2011/11/30

11月29日 ファミリーは良いものです!  

先ずお会いしたのは清和ファミリー
もう6年前になるでしょうか、春に清和の同窓会がマキキに来て下さった。その時の訪問が忘れられないと仰る皆さんです。
暖かい交わり、若者からシニアまで生き生きした人々、くつろいだ雰囲気・・清和が求めていた物がそこにありました・・とうれしい印象を語って下さる。その時の好印象が後輩たちをハワイに送る力となり、その年の秋、清和は修学旅行先をハワイにし、マキキプログラムへの参加を中心に組まれるようになったとのことでした。
クリックすると元のサイズで表示します
それから既に5年、修学旅行に参加した生徒たちの教会イメージが明るくなり、アンバサダーチームの訪問がそれを助けているとのこと。
夫々、もう清和を巣立ってから何十年、中には師弟、親子が同窓生として母校を思う心を語ってくださる。それにしても、マキキで毎週のように迎え、送り出しているビジターの皆さんがこれほど印象深く、ファミリーとしてのマキキの交わりを楽しみ、励ましとしておられる事を直接お聞きし、居ながらにして、いつもの生活の中で伝道できる交流の大切さ、レインボウーコネクション、旅人をもてなす事の大切さを教えられた時でもありました。
「これからもよろしく・・」との熱いメッセージを伺う時でした。

夜は、中川ファミリーとのリユニオン。
「いやぁ、お久しぶり・・」「お元気そうで。」との挨拶を交わしながら集まって下さったご一族。集まってこられた全員が既に何度もマキキを訪問して下さり、レインボーコネクションの高知側の橋げたを支えて下さっているファミリーである。
クリックすると元のサイズで表示します
ここには映ってないが、裕也さんは先週の九州アシュラムに来てくださり、新也さんはマキキ現役で今年のクリスマスコンサートでは男性フラチームで賛美をするとのこと。昨年の「クリスマス土砂降りバプテスマ」以来、早一年。すでにこのファミリーで6人がバプテスマを受け、わたし達もリタイヤーしてここにいる・・と不思議をされる神様に感謝。

ファミリーである事の素晴らしさを味わう一日でした。それにしてもアップする写真のほとんどが食べるものばかり・・・デトックス効果を何とかキープと野菜を買いには行くのですが、食べる時がありません。体重計に乗るのが恐ろしい!

Prayer request: 検査の結果、右目に「網膜はく離」の兆しあり。移動中守られ、12月26日ー31日のEC奉仕が祝福されますように。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ