2013/2/26

2月25日 新学年に備えて・・  

毎週月曜日のチャペルは私の当番となっている。
今朝は目に見えない神様を礼拝するチャペルは失った信仰の視力回復のリハビリタイムだと紹介する。信仰の視力回復が出来ると人は変わる。

水野源三さん、4年生の時に脳性まひにかかり、全ての運動機能が麻痺、また、喋るころができなくなった。しかし、イエスを信じたとき、彼はお母さんとの二人三脚で瞬きで詩をつづることが出来ました。

わたしのような者が 
主イエス様のみ姿は見えない、み声は聞こえない・・・・
しかし、わたしのような者が喜びに満ち、
のぞみに溢れて、生きている

蚊が飛んできて「チクリ」とさしても、指一本動かせないから。叩くことができない、「叩いて」と助けを求めることもでません。お腹一杯血を吸って、飛び去るまでみているだけ・・何と悲しいことか・・と思う。 そんな源三さんが「喜びに満ち、のぞみにあふれて生きている」と歌う。 信仰のリハビリが進んだ結果です。

午前中に、新学期に備えての面談を3人の先生と済ませ、放課後、生徒会長と話す。
新しい学年に、新しいスタートを切りたいものです。

信仰は望んでいる事がらを保証し、
目に見えないものを確信させるものです。   ヘブル 11:1
3



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ