2019/11/30

11月30日 ドレスリハーサル  

今日、11月は終わり、

明日はアドベント!

信じられない程の速さでクリスマスを迎えます。

子供たちはいつも通りのマイペースで、

結構楽しみながら集まり、
クリックすると元のサイズで表示します
それぞれの衣装を着けて、

結構緊張しながら
クリックすると元のサイズで表示します
英語でセリフを語り、
クリックすると元のサイズで表示します
演技をし、

賛美も歌い、
クリックすると元のサイズで表示します
9月以来、英語の指導に当たってくださった先生方も

衣装を着けるとなかなかのもの‥と手ごたえを感じておられたようで、

これで、「CS生徒の英語による降誕劇」・・の幕開けとなりそうです。

ここまで来れて、

先生方ありがとうございます。

生徒の皆さん、あと一息!!

良きクリスマスを迎えられるように祈ります。
6

2019/11/29

11月29日 コンサート  

集会、メッセージ準備、打ち合わせ、訪問・・

どれも楽しい・・

しかし、今夜はコンサート

ひと時の休止符、


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


バイオリン、ピアノ & ソプラノのコンサート

ソプラノの響きは丸で楽器・・

軽妙な語りと

ピアノとバイオリンによるお馴染みの曲にくつろぎ、

アドベントへの良い備えの時を過ごす。


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


教会に戻るとまだ電気がついている・・

礼拝堂ではアドベントキャンドルのアレンジちゅう・・

明日土曜日には、CSの子供たちによる英語劇のドレスリハーサル、

楽しみ、楽しみ・・






3

2019/11/28

11月28日 冷や汗を思い出し・・  

岸和田で牧師として迎えられたのは1970年、

今も忘れられない冷や汗経験がある。

その一つ・・

Yさんのお葬式・・

会社の責任を持っておられたYさんのために、

密葬でさえ、礼拝堂には人が溢れ、

社葬では、市民会館に1000人もの人がYさんを見送った。

牧師となって間の無い私は何もかも唯一人で頑張った、

いや、頑張りすぎた・・

今なら、メンバーや牧師に頼んでゆとりのある式を出したことだろう。

経験の無さゆえの悲しさか・・


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


今日はそのYさん宅を訪ね、

Yさんの召天50周年記念に思い出を語る。

話題は「死に備える」・・

「主人は庭の桜をカメラに収めた翌日苦痛もなく召された。」

すべてを使い切って、枯れ木が倒れるようで、最後の言葉は

「頑張ってくれてありがとう・・」


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


95才を迎えたYさんの言葉、

「この年になると、今までの一年の変化が一月のうちに起こる」

マキキで聞いた言葉、

「80代では死に近づくようでも、90代では死が近づくよう」

クリックすると元のサイズで表示します
経験から生まれる知恵の言葉を味わいつつ、

主がくださる「生きることのゆとり」をあじわい、

良い交わりくださった主に、ああ、感謝、感謝!
5

2019/11/27

11月27日 2度目のランチ  

今日、食事に出かけた。

メンバーは先日の男性4人。

探してくださったのは「こんなところに・・??」と思うような

山間にあるレストラン・・
クリックすると元のサイズで表示します
健康管理に始まり、家族のこと、仕事、夫婦・・

自然に広がる話題の中で聖書へと話題が広がり、

「ハワイで見つけた素敵なクリスチャンライフ」とメッセージ集をプレゼント


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


せっかくここまで来たのだから・・と足を延ばし、

訪ねたところは・・
クリックすると元のサイズで表示します
紅葉・・岸和田では牛滝山

この次を楽しみに出来る食事会、

ここから何かが生まれるように期待し、祈っています。


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


先ず、食べる、喋る、期待が生まれ、証しとなる・・

良い交わりを、主に、ああ、感謝、感謝!
5

2019/11/26

11月26日 お休みには・・  

今日は「紅葉狩り」・・の予定であったが、

「ごめ〜ん、忙しくって・・」とのJames&Monaからの電話で中止。

急遽、お見舞いに行くことになった。


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


今までお見舞いに行くことがあっても、

お見舞いしてもらったことなどなかったS姉を訪ねると、

結局、

「あの人に会って、この人達に会って・・」との彼女の願いで、

訪問の運転手・・

「気持ち悪い麻酔を受けて、気がついたら終わっていた手術・・」

「トイレのことだけが話題の入院生活・・」

一か月ぶりで顔を合わせる友との喜びのひと時を終えて、

家に送り届け「疲れすぎないようにね・・」と帰路につく。


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


別れ際の話題は、

明日、カリフォルニアに帰る息子さんをどう見送るか・・

身にしみ込んだ「人を思いやる生き方」に

病気の方が負けてしまったようで・・


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


「主のみ力により、この度の病が癒され、慰めの器として用いられますように・・」と祈りました。


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

      神は、どのような苦しみのときにも、
 
       私たちを慰めてくださいます。

          それで私たちも、

      自分たちが神から受ける慰めによって、

 あらゆる苦しみの中にある人たちを慰めることができます。

            Uコリント1:4





6

2019/11/26

11月25日 クリスマスが近づきます  

クリックすると元のサイズで表示します
教会の玄関にツリーが立てられ、

100歳体操の皆さんが「今年もクリスマスやね・・」

100歳体操は岸和田市のプログラムだからキリスト教カラーは出さないように・・

しかし、3年目になると・・

「あの夏の食事会のようなのをするの?」

「あれは楽しかったから・・」

皆さんの話題に自然となって来ています。


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


皆さんの期待以上に、私たちの期待が大きくなります。

100歳体操の後は早速、フラチームの練習が始まり、

クリスマスは岸和田にも近づいてきています。

今年、神さまからのクリスマスプレゼントはどんなものか・・

今から楽しみです。


5

2019/11/24

11月24日 2つの準備完了  

礼拝が終わり、夫々が持ち場に別れ
クリックすると元のサイズで表示します
普段は手の届かないところまでを掃除します。
クリックすると元のサイズで表示します
毎週の礼拝案内が掲示される案内まで・・

掃除が出来た頃には

勿論、
クリックすると元のサイズで表示します
クリスマスツリーも飾りつけ・・

来週はアドベント・・準備完了・・その1


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


今日は阪南バイブルチャペルの開所式、

会場は共に喜び、サポートする人々で溢れ、

貝塚聖書教会の「貝塚エリコ計画」として祈り始めて20数年、

クリックすると元のサイズで表示します
素敵な会堂が準備されました。

今月から礼拝が毎日曜日(9:00-10:00am)に始まり、

今日は二人の新しい人を迎えたとのこと・・

阪南伝道準備完了・・・その2


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


オマケ・・

この阪南バイブルチャペルは鳥取中学校のある町で

「鳥中」は65年前に卒業した我が母校、

まさか、その街にチャペルが・・・

それも、岸和田から送り出された貝塚聖書教会から生まれるとは・・

そこで、いつもの・・・Tコリント2:9

しかし、このことは、

「目が見たことのないもの、耳が聞いたことのないもの、

人の心に思い浮かんだことがないものを、

神は、神を愛する者たちに備えてくださった」

と書いてあるとおりでした。


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


「今日」は「明日」始められる主の業の準備・・・と気付かされ、

良き主を喜び、ああ、感謝、感謝!
4

2019/11/23

11月23日 第21回 宣教のつどい  

宣教で考えるべきは

「自分たちに何ができるかではなく、人々が何をを必要としているか」

宣教で求められていることの第1は

「とりなしの祈り」

宣教のために神様が用いられる人は能力や経験がある人ではなく、

「信仰のある、準備ができている人」


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


良い学びを感謝しました。

明日は日曜日・・良い11月を主に、ああ、感謝、感謝!



5

2019/11/22

11月22日 親子で共に・・  

信仰の継承・・が話題となる。

確かに、色々な課題があり、祈り、丁寧に扱うことが求められる。


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


昨日から、会堂の3階で何やら音がする・・

聞くと、

クリスマスのCSの英語劇の馬小屋を製作中とのこと、

頼まれたのは建築プロのT兄弟

思わず・・

「図面を引いて、材木切って、大変なのと違う?」

「何か図面は引いてはったわ」


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


お昼に3階を覗くと、
クリックすると元のサイズで表示します
材木ではなく、段ボールに定規を当てて、一人黙々とナイフを入れている

「お疲れさん、ありがとう!」

「いやぁ、息子に頼まれてね・・」


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


クリスマスが近づき、日が落ちるのは早い。

薄暗くなった階段を降りてきたT兄弟、

「意外と時間がかかってね」

「お昼食べた?」

「・・・・明日又来ます」


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


7時近く音がするので出て見ると、

段ボールを運ぶT兄弟ジュニア(息子)である。

「お父さん、二日もがんばってくれてたよ・・」

「そうらしいですね、材料が足らないと電話があったので・・」

「うれしいねぇ、親子でクリスマスの準備が出来て・・」

「ほんまです・・」

教育担当執事の息子は暗さの中で顔いっぱいの笑顔で

「これから行って、褒めときます」‥と

親子らしくうれしさを残して帰って行きました。

教会の玄関のチャイムが手を叩いていました。

「ぴ〜ん、ぽ〜ん」

7

2019/11/21

11月21日 クリスマス・・近づく  

今日キャンディでは
クリックすると元のサイズで表示します
アドベントを前にリース作り・・

クリスマスはあなたが作るもの、

「望みを失っている人々に愛が届く夜」

どのような内容にするかはあなた次第・・
クリックすると元のサイズで表示します
同じ材料を使っても、皆違いがあるように、

あなたのご家庭用のクリスマスを手作りしましょう・・
クリックすると元のサイズで表示します
これ、我が家のクリスマス!

どんなクリスマスにするかは・・・あなた次第です・

良いクリスマスをどうぞ・・・
6

2019/11/20

11月20日 Kさんのお葬式  

朝、早く目覚め、Kさんを思う。

Kさんを縦糸とすると、いろいろな横糸と、それも色々なカラーで織り合わされ、

素晴らしい絵模様がえがかれた・・


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


娘のふささんがマキキで奥村多喜衛牧師研究を通してクリスチャンとなり、

娘の生き方の変化を確かめにKさんもマキキへ、

Sさん宅でのホームステイを通してキリストの心に触れ、

高知へ戻り、早速、受洗。

信仰の波紋は娘婿、妹、孫へと広がる中で、

病で倒れ、住む人を失った家には、

その頃、マキキから高知へと移った私たち夫婦がその住人となり、

今では、反発しながらマキキで信仰をもったもう一人の孫が家族で住んでいる・・


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


Kさんは今、8年に及ぶベッド生活から解放されて

クリックすると元のサイズで表示します
自由な体で、主を喜び、賛美しておられる・・

そして、何よりも、やがては私たちも仲間入りをする・・

良き友を感謝し、永遠の命の約束を感謝、感謝!


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


葬儀が終わると、そのまま車で徳島を目指し、

途中で、Oさんがお世話に通われているお父さんを訪問。

岸和田着は22:00・・全行程が守られ、

ダブルのお葬式を無事終えたことを、

主に、ああ、感謝、感謝!
7

2019/11/20

11月18日 葬儀から葬儀へ  

浅田伸一さんの葬儀の日・・

式場入口にある遺影が余りに普段の浅田さんそのままで、

本人からの挨拶を受けているような、

式場となった礼拝堂は昨晩来の花が開き、

丸で、花壇の中に入ったよう・・

式では長男Nさんのお父さんの思い出があり、

奥様のご挨拶で締めくくられ、

ご本人の様子を改めて伺い知ることができた良い記念の時・・・

ハワイでの葬儀はここで終わる・・


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


久しく来ることが無かった、斎場に移り、

賛美を捧げ、望みを聖書の言葉で確認し、

祈る。

スタッフの促され、Nさんが炉のスイッチを入れる。

日本では普通の順序なのだが、

日本にいた時からこの火葬場での式は悲しく、淋しくなじめない。


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


そこから・・

高知へと直行する。

お世話になったKさんの葬儀に参列するためである。

久しぶりの車での高知行き

和歌山―徳島はフェリーー徳島道―高知道

中川宅に無事に到着、同じ部屋、同じテーブルでいつもの席に座ると

昨日の今日、又来たようで

1年以上のブランクを全く感じない。

明日はKさんのお葬式である。、

1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ