2020/7/31

7月31日 健康管理  

リタイア生活を始めて大切にいしていること

その1 食事 

朝は果物、昼はふつう、夜はご飯抜き
クリックすると元のサイズで表示します
これで十分。


  〜〜〜〜〜〜〜〜


その2 交わり

昼前に

Tご夫妻が奥様は会堂掃除を済ませ、ご主人はお医者さんからの帰り道、

揃って我が家に・・と言っても、

HBCのミーテイングルームに立ち寄りお茶を。

4時ごろ、

Fご夫妻が日曜日の準備に来られ、

再び、同じ部屋でお茶を頂く。

日曜日に初孫、2度目の里帰りとニコニコ!


  〜〜〜〜〜〜〜〜


その3 水泳

今日は週2回ある夜8時閉館の日

二人それぞれの距離を歩いたり、泳いだり。

泳ぎの後のロッカールームでご挨拶、

自己紹介をしてご近所のTさんとお知り合い。

プールを出ると
クリックすると元のサイズで表示します
男里川の向こうに梅雨明けを伝える夕陽が沈むところ。


  〜〜〜〜〜〜〜〜


こうして7月も終わり、

リタイア生活の丸3か月を無事終わることができました。

皆様の応援に、ああ、感謝、感謝!

13

2020/7/30

7月30日 初体験  

今日の夕方、栗原牧師が叫ぶ・・「48歳で初体験!」

今日は暑かった。そこで、夕方、畑のお手つだい。
クリックすると元のサイズで表示します
夜、畑仕事の準備は蚊取り線香をともすこと
クリックすると元のサイズで表示します
夕焼けの下で畑を耕す
クリックすると元のサイズで表示します

栗原先生も同じように耕す・・だが、
クリックすると元のサイズで表示します
何分初めてのこと・・何と、なんと、鍬の頭を二つも飛ばす頑張り様

それもそのはず、生まれて初めての畑仕事!

「48歳の初体験!」・・・でした。


  〜〜〜〜〜〜〜〜


一区切りをつけての帰り道・・

クリックすると元のサイズで表示します
とっぷり日も落ち、暑さを避けての畑仕事は終了。

時計は8時を回っていました。


  〜〜〜〜〜〜〜〜


栗原先生への教会の引き継ぎは終わり、

すべてが順調、

畑の手伝いを二人で楽しみながら、

鍬の頭をもう2,3回も飛ばせば、

引き継ぎ万事完了となることだろう。

良き後任を備えてくださった主に、ああ、感謝、感謝!
10

2020/7/29

7月29日 ふるさと  

今日、郵便局で見つけたものがある。
クリックすると元のサイズで表示します
夏の切手・・それもデザインはハワイ!

どうしてハワイか?

一目見て懐かしかった。

切手の一枚一枚を見て分かった、

その図柄の花はプルメリア、ジンジャ、椰子など・・

同じ手紙を出すのならこの切手を使いたい・・と

思わずシートを3枚も買ってしまった。


  〜〜〜〜〜〜〜〜


尾崎にいて尾崎はわたしが鳥取中学に通った「ふるさと」だと言い、

岸和田に行くと5人の子供が生まれ育った「ふるさと」だと思い、

今日、切手が懐かしさを運ぶハワイはやはり「ふるさと」です。


  〜〜〜〜〜〜〜〜


「ふるさと」・・・それは、わたしを今日のわたしにしてくれた町、

「ふるさと」…それは、今日のわたしをありのまま迎えてくれる町、

「ふるさと」・・・それは、待ってくれている友がいる町


  〜〜〜〜〜〜〜〜


「ふるさと」と言わなくても大切な町がある、

そこで働き、多くの人に支えられ、たくさんの愛をいただいたき、

今も大切な友がいる町、私たち夫婦にとっては高知。


  〜〜〜〜〜〜〜〜


このような町々と多くの友によって今日のわたしたちがある。

何と、幸いなことか・・

切手を手にし、多くの友を思い出すことのできた一日を、

主に、ああ、感謝、感謝!





16

2020/7/28

7月28日 梅雨明けも近く  

HBCは始まったばかりの伝道所、

すべてが若い。

若いとはなんでもありのまじわりである。

「教会」「しきたり」などに縛られず、良いことなら何でもやってみよう...

そんな雰囲気の魅力なのか
クリックすると元のサイズで表示します
聖書を読み祈る交わりにも人が集まる。

この若い交わりの中で、HBCらしさが育ちますように。


  〜〜〜〜〜〜〜〜


思いがけないものが届き、

祈ってくださるありがたさを思う。
クリックすると元のサイズで表示します
見事な白桃は岡山から・・。

白桃の透き通った甘さの香りはわたしにとっては特別である。

戦後、食べるためにここ尾崎から車で20分くらいのところに入植した。

山の木を倒し、笹根を起こし、畑にした。開墾である。

すぐに食べられるようにと、豆、芋類を植え、

早く収穫できる果樹として父は桃、栗、ブドウを植えた。

そんなに立派な桃がなったわけではない。

しかし、香りは岡山からの桃と同じである。

桃の木の下で、かぶりついた桃の汁のしたたりと香り・・・

今も白桃の香りと甘さは子供のころの開拓時代の木の下に、

私を連れて行ってくれる。

桃の香を胸いっぱい吸い込む・・すると、

そこは子供のころの山の斜面の畑となる。

送っていただいた桃の香に今年も幸せを味わう。

10

2020/7/28

7月27日 ヤレヤレ  

ご心配おかけしました。

こんなに早く、復帰できるとは!

おたすけマンのおたすけマンのお陰です!!


  〜〜〜〜〜〜〜〜


コンピューターにも寿命があるんですね。

同じ会社の、同じ機種でも、3年、5年、8年持つもの、

それだけではなく、使い方を知って、上手に使うかどうか...

どこか、人の健康管理に似ているような...


  〜〜〜〜〜〜〜〜


先週金曜日、夜中12時ごろまでウェブミーティング、

そして、翌朝、コンピューターを使おうとすると、

ネットが繋がりません!

お手上げです...が、ここでおたすけマン登場!

「軽いヤツが欲しい」...コンピューターを重さで選ぶ私

「良いのがありました!」

重さは1s未満、機能は同じのはず、月曜に配達、

しかも、なんと値段は4分の1!



それだけではありません!さすがおたすけマン!

「届きましたか? 使えますか?」

「本人確認がうまくできません」..「やり直してください」

「どうですか?」..「まだです」

「待っててください」
クリックすると元のサイズで表示します
というわけで、おたすけマンのおたすけマン登場!

影の声...

「分かっている人はすごいわね!」

その通り!

「分かっているおたすけマンを知っているのもすごいよね!」


  〜〜〜〜〜〜〜〜


  苦難の日にはわたしを呼び求めよ。

  わたしはあなたを助け出そう。

  あなたはわたしをあがめよう。  詩篇50:15


  〜〜〜〜〜〜〜〜


何もかも後回しにして、枚方から高速を飛ばして、

来てくださったおたすけマンのおたすけマン、

「これで大丈夫」

と夜道を再び枚方へ。


  〜〜〜〜〜〜〜〜


夜中の12時ごろ、

「今、到着。どうですか、ブログうまくできてます?」

「それが、またまた、本人確認で・・」

「そんなこと...」

後ほどのメールで、

「..mn..ではなく、..mm..です..」



というわけで、

ご心配おかけしました。

でも、

おたすけマンのおたすけマンさえいてくだされば、

大丈夫、大丈夫!

わたしたちに良き友をお与えくださった主、

まことの人生のおたすけマンである主に、ああ、感謝、感謝!


13

2020/7/25

おいのりください  

黒田牧師ご夫妻は・・あれやこれや、リタイヤ生活をきょうも楽しんでおられお元気です。

しかし・・PCのメカニックトラブルにより、NETが不通状態です。

明日中にも新しいPCを調達しなくてはなりません。('◇')ゞ

おたすけまんが、おたすけられまん・・になっております。(*'▽')

PCの早期復活をお祈りください。

感謝 感謝 感謝   管理人
 
13

2020/7/25

7月24日 30周年に備えて  

毎年クりスマス後、新年までの5日間修養会(EC)が開かれる。

アメリカでクリスチャンとなり日本の教会を知らずに帰国する人々の帰国準備会である。

今年、数えて30周年を迎えるという。

そのための講師と運営スタッフのWebミーティングが開かれた。
クリックすると元のサイズで表示します
東はニュージャージーからユタ州、西海岸のシアトル、ロス、東京、大阪、神戸まで、

時間は朝6時から夜10時・・のミーテイング。


  〜〜〜〜〜〜


今年はコロナ対策でECそのものがWeb開催となり、

例年は400人位だが、今年は600人位の参加を期待しているとのこと。

すべてが新しい試みとなる。


  〜〜〜〜〜〜


これだけ離れてバラバラなのに、

うれしいことはミーティング出席9名のうち、

6人はお互いに知っており、

2人は高知で居た時に知った人々、

神様ネットワークに今更ながらビックリ!


  〜〜〜〜〜〜


主催者である娘と共に働けるのはうれしいが、

今回は甥と共に、講師を務めるのは、尚、うれしい。

ミーティングが終わったのは11時・・

こうして、今日も一日が終わりました。

良き主に、ああ、感謝、感謝!
10

2020/7/23

7月23日 「お久しぶり・・!!」  

今日は懐かしく、うれしい訪問の日。

池田市のOご夫妻をお誘いし、京都のHさんを訪ねる。

まだ私たちのマキキ時代、ご夫婦をハワイへお招きし、

ご主人にクリスチャンライフを見て貰ったことがある。

Mr,OとMr.Hはその交わりを通してハワイで洗礼を受けた。

以来、日本に帰るごとに訪ねあい、励まし合い、

この写真は2006年の再会の時のもの。
クリックすると元のサイズで表示します
今朝、見つけてプリント、今日のお土産とする。

3か月前に入居したというホームは快適ではあるが、
クリックすると元のサイズで表示します
ご主人は既に召され、それぞれも年を取り、生活ぶりも変わった。

しかし、変わらないことがある。

離れていても、お互いに違っていても、

同じキリストを信じ、共に歩む仲間がいる喜び、

その交わりの暖かさである。


  〜〜〜〜〜〜


「もう携帯の数字が見えず、電話をかけるのに1時間もかかるのよ」

「また来ますよ」

「今日は本当に夢のよう・・ありがとう」

車を走らせる前に、聖書を開き、共に祈る。


  〜〜〜〜〜〜


  見よ。なんという幸せなんという楽しさだろう。

     兄弟たちが一つになってともに生きることは。
                         詩133:1


  〜〜〜〜〜〜


Oご夫妻を送り届け、帰りに、S兄を訪ねる。

奥様を天国に送ったのが丁度、一月前の6月22日・・

葬儀でも流した彼女の歌声を聞き、3人で泣く。

帰って開いた挨拶状に書かれていた。
クリックすると元のサイズで表示します
「先生ご夫妻には妻は50年、私も結婚以来42年の間・・」

歳を重ねたものだからできる働きがある、

「交わりを温め、主の恵みを数え、人生に輝きの仕上げを助け合う」


   〜〜〜〜〜〜


帰りの高速を走りながら気が付いた。
クリックすると元のサイズで表示します
2012年3月から私たちを運んでくれた車が走ってくれた距離、

丁度 100,000km  本日の走行距離 331km

「主よ、今日まで事故なく、ありがとうございます。
     今しばらく、車も運転手をもお守りください」

良き主に、今日もああ、感謝、感謝!
14

2020/7/22

7月22日 助かったぁ!  

今日は朝から作戦を立てる。

暑くなると図書館で仕事をする・・

とは言っても、

図書館に行ったこともなし、どこにあるかさえ知らない。

しかし、昨日に比べると今日は涼しい、

それもそのはず、

夜調べると最高気温は27℃、昨日より5℃も低い。

結局、避暑計画は実行せず、

助かったぁ!!


  〜〜〜〜〜〜


うれしいこともありました。
クリックすると元のサイズで表示します
HBCの案内のチラシが完成。

全員の思いが集められ、出来上がった案内である。

これから、いつでも、どこでも、誰にでも・・

「どうぞお読み下さい」

と手渡しができる。

後は、祈りつつ、期待をもって手渡すこと。

後は、主ご自身が用いてくださるように祈り、

手渡すのみ。


  〜〜〜〜〜〜



涙とともに種を蒔く者は喜び叫びながら刈り取る。

種入れを抱え泣きながら出て行く者は

束を抱え喜び叫びながら帰って来る。  詩126:5、6

                      

12

2020/7/21

7月21日 夏が来ぬ  

朝、28℃

今日はメッセージの準備、

外の出る予定なし。

昼、気温はどんどん上がり、35℃

いよいよ「夏は来ぬ」


  〜〜〜〜〜〜


午後、イオンにでも暑さ避難をするか・・

などと相談はするけど、

結局は家でエアコンを回し、一日を過ごす。

夕方、オークワへ買い物にでる。

外に出ると、何だか、涼しい。

これからもっと熱くなるとすれば、

これからの暑さ作戦を立てる必要がありそうだ。


  〜〜〜〜〜〜


先日、康子が百均で買ってきていた二つの温度計を見ると、
クリックすると元のサイズで表示します
温度はそれぞれ違っており、

それも、3〜4度も違っている

やっぱり百均だから仕方がないな・・と思って見ると、

「目安計」と書かれており、

その表現のうまさに二人とも感心。

           (写真は11:40pm・・まだまだ暑い)
 

8

2020/7/20

7月20日 して欲しいと思うことを  

リタイアメントライフに入ってもうすぐ3カ月、

二人で楽しむ生活作りを中心にする練習中。

今までは仕事が中心、

「メッセージ準備ががまだ終わってない」の一言で皆、沈黙。

今は二人が共に楽しめる生活作りが中心。

仕事と同様、康子がしたいことも大切である。

そこで、どう折り合いをつければ良いか、

目下、ひたすら練習中。


  〜〜〜〜〜〜


ちなみに今日は…

クリックすると元のサイズで表示します
お昼・・月一のファミリーWebパーティ

珍しいニュースは・・

「夜、産卵のため岸に押し寄せるイワシの大軍を手づかみしにいく」娘夫婦

「減量にチャレンジ、2〜3s、痩せた」ジジババ

「手首骨折、2カ月かかりそう。ギブスの中が臭い」孫

etc・・


  〜〜〜〜〜〜


午後になると…

淡輪のTさんを辻先生の運転で訪問・・40年ぶりの町は小さい、

岸和田へ康子のドクター診察、

その間、私は畑のお手伝い
クリックすると元のサイズで表示します
することすべてを済ませ、なお終わらず、

それから「コストコ」ショッピング

買い物の後は久しぶりに、
クリックすると元のサイズで表示します
このドリンク付きホットドッグ 二人分で¥360(税込み)

食べ終わった頃には、
クリックすると元のサイズで表示します
コストコにも人影まばら、


  〜〜〜〜〜〜


阪南の家に帰ると、8時はとっくに過ぎてはいたが、 

しかし、希望はすべて叶い、

夫婦は共に、満足で平和。


  〜〜〜〜〜〜


結局、求められていることは、

相手がしてほしいことを、してほしい時にすること、

確か・・・聖書にもありました。



  人からしてもらいたいと望むとおりに、人にしなさい。

                     ルカ 6:31



13

2020/7/19

7月19日 リハーサル  

牧会生活に入ったのが1970年4月、

それ以来、続けていることが幾つかある。

日曜礼拝で話すメッセージのリハーサルがその一つ。

普通は土曜日の夜、時には日曜日の朝、

奥さん一人を前に準備したメッセージをする。


  〜〜〜〜〜〜


メッセージ批評をストレートにしてくれる人はいない。

・・が、奥さんは別である。

リハーサルで原稿を読みながら、自分自身もいろいろ気づく。

「ここの表現はチョッと・・」と思っていると、

「あそこは言い方を変えたほうが・・」とチェックが入る。

容赦はない・・

ありがたいことと分かっていても、面白いはずはない。

50年、毎週続けてきたことの一つである。


  〜〜〜〜〜〜


昨晩はいろいろ課題が出てきたために、

メッセージのすべてを書き直す。

本当に久しぶりのことで・・

朝、再度リハーサルをして礼拝に臨む。

礼拝堂の一番後ろでの奥さんのうなづきに、

励まされて責任を終える。

わたし達にとって牧会は夫婦二人三脚である。


  〜〜〜〜〜〜


さあ、来週は7月の最後の日曜日、

9:00から阪南バイブルチャペル、10:30から貝塚聖書教会、

久しぶりのダブル礼拝、

このチャンスを下さった主に感謝しつつ、

二人三脚は続く・・・
14



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ