2021/7/31

7月31日 交わりの力  

7月31日・・当然のことながら、明日から8月!

大阪にも再びコロナの緊急事態宣言が出されるために、

教会のプログラムは大幅変更。

集まるのはただ一つ、礼拝のみ。

聖書と祈りの集まり「オリーブ」は在宅リモート、

・・・そこで、

「カフェ・チャペル」は本日でしばらく閉店。


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


最後のカフェ・チャペルのコーヒーメニュー

◎イルガチェフェG-1ウォッシュド

エチオピア産最高級品の中でもG-1は「最高の最高」これ以上のモカはない。

雑味はゼロ、香り豊かで、とにかく甘い数量限定の品

  ・・・

◎マンデリンG1・アイス

深煎り・アイス用 インドネシア産

最近世界で人気、価格高騰中


コーヒーマスターFさんによる自家焙煎でサーブされる、

お代わり自由でおひとり様¥100也


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


本日のゲストは全員身内の7名、

話題は・・再会後のカフェ・チャペル

再会後はその日のゲストを選び、

ゲストによる専門的な話題についてお話を聞というのは?

たとえば・・

「火力発電についての耳寄りな話」

「ハワイ旅行だけではわからないハワイ」

「一番忘れられないわたしの体験」

など、など・・

プログラムを新たにおまちしています。

  ・・・

コロナ感染から守られ、元気な夏をお過ごしください。

 どうか、平和の主ご自身が、
 どんな時にも、どんな場合にも、
 あなたがたに平和を与えてくださいますように。
 どうか、主があなたがたすべてと共にいてくださいますように。
                          Uテサロニケ3:16
10

2021/7/31

7月30日 残念無念  

残念無念!!

コロナのために今までも変更せざるを得ないことがあった。

リタイアの自由を活かして格安でハワイへ帰ろう・・と、

往復8万円のチケットを手に入れた・・二人分である!

飛行機が飛ばず変更しているうちに、

航空会社がつぶれ、返金があるのやどうかも、

分からない!

「安物買いの銭失い」とはならないように‥と願う。


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


8月、1週間、高知へ戻ろうと計画、

連絡を取り合い、ホテルの手配だけでなく、

康子のアレルギーの特別手配も終わり、

同行するJames & Mona夫妻との調整も完了、

「後は出発を待つ」のみの時に、緊急事態宣言!!

残念無念! 

今日、いろおいろお願いした先に「キャンセルのお願い」をする。


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


James & Mona 夫妻から連絡あり、

「来週、水曜日、大阪市内でランチをしよう」

懐かしい宣教師夫妻とご一緒だ、

緊急事態宣言が出たばかり・・

残念無念!

「又この次に・・」とメールを送る。


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


私たち夫婦の健康法は、

月、水、金は「プール」、火、木、土は「夕方歩き」、

「プール閉鎖はまだ、決まってはいません」と聞き、

今日はとにかく夫婦で泳ぎ、外に出ると
クリックすると元のサイズで表示します
まだ明るい夕空に飛行機が消えていった。

「日常よ、一日も早く戻れ」
11

2021/7/29

7月29日 今日の一日  

朝、康子に電話・・

「S先生が本当に穏やかに神様のみもとに帰られました」

又、天国で待ってくれる人が一人増えた。

葬儀は教え子たちの同窓会となるだろう。


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


昼、月一のドクターアポイントで和歌山へ。

帰りは久しぶりに
クリックすると元のサイズで表示します
お昼を加太休暇村で
クリックすると元のサイズで表示します
お昼を楽しむ。

  ・・・

いつもこうではありません。
クリックすると元のサイズで表示します
今朝の朝食は昨日の畑からの収穫物、新鮮そのもの!


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


貝塚の母教会からKさん、来訪。

「ブログにあった『不協和音』という言葉が気になって・・」とのこと、

気になることを直接、話に来てくれたのがうれしく、

ついつい話し込む。

  ・・・

子育て中の親子が経験する親子の違いのように、

送り出した母教会と娘教会は違っていて当たり前。

それを娘の成長として喜び、応援すれば両方が元気で幸せ

もし不協和音として押さえつければ、両方ともしんどく、つらい

子育ても同じ・・など、など・・

  ・・・

夜、オリンピックのハイライトを見、

大阪にも「コロナ緊急事態宣言」が

再度、8月末まで出されると聞く。

これらすべてを包みながら、

今日が明日へと変わる。

聖書のことばを思い出す。

 まず神の国と神の義を求めなさい。
 そうすれば、これらのものはすべて、
 それに加えて与えられます。
 ですから、明日のことまで心配しなくてよいのです。
 明日のことは明日が心配します。
 苦労はその日その日に十分あります。
                        マタイ6:33、34


8

2021/7/28

7月28日 予定の3倍!  

5:30、目が覚め、「よしっ!」

教会案内配布に出かける。

目指す地区の一軒、一軒、表札を確かめながらポストに入れる。

・・それでも、似たようなところに出ると迷う、

「2度目かな??」

木陰で地図を開く。

予定していた地区をカバーし、帰路につく。

一軒、一軒配り終え、手に残ったのは2枚!

このピッタリ感に主の助けを感じうれしい。

歩いた距離 1万歩、8q、2時間20分


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


午後、畑に居た。

抜けるような青空の下で、
クリックすると元のサイズで表示します
鍬をふるう。

もうとっくに「暑い」は通り越し、

予定の場所を耕し、ヤレ、ヤレ。

本日の運動量・・14,986歩 11.84q 

一日の目標 5000歩の3倍!!


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


夜、TVでオリンピックを存分に観戦、

ハワイでいた時は日米対戦の時しか放映されず、

日米対戦となると、

アメリカ育ちの子供 対 日本育ちの子供+親 

が応援で対抗していたころが懐かしい。

長〜い、今日一日を主に、ああ、感謝、感謝!








9

2021/7/28

7月27日 うれしいこと  

うれしいこと・・

その@ 子連れ参加の祈り会

阪南バイブルチャペル(HBC)はリタイア組中心のシニアグループ、

そんなHBCのうれしいことは祈り会オリブ、
クリックすると元のサイズで表示します
双子の赤ちゃんがやってくる・・

その行動のすべてはマイペース、

いや、双子なのでアワペースで活気をつけてくれる、

今日はうれしい祈祷会。


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


そのA 康子の夕方歩き

昨日、どういうわけか夫婦間の電話連絡が取れなくなり、

「いったい何が起こったのか・・」

心配のあまり、康子は一駅歩き、

夫、つまり、私の安全を確認して、安心。

その結果、康子の歩行は著しく改善。

いつもの距離を約7,500歩で完歩。

それも、70分でいつもより20分も短縮。

昨日の「一駅間一人歩き」の効果は抜群!

  ・・・

「このペースで歩けたら、聖地旅行も参加できるかしら?」

早速、夢は大きく膨らみます。

お互いへの思いやりは歩行改善にも役立ちます!!

  ・・・

小さなことを喜ぶ心を与えてくださった主に、

ああ、感謝、感謝!


9

2021/7/27

7月26日 小学校のS先生  

朝、康子の小学時代の担任のS先生を見舞う。

生徒が80才、先生は90才を超え、

尚、安否を問い合う師弟関係を大切に、

夫婦でお会いしてきた。

うれしいことに、双方共にクリスチャンとなり、

今、同じ町に住み、祈り合える先生と生徒!

  ・・・

「点滴を受け付けなくなったから・・」との知らせを受け、

急いで訪問、
クリックすると元のサイズで表示します
穏やかな空気が流れる中、

お互いが分かり、まなざしで喜びを交わし、

牧師が読む詩篇23編に続き、共に祈る。

 主は私の羊飼い。私は乏しいことがありません。
 主は私を緑の牧場に伏させいこいのみぎわに伴われます。
 主は私のたましいを生き返らせ
 御名のゆえに私を義の道に導かれます。
 たとえ死の陰の谷を歩むとしても私は災いを恐れません。
 あなたがともにおられますから。
                        詩23:1−4

  ・・・


小学校の担任と生徒が地上の人生を越えて、

死の向こうにある望みを確かめ、祈り合う・・・

うれしい交わりとしてくださった主に、ああ、感謝、感謝!


12

2021/7/25

7月25日 思いがけないこと  

朝、今日は礼拝の司会、

礼拝は神様に捧げるもの、

準備し、礼拝に臨む。

小さな群れが心を合わせ、賛美をし、

メッセージを受け止め、

祈りを捧げる・・


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


礼拝の後、

聖書の学び・・聖書を生活の現実の中で読み、

フラレッスン・・信仰の喜びを体で表し、

コロナの縛りに負けずに楽しみ、

お昼過ぎには、

チャペルは静か・・’


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


午後3時過ぎ、「ピ〜ン、ポ〜ン!」

「オーォ!Yさん、久しぶりッ!」

私たちの岸和田時代、高校生会に来ていたYさん、

「この春、学校の先生を引退、この7月からゆっくり・・」

「学校のその後は?」

「こんな時期なので、自由な校風を求めてくる生徒を断るくらい・・」

「それは良い」

孫の話、北九州での老後の話・・を語るかつての高校生Yさん、

「貝塚のお母さんをそのうち訪ねるよ」

「お願いします、明日、九州まで車で走ります」

神様と共に生きる想像を超えた人生の豊かさを

かつての高校生Yさんと語り合い、驚き、楽しむ。

  ・・・

主のことばを思い出す。

  わがたましいよ、主をほめたたえよ。
  私のうちにあるすべてのものよ、
  聖なる御名をほめたたえよ。
  わがたましいよ、主をほめたたえよ。
  主が良くしてくださったことを何一つ忘れるな。
                          詩103:1、2

11

2021/7/24

7月24日 助かったぁ!  

3週間くらい前から、困ったことがある。

右下奥歯にものが詰まる。

歯間ブラシやフロスも、勿論ツマヨウジも

役に立たない、

遂に、本日、ドクターへ。


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


「奥歯が欠けましたねえ」

「何とかなりますか」

「詰めて見ましょう、痛ければ左手を挙げてください」

(ウィ〜ン、ウィ〜ン・・思わず体に力が入る)


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


この音、タマラナイ! 昔、歯石をとってもらい、

「ハイ、口をゆすいで」

「ペッ」

パッと容器を染めた血を見た私は貧血を起こした。

だらしなく、恥ずかしく、

それ以来、歯医者さんは苦手となった。


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


本日は幸い無血治療で終了!

「プラスチックで詰めておきましたから、もう大丈夫」

「ありがとうございました」

「ダメになったら、金属と変えましょう、今日はこれで終わり」

「助かったぁ!」

   ・・・

というわけで、私の歯は今も尚、全てが私自身の歯、

守られたこと、憐みの主に、ああ、感謝、感謝!






9

2021/7/24

7月23日 オリンピック開幕  

「今日はお茶をするからどうぞ」

岸和田の交わりに久しぶりに康子ともども招かれる。

末期癌の不安の中で中学からの友達がイエス様を信じたとき、

「今までの怖い夢がお花畑に変わった」という。                                                                                                                                                          
クリックすると元のサイズで表示します
それぞれ歳を重ね、お互いを支え合う・・

ここにもうれしい仲間がいる。

  ・・・

      
夕方、日の蔭るのを待たずに、畑へと向かう。
クリックすると元のサイズで表示します
しばらく雨は降らないけれど、土は程よい硬さ、

秋野菜を植えるまでには時間がたっぷり、

何を植えるかと品定め・・これも園芸のひとつ


  ・・・


夜、オリンピックの入場式を見る。

コロナ拡大が続いている中のオリンピック。

世界の200を超える国々から集う選手たち。
クリックすると元のサイズで表示します

点火式にも、コロナと戦う人々への配慮がよくあらわれ、

開催責任者のご苦労がみえ、

「コロナに負けるな、台風よされ・・」と祈る。

長い一日を感謝する。

13

2021/7/22

7月22日 旅の余韻  

北海道から戻り、すでに10日、  

今日は姉を訪ね、旅の報告・・

家に帰ると、

お礼メールにそれぞれの友から、返信が届く。

  ・・・

嬉しいメール、思い出に残る写真をありがとうございました。
「主にある、同窓生だから生まれるうれしい空気」を楽しみ、
ご夫妻といっしょに良い半日を過ごさせていただきました。

  ・・・

ハワイのあの時間、あの空間を知っている方がいるということが、
どんなに自分達にとっても、
嬉しいほっとすることなのかと感じました。

  ・・・

お二人に会って話をしてると
人生はいつもあるがままに受け止めて、
生きてる時間を楽しみなさいと感じました。

  ・・・

そして同宿のカメラマンご夫妻から写真が届く。
クリックすると元のサイズで表示します
旅は人との出会いの機会・・人生の休止符、

懐かしい友との再会、

新しい友との出会いを通して、

明日に向かって新しいメロディが流れる。


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


次の旅は・・と計画を立て始める。

 主よ私の祈りを聞いてください。
 助けを求める叫びに耳を傾けてください。
 私の涙に黙っていないでください。
 私はあなたとともにいる旅人
 すべての先祖のように寄留の者なのです。
                          詩39:12

11

2021/7/21

7月21日   

長い間楽しませてくれた
クリックすると元のサイズで表示します
思いがけなく花芽を付け、

ウィークデイは私の書斎で、

日曜日には礼拝の受付で、

触れ合う人に潤いを添えてくれた小さな一鉢。
クリックすると元のサイズで表示します
「まだ、大丈夫・・」と惜しむ心と、

来年も咲いてほしいという願いとが、

今日、折り合いをつけ、切り落とす。


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


こんな小さな花一輪でも、

区切りをつけるのは、

タイミングの見極めと決断がいる。

わが身を重ねるとき、

思い出す聖書のことば・・

 すべてのことには定まった時期があり、
 天の下のすべての営みに時がある。
   ・・・
 求めるのに時があり、あきらめるのに時がある。
 保つのに時があり、投げ捨てるのに時がある。
                  伝道者の書3:1、6  
10

2021/7/20

7月20日 フルパワーで・・  

「朝、時間通りに目が覚めたら・・」

「よし、5:00㏂・・これなら行ける!」

「コロナが収まると何を始めますか」とのチャペル案内、

今朝は目標500枚として出発。

配布結果
 
 時間:5:00〜7:00、
 配布枚数 400、 
 歩数 9900歩

土曜日の「カフェ・チャペル」の期待が高まる。


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


今日は「オリブ」

み言葉に聴き、気付かされた個所の分かち合い。

同じ個所を読みながら、一人一人、気付かされたところがみな違う。

神様の語りかけを「私へのことば」として聞き、受け止める。


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


ランチはF兄が昨日、打ってくれたそば!

2:8の手打ちそば・・一番おいしい!

おいしすぎて、写真の撮り忘れ、残念!


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


夕方、車の修理が出来上がり、受け取りにい行く。

その後で、Nakazawaファームへ。

クリックすると元のサイズで表示します
夕方には「蚊」が出るため、これがあれば大丈夫!
(中に蚊取り線香が燃えています)
雨が多く、半ばで枯れてしまったスイカのネットを外す。

どんなに気を付けていても、

雨の量をコントロールできる人はいない。

来年こそ・・との気持ちを込めて来年に備える。

畑を耕す予定だが、
クリックすると元のサイズで表示します
空が焼けて、暗くなり始め、本日終了!


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


夜、万歩計を見ると‥11,525歩、 移動距離 9.1q

これだけ動いても、特別に疲れたというわけではない。

「これ、主の憐み」・・ありがたし!

聖書の一節を思い出す。

 若者も疲れて力尽き、
 若い男たちも、つまずき倒れる。
 しかし、【主】を待ち望む者は新しく力を得、
 鷲のように、翼を広げて上ることができる。
 走っても力衰えず、歩いても疲れない。  イザヤ40:30、31
10



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ