2015/9/18

(無題)  

明日は天気にな〜れ!

朝、グランドに出てみる。昨日雨で水をタップリのグランドである。
しかし、一日良く晴れ渡り・・

今は7時を回ろうとしているが、まだ明日の応援合戦の最後の調整に頑張る生徒達。特に、これが清和最後の高3は去りがたく電気を消した4回で尚作戦を立てている。

その横で「明日が楽しみ・・初めての体育大会だから・・」と1年生がいる。

今日は買って出た戸締り、夜中まで屋上で仮装行列の準備をしていた自分の高校時代を思い出すと「早く帰りよ」と言いながら、のんびり待っている。

どこか楽しい夕べでした。
3

2015/9/16

9月16日 小雨  

体育大会まで後3日。

朝から雨、でも、小雨・・良かった。
運動場には予行の時に張ったテントが置かれているから。
応援団練習も屋内からきこえる・・。

2学期は行事が目白押し。体育大会でホットしておれません。
後には学園祭、中間考査、修学旅行、パイプオルガン演奏会、・・・そして
12月19日(土)チャペルクリスマス・・

しんどいけどその一つ一つを通して成長します、

体育大会まで後3日!
2

2015/9/16

9月15日 気になること  

気になること

お天気・・今年は今週土曜日、19日は空模様は晴れのようである。毎年、雨の場合はどうするか・・と気をもみ、頭をひねる。しかし、今年はその心配はしなくって済みそうである。ああ、感謝、感謝。

昨日に続き、今日もチャペルでメッセージ。
イエス様に「ご家族が何かお話しがあって来られましたよ」と言ってきた所、イエスは「父の御心を行うものが私の兄弟、姉妹、又、母です。」と仰ったというのです。

日本も「家」を気にします。しかし、系図にこだわるイスラエルはもっと「家」を気にしたのでしょう。イエスの評判を聞き心配になった家族が「何かいいたくて」やってきたのです。その時イエスは「天におられる父の御心を行うものは誰でも私の兄弟、姉妹、また母なのです。」と仰いました。

神様の視点からものを見れば、こだわりも争いも、消えてしまうという意味でしょう。

丁度宇宙飛行士、油井亀美也さんが宇宙からメッセージを送りました。
「小さな地球で人々が争い、貴重で希少な水や大気を汚染するのは恥ずかしい。宇宙では国境も消え、パスポートも要りません。」

同じように、今、気になることも神様視点で見直せば消えてしまうことでしょう。

2

2015/9/14

(無題)  

穏やかな一日

朝、月曜日はチャペルの担当。

今日の箇所はどこから取り組めば中高生に届く話となるか・・・考える。

マタイ12:43−45 (一度聖書を開いてみてください)

悪霊を追い出すことが第一の目的ではなく、神の霊に満たされることこそが目的。

・・・・・・

無くすことに心使う以上に、用いてみたらどうだろう。
体育大会が苦手な人もいるだろう。
苦手だからと尻込みするのではなく、苦手なので助けて・・と言って見てはどうだろう。
助け合う喜びがクラスを一つにまとめることになるかもしれません。

考え方を少し変えて見ることで、ネガティブ材料がポジティブ材料に変わり、
あなただけでなく、クラス全体の喜びとなるかも知れません。

・・・・・・

チャペルから応援団の叫びが聞こえ、外に出てみると運動場から太鼓が響いてくる。体育大会は今週土曜日である。

そのほかは特別なことも無く、穏やかな一日。

ああ、感謝、感謝。
2

2015/9/13

9月13日 賛美があふれる  

今日、土佐教会で礼拝を守る。小田彰先生のメッセージ。

メッセージの題は「光は暗闇の中に輝いている」

世の中にも、人生にも、暗闇がある。しかし、光はこの暗闇の中で輝くもの。
そして、その光はイエス・キリスト。

礼拝後、賛美の時間を開く。
クリックすると元のサイズで表示します
小田先生の豊富な知識と軽妙な語り口で、讃美歌の説明を聞きながら、日頃歌っている讃美歌を味わいながら歌う。1時間と聞いて「そんなに長く歌うの・・」と思っていた時間が、気が付くともう過ぎていました。

光であるイエス・キリストを心に味わいながら歌うとき、歌う人たちは笑顔になり、歌声は明るく、また、大きく響く。

良い礼拝と賛美の時間を感謝した日曜でした。

ああ、感謝、感謝。
1

2015/9/13

9月12日 豊かな夕べ  

久しぶりの仕事のない土曜日。
今日も部活や英語教室を開いている先生方を思いつつ、
土佐教会で開かれる「チャペルコンサート」のゲスト、小田彰先生のお迎えに昼前空港へ。

もう30年も前になる出会いを手繰りながら、主の導きの不思議を思う。

夜「チャペルコンサート」@土佐教会

クリックすると元のサイズで表示します
女性アンサンブル・ファルベが歌い始めると礼拝堂が優しいハーモニーでいっぱいになり、圧倒される。
クリックすると元のサイズで表示します
続く、混声合唱団 パンジェも余裕のある演奏の豊かさにホレボレ。合唱コンクールで四国で1位。

クリックすると元のサイズで表示します
土佐女子・合唱団も高校生の部では全国レベルの実力校。すばらしい。

クリックすると元のサイズで表示します
最後は小田先生の指揮による有志による合唱「メサイヤ」より。仰先生も歌っておられた。


2時間近いコンサートとなりましたが、そのレベルの高さにうれしくなりました。今夜を第1回として、来年へとつなぐことができればいいな・・と感動の夜を味わいながら、夫婦して歩いて家に帰ったところでした。

豊かな一日を、、、ああ、感謝、感謝!

2

2015/9/11

9月11日 体育大会予行  

9.11・・・、東日本大震災・・・、そして、昨日今日の大洪水・・・

しかし・・・

クリックすると元のサイズで表示します
文字通り、空全体を探しても、雲一つない、体育大会予行日である。
クリックすると元のサイズで表示します
走り、
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
日頃めったにしない競技にもチャレンジ(要拡大)
クリックすると元のサイズで表示します
綱引きにはそこ力を発揮しました。

予行ではありましたが、黄と青の2チーム共、来週の本番に向けて、作戦も十分。

お疲れ様!

校長先生も疲れました。



2

2015/9/10

9月10日 体育大会近づく  

やっと秋!

朝目がさめ、五台山を見ると、今日は天気が良さそうだ。
ニュースでは豪雨の被害の模様が伝えられているが・・
クリックすると元のサイズで表示します


学校から北側を眺めると本当に久しぶりに山並みが見える。

クリックすると元のサイズで表示します

明日の体育大会の予行のために準備をする。
女子校パワーはこんな時に発揮される。

クリックすると元のサイズで表示します

毎年、テント張りはゲーム感覚、うまく合わない新しいもの、古いもの、支柱とカバーを合せていきます。

クリックすると元のサイズで表示します
明日は予行、青と黄の2チームに分かれ、女子校の底力を見せて戦います。

生徒達は体育大会を通して一回り成長します。

2

2015/9/9

9月9 いてて、いてて・・   

朝起きたとき足の裏が晴れているように感じた。
康子のマッサージをすると「足の裏が痛い、腎臓が悪いのかな・・」ということを思い出し、さてはどこか内臓でも悪いのが足の裏に現れたか・・と足の裏を抑えてみた。
2日前のことである。

その夕方、腫れは引かず、もっと悪くなったように感じた。

次の日の朝、歩こうと思うと、痛い!

これは、さては・・・!

内臓ではない、痛風だ!

痛み止めを飲む。毎食後である。しかし、痛みは消えない。むしろ悪くなり、歩くとき、びっこを引かなくてはならない。

とにかく痛い。これは確かに、痛風である。

余りに久しぶりなので油断していた。痛み止めを飲むタイミングが1日遅かった。

今朝、痛み止めを飲みながら、まだ足を引きづり気味で出勤。
昼頃、痛みが薄らぎ始める。
夕方、痛みが消えた。

痛みは消えると嘘みたい! 

夜、7月に受けた人間ドックの結果を見ようと封を切ると、出てきたのは…

「痛風を予防する、生活習慣の秘訣!」今一度、ゆっくり目を通す。

今夜は痛みは消えてゆっくり休める。

ああ、感謝、感謝!






3

2015/9/9

9月8日 学校は生きています。  

朝、清和学園学園前で降り、電車道を渡ると…
クリックすると元のサイズで表示します
清和学園を包むかのように大空が広がっています。

もう、すっかり秋。

今日は運動場に土が入り、運動会用のラインが敷かれ、いよいよ体育大会です。

かと思うと、午後、同窓会の合唱部「白百合コーラス」がきれいな賛美を響かせます。こちらはクリスマスに向けての練習です。

夫々のスピードに合わせて学校は動いています。
夫々の部分が自分に合った動きで学校は生きています。

ああ、感謝、感謝!
3

2015/9/7

9月7日 出前授業  

「18歳から投票権が与えられることになった。」

そこで今日は中学3年生の社会科の時間に出前授業。
次回から240万人の18歳から20歳までの若者が投票権を持つ。
それはちょうど四国4県の有権者の数にほぼ同じだそうだ。

投票権が法律で与えられても、即、投票するか、出来るかは別問題である。
準備が必要・・ということで今日の出前授業となった。
クリックすると元のサイズで表示します
  

今まで20歳であったの選挙権は18歳となった。成人の基準が下がったのか。しかしお酒、たばこは20歳、電車賃は12歳、結婚は女子は16歳、運転免許は・・・

何歳になれば大人なのか?
クリックすると元のサイズで表示します
TVカメラが2台入った中で話し合い、

夜9時前のニュースで流された。

ディスカッションもインタビューに答えるのも、場数を踏んで自己表現をする良い訓練の時となりました。
1

2015/9/6

9月6日 土砂降りの日曜日  

朝礼拝に向かう。

土砂降り!高知に引っ越してきたときに「高知の雨は下から降るきに・・」と言われていたのはこれだと思う降り方である。

香美教会に着いた頃は少し小降りになっており助かる。猛烈な雨のせいか、来会者がいつもより少ないとのこと。

礼拝が終わってから、お茶の時を持つ、清和の報告とお祈りのお願いしていると香美教会の課題が話題となる。

「若者がいないからどうしたら良いだろう・・」
「若者がいないと言わずに、年寄りがいる・・といったらどうでしょう。この頃、教会さんはなんだか賑やかですね。と噂が立つようになれば・・」
クリックすると元のサイズで表示します
話が盛り上がったところで「この続きは長老会で話しましょう・」との牧師の声でひと段落。この次の訪問が楽しみです。

学園祭にミニ奥村多喜衛展を開き、撤収作業の呼び出し。

3時に追手前高校に集合との奥村多喜衛協会からの招集、土砂降りも一息ついて、やれやれ。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
今回は、高知市内、田野町、追手前高校、そして、同志社大学にて12月〜2月開催、となります・・楽しみです。

久しぶりに家で机に向かい、落ち着きました。

さあ、明日から第2週目を迎えます。お祈りください。


3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ