2017/4/5

4月4日 まだ本調子とは言えず・・  

まだ本調子とは言えないのは私たち夫婦の風邪のことだけではありません。

桜の花も、未だ本調子とは言えません。

学校への道も
クリックすると元のサイズで表示します
裏庭にある早咲きの山桜は
クリックすると元のサイズで表示します
ひとり頑張っています。

学校の帰りに堀川の桜を見ると
クリックすると元のサイズで表示します
ここでもまだまだ本格的とは言えませんが・・・、
クリックすると元のサイズで表示します

既に、本格的な人々もいました。

そうです。ここは高知です。

夜「聖書を開く会」@中川亭

今夜は田村先生のリードで十戒の第一戒を学びました。

クリックすると元のサイズで表示します
今夜は間もなく転勤を前にしたTファミリーが赤ちゃんと参加、それも地下鉄テロがあったサンクトペテロスブルグへの転勤とのことで、祈りました。

ふささんのご主人を始め生まれたばかりのSちゃん、Aちゃんの3人分のバースデーケーキを
クリックすると元のサイズで表示します
みんなで頂きました。

うれしいことに、一つの教会でこのようなタイプの伝道的な集まりを始めてみようとのお話が生まれそうです。
クリックすると元のサイズで表示します
中川亭がホームベースのようになり、次々とイチゴのランナーのような枝が伸び、あちこちの広まり始める・・これが今年の目標です。

桜は4,5日もすれば満開です。

この聖書を開く会の交わりもあちこちで満開になりますように・・・。
3

2017/4/3

4月3日 もう一つの春休みの宿題  

大阪往復はさほどこたえたとは思はないけど、風邪はすっきりしてくれず、一日ゴロゴロ。

しかし、もう一つ春休みに片づけておかねばならぬ宿題がある。

内田先生に健康診断を受けておくこと。そこで内田脳神経科に出かける。

内田先生とは「新老人の会」でお世話になっている先生。本当に忙しい先生であるけれど、忙しさを感じさせない先生。ある時「私が新老人の会の御世話をさせてもらっているのは、日野原先生の生き方を見習いたいと思うからです。」と仰って、新老人の会の行事であれば県外までもバスを仕立てて出かけられる。

病院も患者の目線を大切に作られ、運営されているのを感じる・・待合にも人はたくさんいるが待ち時間はそれほど多くない。

「ないか不都合なことは」
「左足に違和感があり、右足のように動いていない」
「では、頭と腰のMRIを撮り、首周りの血管の超音波で検査しましょう・」

待ち時間を入れても小一時間で終わり、待合に戻るとすぐに名前が呼ばれ、結果を見ての診断を聞かせて下さる。

「年の割にはきれいなものです。」
「左足の違和感は?」
「ヘルニアが神経を圧迫する可能性は少しありますが心配はありません」
「どうすればよろしいのですか」
「適度の運動ですな」

ということで、検査完了。

年の割には・・とはよく言われることではあるが、マイペースの健康管理をしなければ・・と思う。

こうして春休みのもう一つの宿題も終わりました。

ああ、主に、感謝、感謝!
2

2017/4/3

4月3日 兄弟の交わりの豊かさ  

2017年4月1日
午前中、当直で学校へ。昼過ぎから車で岸和田へ向かう。
目的はこの3月小学校を卒業、4月から中学生になるK君のお祝いのため。今一つは、最近気弱な電話をしてこられるSさんを訪問、励ますため。

岸和田までどの道を走るか・・今日は徳島経由淡路を通過する高速を使う。一旦、道を選ぶと途中から変えられません。結局、到着は7時過ぎ。いつもより1時間ほど遅い。
クリックすると元のサイズで表示します
しかし、神様は憐み深く、私たちの方が今夜のレストラン、お馴染みの「餃子の王将」に到着、合流を果たす。

かつて、我が家が5人の子育てでキリキリ舞をしていた時、子供を家に呼び楽しませてくださった重松さんがご一緒でうれしい世代を超えての愛の順送り。うれしい食事を楽しみました。

2017年4月2日

昨晩、宿を借りたのは「貴族の館」(独身女性が一軒の家を共同生活している家のこと)何時でも、主が居なくても、何時でもOPEN。私たちの他にご主人が脳こうそくで倒れ、サンディエゴに帰るようになるまでの宿を貸している。こんなライフスタイルもあるんだ・・とその大胆な証の姿勢に励まされる。

朝から散髪に行く。1,700円早くて、小ざっぱり。これで新学期を迎えられる。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
礼拝後の愛餐会とお誕生会を開く。4月誕生の全員を紹介、近況報告を聞き、Happy Birthdayでお祝いをする。
クリックすると元のサイズで表示します
東教会からの電話で岡田嘉子さんが待って居てくださるとのことで、東教会へと引き帰えし、安否を問いあう。
クリックすると元のサイズで表示します
毎月2単位の輸血を受け、いのちが保たれているとのこと。かつて、岸和田で働いていたころ、共に、東教会をスタートさせるために、祈りあい、汗を流した信仰の同労者である。ご主人は先に天に凱旋、今は周りに支えられて、奇跡の日々を生かされている。

お茶をするなら私の家で・・と待っていて下さったYさん宅へ
クリックすると元のサイズで表示します
Yさんも貴族の館の予定されていたメンバーだが、数年前に教会の近くに家を新築、色々な交わりの場を提供中。

旅の話、家族のこと、教会のこと、どんな話題が出ても、それぞれがうれしい話題として受け止められ、結局、夕食までご馳走になり、フェリーの時間に合わせて出発。

岸和田―和歌山港 60分
フェリー    120分
徳島―高知   120分 計5時間

11:30pmには無事家に到着。

風邪気味の中の長距離ドライブだったので大変だったけれど、良い交わりと懐かしい友との再会で心は元気。

これで、春休みの宿題は無事終了。 

ああ、感謝、感謝!
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ