2006/9/15

SuperGT 茂木  レポート

9月10日(日)SUPER GT 第7戦「もてぎGT300kmレース」の決勝が開催されました。
金曜日の練習走行から今年の初めからずっとあったギヤ比の問題が、
茂木のコースレイアウト上大きく影響してタイムが伸びない状況でした。
また、原因不明の油温の高さやデータ上ストレートスピード不足に不安がありました。
予選は開始直後から前日より大きくタイムを上げる事に成功しましたが、
作戦的にはもう一歩の11番手と悔しい結果に終わりました。

決勝は、スタート直後2〜3台をオーバーテイクして順調だったのですが、
3コーナー途中前車のスピンを避ける形で自らコースアウトし、
せっかくパスした車にも先行されてしまいました・・
ドライバーは後に謝罪しに来たが、これはレース中の不運なので仕方が無かったと思う。
しかし、その後のペースは相対的に悪くなくて順調に6番手まで順位を上げることができました。
その後、車が軽くストレートも速いフォードが来たので前を譲りましたが混戦のレース展開の中で再度抜き返す事になりました。
再度フォードに迫られた際に残念なことに1コーナーで接触。
はじき出される格好で数秒をロスしてしまいました。
それ以前に、今回はスタートして直ぐクールスーツトラブルで、
とにかく大変な状況でのレースでした。
ルーティーンでピットインした頃には手に力が入らないほど。
和田選手に交代してからも、同じくクールスーツトラブルで、
タイヤ4本交換したのですがペースが落ちてしまって、
なんとか13位で完走はしたものの、自力で車を降りることが出来ず、そのまま医務室に運ばれる程にまで衰弱していた。
さまざまなトラブルや厳しい条件でレースを戦い、
完走できた事は今の僕達にとってとても意味のある事でしたが、
同時に課題がはっきりしたレースだったと思います。
プライベーターの僕らに、直ぐに解決出来る物でもないですが、
パスした車が上位入賞を果たしていただけに表彰台も狙えたレースだったし、
ラスト2戦優勝目指して力を合わせたいと思います。
応援よろしくお願いします!!

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ