2020/2/29

2月29日 朝早くから  

早朝4:00・・目覚ましが!!!

4:30からの「福音の光」を聞くためにわが奥様は起きる。

「キンポーデンアワー‥岸和田聖書教会を紹介します・・」

牧師のメッセージに続いて、

Hさんの信仰の体験談・・

「バプテスマは受けたいけど、水につかるのはイヤ」と抵抗したとはとても思えない、

落ち着いて、よろこびの「今」を話してくださる。

「良かったね」「良かった、良かった」

そして・・

もう一寝入り・・の土曜日でした。


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜


植えるもの・・水をやるもの・・

「しかし、成長させたのは神である」(1コリント3:7)

Hさんのクリスチャンとしての1年間を感謝しました。


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜


午後、Y牧師より電話。

「キャンプ場の使用は控えるようにとの通達が大阪府から届いたため、春の中高生キャンプは中止します」

それでも、

中高生に「信じることの現実とそのすばらしさ」を伝えたい。

何か良い方法が見つかるだろう。

・・・祈る・


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜


さあ、明日は3月、

受難週の聖日を迎える。

十字架に向かって歩き続けてくださった主の悩みとみ苦しみを覚えたい。
9

2020/2/28

2月28日 休みは忙しい  

コロナウィルス肺炎防止のために、

その対応策で日本中がひっくり返っている。

教会ではとりあえず、英語クラスは3月一杯お休み。

今日、夕食を共にしながら尋ねる。
クリックすると元のサイズで表示します

 「3月一月の特別休暇に何をするの?」

 「勉強・・」

 「休みだよ」

 「そう‥だから、日本語の勉強」

 「なるほど・・それからは?」

 「英語・・クラスの準備」

先生と生徒を一緒にすると忙しいのです。


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜


それにしても、このコロナウィルス感染の収束は分からない。

いつなのか、どのようにしてか・・

わからない。

だから・・祈り、

良いと思われていることをひたすら続けよう。

だから・・いのる。

「主よ、憐れんで下さい」


8

2020/2/28

2月29日 緊急のお知らせ  

     岸和田聖書教会が紹介されます。

            ラジオ番組「福音の光」

        2月29日(土)早朝4:30-5:00
        ABC放送 
1008KHz


          喜びの体験談 本田真理さん
          メッセージ  黒田 朔牧師


        一日早起き鳥になってお聴きください。 
5

2020/2/27

2月27日 証しいろいろ  

教会には祈りのリストがある。

「新年度に備えて・・」

「岸和田を離れてからの黒田牧師の・・」

「病気の人たち・・」

・・・

「救いに導かれるように祈られている人たちのリスト・・」

その中にいつもあるのが・・
クリックすると元のサイズで表示します
Tさん・・教会との絆はご両親の祈り

驚くような社会的実績を越えて、

いつ、どのように、神さまの懐に抱かれるか・・


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜


天国のご両親と共に、

あなたもご一緒にお祈りくだされば、

感謝です。


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜


コロナウィルスの影響が日本中を包みました。

教会も例外ではなくなります。

教会としての対応ができるように、

お祈りください。



5

2020/2/26

2月26日 神業  

今日の祈祷会は宣教報告を聞き、祈る。

日頃、宣教困難な地域と聞かされてはいるけれど、

実情に触れる機会は少ない。


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜


目立たない宣教活動ではあるが、

40年という時間の中で

宣教地で生まれたクリスチャンと教会の数は、

日本のクリスチャンと教会の数をはるかに超えており、

「これらすべては日本のクリスチャンのお蔭」と感謝されているという。

日本の教会を用いて進められる神様のみ業を喜びながら、

日本国内での宣教の可能性を語り合う。


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜


食事をしながら分かったこと、

新聞広告のデザイナーだった先生の文章を読み、

デザイナーより記者になれと励ましたJさんは、

神学生の私のメッセージの「言葉チェック」をしてくれたその人。

同じJさんつながりで、今日、日本宣教を話し合い、

またお会いできるようにと別れる。


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜


私たちは少数、無力でも、

信じている神は全能の主。

「主には望みがある」

ああ、良き主に感謝、感謝!
9

2020/2/25

2月25日 春・・  

コロナウィルスによる風邪・・

春のティーンズキャンプの中止が検討されているという。

康子がかかりつけのお医者さんに行く。

待合はマスクでいっぱい。


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜


外で待つ。

外には
クリックすると元のサイズで表示します
もう春が来ており、

小鳥たちは
クリックすると元のサイズで表示します
春を喜び、楽しんでいた。

よく見るとメジロのカップルだった。


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜


中学の頃、

竹やぶに入り、

鳥かごに入れたおとりを使って、

取りモチを巻いた竹を置いて

メジロを待つ・・・

なかなか捕れない、

いや、捕った記憶がない。

でも、花に集まるメジロを見ていると、

中学時代がよみがえる。


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜


そのころ・・まさか、

新しいことが始まる春を待つ80歳を迎えるとは思いもしなかった。

主に従い生きることは、

中学時代以上に夢が広がる。

ああ、良き主に感謝、感謝!



8

2020/2/24

2月24日 誕生日、おめでとうございます。  

今日はSさんの誕生日、

私より10歳上の90歳。

お一人暮らしのSさんと一緒に喜び、お祝いしたくて・・
クリックすると元のサイズで表示します
出かけたところにはすでに桜までが咲き、

クリックすると元のサイズで表示します
Sさんのお誕生日を祝ってくれました。


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜


Sさんは90歳、

しかし、お世話になったのはSさんだけではない。

Sさんのお母さん・・

新米牧師夫婦が日曜ごとに忙しく、子供たちがさみしくしていると、

家に連れて帰えり、スリッパや歯ブラシ迄準備してもらい、

楽しみ、眠ってしまった子供を連れ帰ったことを思い出します。


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜


ハワイから帰り、入院中の101歳のおばあちゃんを家族でお見舞いしたとき、

「恒ちゃん、あんたをおんぶしてあげたんやから、こんどはあんたの番やで」

「いいよ、わかってるよ!おばあちゃん!」

世代を超えた絆をたしかめあったうれしい時でした。


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜


交わりをちょっと大切にして、

神様が下さる恵みを上手に、喜び、味わいたい。

神の家族とされていること、

交わりを委ねて下さることを、

主に、ああ、感謝、感謝!

6

2020/2/24

2月23日 神様と祈りに支えられて・・  

今、本当に感謝し、ホッとしています。

金曜日から日曜日・・岸和田と千葉の間を綱渡りのように、

すべてを守られ、終えることが出来ました。


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜


金曜日・・岸和田から電話で葬儀の準備をし、千葉へ、

土曜日・・葬儀
クリックすると元のサイズで表示します
・収骨を済ませて、岸和田へ戻り、

日曜日・・早朝礼拝・キリスト教ABC・礼拝
クリックすると元のサイズで表示します
  そして「泉南バイブルチャペル・伝道会


  〜〜〜〜〜〜


今、全てを終えて主に憐みを感謝します。

飛行機、葬儀社、火葬所、参列者・・・そのすべてが整い、

この3日間が感謝の日々となりました。


  〜〜〜〜〜〜


「とにかく80歳の動きだとは思えない」

いえ、いえ、主の憐み、皆さんの祈りのお蔭です。

憐みの主と良き友に、ああ、感謝、感謝!

2

2020/2/22

2月22日 お祈り、感謝!  

「こんなお葬式もあるんだね・・」

お父さんを家族が見送る。

いつもお父さんが新聞を広げていたところで
クリックすると元のサイズで表示します
キリスト教式に馴染みのない人には

仏式は逝った人のため、

キリスト教式は逝った人はすでに愛の神様のご支配の中、

お任せして一番安心。

従って、残されたお互いのために慰めと望みのあること、

それでは、私はいかに生きるかを考えるため・・。

 
  〜〜〜〜〜〜〜〜〜


人生フライトで飛行のみに頑張るのは危ない、

着陸準備は大丈夫か・・点検の時。


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜


斎場でもはなしが続き、

祈ることなども出来・・

数時間後には
クリックすると元のサイズで表示します
丸一日の間に、

この様に収まることができたこと、

すべてが主の憐み、

皆さまのお祈りのお蔭です。

久しぶりの兄弟3人も集まり
クリックすると元のサイズで表示します
家族の温かさを確かめるときでもありました。


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜


今、羽田、これから関空へ向かいます。

お祈り感謝!

明日の一日のためにお祈りください。
9

2020/2/21

2月21日 備えをする  

今、千葉の浦安、妹の家に居ます。

祈り、来週火曜日に見舞う予定でチケットの手配も済ませていました。

でも、今日、妹の主人は亡くなりました。

話すチャンスはなくなりました。

葬儀のチャンスまで無くすと取り返しがつかない・・と

教会と皆さんの励ましを頂いて、

電話でキリスト教式葬儀所と連絡をとり、

チケットを見つけ、関空から何とか千葉に駆けつけ、

明日、キリスト教で葬儀を出します。

妹の自宅で、文字通りの家族葬です。

カリフォルニアで牧師をしている次男坊、

クリスチャン・ファミリーの祈りに支えられて、

明日、葬儀のお世話をします。


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜


毎日、思いを越えて色々あります。

その中にこそ、主もまたともに働いて下さる・・と

信じ、期待して歩める、

そんな良き主に、ああ、感謝、感謝。


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜


主の憐れみのみ業があらわされるようにお祈りください。
7

2020/2/20

2月20日 思いがけない出会い  

「先生、英会話のクラスに先生と同じ名前の生徒がいますよ」

「へぇ?!サク?」

「ハイ、漢字も同じ・・」

「朔・・今まで、漢字の朔の人には昔一人新聞で見つけただけ」


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜


「君がサクちゃん?」

「ウン」

「先生もサクだよ。八朔のサク」

「そうです。誕生日に合わせて・・」とお母さん。

「じゃ、一日?」

「ハイ」

「何月?」

「6月」

「へっ!先生も6月」


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜


9歳の朔ちゃんと79歳の朔爺の出会い。

人生は出会いで決まる・・という。

この70歳の違いの出会いが9歳朔ちゃんの祝福となりますように・・

ああ、主よ、導き、祝福してください。




11

2020/2/19

2月19日 気分転換も大切  

去年の暮れから色々あった。

これからはもっといろいろありそうだ。

・・年度締めくくり、引継ぎ、行く先確定、引っ越し・・など、など、


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜


そこで今日・・
クリックすると元のサイズで表示します
畑仕事のお手伝い

キャベツは
クリックすると元のサイズで表示します
時の流れの中で育っていました

歳の暮れには5時にもなると暗かったのに、

ひと汗かいて家に帰るともう6時・・

外はまだ明るい。


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜


気分転換・・

時間は無くなっても、

得るものはもっと多い。

気持ちは新たに、

思いは集中。、

結果にも期待する。


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜


康子と一緒に郵便局へも行きました。

でも、回復はボツボツです・・

お祈りありがとうございます。

10

2020/2/18

2月18日 忙しい休みの日  

まず、リハビリと訪問ウォーク

リハビリウォークのゴールはAさんを訪問すること、
クリックすると元のサイズで表示します
コロナウィルス防御スタイルでスタート
クリックすると元のサイズで表示します
岸和田にもこんなお店が・・
クリックすると元のサイズで表示します
ゴールにある岸和田市の「浪切ホール」その前にあるAさんの家、
クリックすると元のサイズで表示します
高校時代からの友、 60年を経て、今までを振り返り、これからを話す。

良いリハビリ & 良い訪問・・家に帰ると5000歩!! 


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜


FKK理事会に出席

戦後、宣教師たちが手に入れ、FKK本部として用いられてきた、

70年間、手を入れないまま宣教師が残した部屋、
クリックすると元のサイズで表示します
まず、手入れを済ませ
クリックすると元のサイズで表示します
新しい出発の準備が出来た。

大切なこと・・それはここに何で満たすか、

宣教師達が喜んでくれる出発が始められるように・・・


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜


夜、Sさんと今年初めての食事と買い物・・

「面倒くさい・・」を連発するSさん

こちらのペースに乗せて、

今夜はチャイニーズ、

食後、いつも通りにショッピング、



  〜〜〜〜〜〜〜〜〜


そしてもう一つ・・夜泳ぎ

11:00に帰宅・・

こうして、忙しい休日は終わりました。

良い一日を感謝、感謝!



7

2020/2/17

2月17日 福音交友会  

私は今、福音交友会(FKK)岸和田聖書教会の牧師、

毎月のミーテングに参加、協議・協力し、働く。

以前、1980年代のFKKは、

宣教師と宣教師たちに育てられた「子飼い」の牧師たちが月一度集まり、

本部はまるで嫁いでいた娘たちを迎える母屋のよう。

宣教師達は集まる牧師たちを喜ばせようと昼食を準備し、

牧師たちはそれを楽しみに集まった。


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜


「日本の牧師は説教が長すぎます」

「最初の1ページを飛ばしたらどうですか?」

遠慮のない、むちゃくちゃな説教批判!

くそッ!最初の導入にどれほど心砕いているのか知らんくせに!

「でも、ムーディーも2時間も説教したそうですよ!」

「あなた方はムーディーではありません」

こんなやり取りをしながら、伝道の実際を教え合い、助け合った。


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜


今日、一日を

予算の数字と内規作成の文言をにらみ・・

各自持参の弁当を食べ

本日のミーテングは終わる。

そうそう・・会場教会のA先生の奥様の手作りの豚汁は温かく、うまかった。


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜


「FKKとは何ぞや」と話題となるそうだ、

飛び切りうまいランチを準備し、話してみるか・・

「先生の説教はむつかしすぎる」

「訪問はどうしてる?」


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜


このミーテイングも残るは数回・・

宣教師に育てられたものとして

FKKの良さを伝えたい。

それにしても・・

戦後日本に来て下さった宣教師たちと、

その良き働きを、ああ、主に感謝、感謝!


7

2020/2/16

2月16日 うれしいビックリ  

「16日、ビックリする人達を連れて行きますよ」

マキキの仲間はサプライズが好きだ。

いったい誰が来るのだろう‥ビックリする準備をして待つ。

10:00過ぎ、Mファミリー到着。

いったい誰が来るのだろう・・


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


礼拝前に到着した!

マキキを離れ、間の無いころ、脳腫瘍で聴力を失うのではないか、

命は大丈夫か・・・

みんなで祈ったEさんが、
クリックすると元のサイズで表示します
何と可愛い2人の子供のお母さんとなり、ご主人と共にやって来た。

「ビックリしたぁ!!」


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜


礼拝堂の一角に並ぶマキキの面々、

ミッションツアーでFKKを訪問したこと、

岸和田を訪問したことを思い出す。

あれから・・日本への永久帰国を果たしたMファミリー、

家庭を築き、今、芦屋で子育てに励むかつてのハワイ大の学生Eさん、

色々なところを辿り、今、岸和田に置かれている私達、

主に従うことはビックリの源!


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜


今日のメッセージ

「自分中心の信仰からキリスト中心への信仰へ」の切り替え

サウロにダマスコ体験があったように、

誰もが求められる切り替え・・、

いつか、どこかで応え、

「信者から弟子となる」


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜


ビックリ訪問をみんなして喜び、楽しみ、

夫々の生活に戻りました。

主が下さる交わりを温めるとき、

励まされ、喜びのエコーが広がります。

良い交わりを下さった主に、ああ、感謝、感謝!
6



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ