、うまさも分からない・・・。

今日は今学期最初で最後のJoy Club. 
クリックすると元のサイズで表示します
美子さんとぷーさんのフラの筈が、レイ作りに変わっていた。生徒たちはレイ作りを楽しんで、「来学期に・・」とあいさつ。いよいよ来週からはテスト発表である。一年は早い・・と改めて思ったことでした。
3

2015/2/18

2月28日 何故か・・  

夜、気になることがあり、いつになく寝つきが悪い。

朝、「今何時?」と尋ねたつもり・・その内に、電気をつけておきだし身支度を始める。
「どうしたの、今まだ5時15分よ」「エッ、6時じゃないの!」

ウツウツしながら、6時を待つ。

もう一度、ひとつ、ひとつを委ねなおして一日を始める。

今日は職員会で来年度の行事検討会が開かれる。ひと月ごとに行事の確認をする。新しい取り組みが話し合われ組み込まれる。日程が確定できない行事は欄外に書き込まれ、来年の行事検討会の日取り、更に、4月の予定まで・・・どんな一年になるのか、ご存知の主に委ね、祈る。

検討会の始めに司会のI先生が開いた聖書のことば・・
「人の心には多くの計画がある。しかし主のはかりごとだけが成る。」( 箴言 19:21)

アーメン
3

2015/2/17

2月17日 暖かく春近し・・  

クリックすると元のサイズで表示します
朝、暖かさが満ちていました。

クリックすると元のサイズで表示します
高知県は果物の豊かなところ、一年中柑橘類はなくなりません。さすが本場の文旦の食べ方です。これを冷蔵庫で冷やしておいて一気に食べるのがツウの食べ方。これ、I先生の特技!

忙しい一日が終わり、
クリックすると元のサイズで表示します
今夜は「聖書に親しむ会」の最終日。

イエスキリストによる救いの素晴らしさを学びました。

「まことに、まことに、あなたがたに告げます。わたしのことばを聞いて、わたしを遣わした方を信じる者は、永遠のいのちを持ち、さばきに会うことがなく、死からいのちに移っているのです。」             ( ヨハネ 5:24)

クリックすると元のサイズで表示します
この交わりで励まされ、クリスマスに洗礼を受けたSさんのお祝いもしました。

クリックすると元のサイズで表示します
洗礼を受ける前は色々考え、疲れました。でも今は神様に従うこと第一。聖書を手引きにして悩まない。シンプルライフで安心です。

聞いている私たちのほうがホッとする気持ちの良いスタートでした。
2

2015/2/16

2月16日 キリスト教学校教育同盟関西地区聖書科研究会  

21015年2月16日

キリスト教学校教育同盟関西地区聖書科研究会

長い名前の「研究会」が清和で開かれました。関西地区の7校から16人の聖書科の先生方が集まり、チャペル、高校と中学の研究授業をしてくださいました。
クリックすると元のサイズで表示します

高2の研究事業
「この世は不公平だと思いませんか。」
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
こんなに大勢の先生方に取り囲まれて生徒のほうが緊張しました。でも、夫々とてもよく準備され、授業の中にマンガやクイズが出てきたり、紙芝居が出てきたり・・学ぶところの多い研修でした。

クリックすると元のサイズで表示します
講演「今、ここに立つ」を会場校の校長としてさせて頂く。教職員だけでなく、理事、評授業が 議員までがクリスチャンであることと言う「クリスチャンコード」を守る現実と将来についてそのチャレンジングな現実を話しました。

その後の自己紹介と懇談の席で二人の先生が自分達の学校では「校長」もクリスチャンでなくて良いことになった、「理事長」もクリスチャンでなくて良くなった・・これからミッションスクールとしてどう方向付けができるのかが心配・・とはなされました。

ミッションスクールとしての戦いは色々です。一学年16クラスというマンモス校の悩みもあり、クリスチャンの居ないミッションスクールの戦いなど・・そんな中で清和の戦いは厳しけれど、戦い甲斐のある戦いだと思ったことでした。

お祈り下さい。
2

2015/2/15

2月15日 神様のみ業  

「今日はどこで礼拝するの?竜馬マラソンがあるから自転車でいけるところがいいよ。」との勧めで自転車でいける範囲を考え、電話をかける。

「良かった。丁度今朝は西南学院の事務長さんが証しをして下さるから。同じミッションスクールだから神様の導きってあるのね・・」

そこで今日は、伊勢崎町バプテスト教会で礼拝を捧げる。
クリックすると元のサイズで表示します
Tさんの証し
「外資系の会社を早期リタイアして、牧師となる訓練を受けている途中で西南学院を手伝っているうちに、フルタイムで働くことに・・神様の導きは不思議です。」

西南学院と言えばハワイでもいくつかバプテスト教会があり、良い交わりをしていました・・と挨拶をする。神様の働きは色々な人を用いてどこにでも行き届くものと今朝ももう一度思わせられたことでした。

明日はキリスト教学校教育同盟の関西地区聖書科研究会が清和学園でひらかれます。チャペルでの礼拝に始まり、2時間の研究授業などに一日を過ごします。

豊かな一日となるようにお祈りください。
2

2015/2/14

2月14日 入学試験で思う  

今日は中学入学試験。

清和学園ではどんな日も礼拝で始まる。今日の入学試験も例外ではありません。

宗教主任の中山先生のメッセージ。「神は愛です。」
小学生からここ、清和中学に進学すれば今までとは違う友達、先生達との出会いの中での生活が始まります。新しい世界での生活を経験する・・それは皆さんの成長の大切なステップです。そして、ここ清和では今まで気付かなかった神様に愛されていることに気付く生活が始まります。・・

そのメッセージを聞きながら「アーメン」と思いました。

その礼拝で千葉から受験するOさんとお母さんの背中を見ながら思いました。

わたしが高校生のときに行った英語聖書クラスでOさんのおじいさんと出会い、おじいさんは牧師になったわたしから洗礼を受けました。日曜学校に来はじめたOさんのお父さんは康子のクラスの元気な生徒となりました。おじいさんとは次々と開拓伝道をして教会を建てるのに命がけで、「自分達の家はあきらめよう・・」と言い交わした信仰の同志でした。

その内、わたしがハワイのマキキ教会の牧師に迎えられた頃、おじいさんは家を建てていました。神様に従う・・とはこういうことかとお互いに喜びあったものでした。

その内、何年もしてOさんのお父さんは牧師となり、Oさんが生まれ、わたし達が丁度ハワイから戻り、出席した礼拝でOさんの献児式、おじいさんと共に喜びました。

そのおじいさんは何年かして、癌を得て天に召されました。

そして今日、Oさんが千葉から受験する清和でわたしが校長をしています。

主われを愛す 主は強ければ われ弱くとも 恐れはあらじ
・・・
御国の門を ひらきてわれを 招きたまえり 勇みて昇らん
わが主イエス わが主いえす
わが主イエス われを愛す

賛美しながら、天国のおじいさんを思い、その笑顔を思いながら、賛美しました。

本当に「神は愛です。」

うれしい入学試験でした。Oさんの入学も決まりました。
4月から遠く離れて、入学するOさんのためお祈りください。
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ