2007/7/31

菅生の写真  写真

プロカメラマン森山俊一氏の写真です

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

Photo:Toshikazu Moriyama

2007/7/29

完走  レース

GT決勝は、スタート前に雨が降り出し、レインコンディションの中、ペース良く追い上げ、9位で完走できました。
応援、どうもありがとうございました!
KOJI YAMANISHI〓〓〓〓

2007/7/28

トラブル  レース

GT予選は、1回目に昨日と同じトラブルで駆動系トラブルも誘発し、1周しかアタック出来ず18番手となってしまった。午後は決勝セットで満タンにもかかわらずタイムアップをしたので、明日に向けて気持ちを入れ替えたいと思います!
KOJI YAMANISHI〓〓〓〓

2007/7/27

GT  レース

GT初日の練習走行は、午後にホイールトラブルが出てしまいましたが、明日も頑張って走りたいと思います!!
KOJI YAMANISHI〓〓〓〓

2007/7/26

菅生へ  レース

今から出発です
応援宜しくお願いします

2007/7/25

体験  スクール

スクール2日目を終えて自宅へ戻りました
今回の体験スクールは年齢制限がありません。
非常に内容も濃いので皆さんも参加されてみては?!

2007/7/24

鈴鹿  スクール

今日からスクールがある為鈴鹿に居ます・・・
明日も早いのでおやすみなさ〜い。
KOJI YAMANISHI〓〓〓〓

2007/7/20

ルマン24レポート2  レポート

土曜日、サーキットに到着した頃には新車があって、既にフリー走行に出走出来る状態になっていた。
車検に間に合い、車が戻ってからもひき続き徹夜したメカニックが慌ただしく作業を続けていた。
クリックすると元のサイズで表示します
僕らもシートポジション等の確認をした。
フリー走行の天気は雨で、生憎のレインコンディションだったが2人のドライバーで確認走行をしっかりこなした。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
スタート前にはドライバーのフォトセッションがあり、
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
そしてグリットへ。
スタートを担当することになり、車に乗り込みました。

そして緊張のスタート!
路面はドライコンディションになっていたが、
新車でドライコンディションを全開走行する実質最初の周だったし、車の動きを確認する事に集中した。
雨の残る路面状況の中で、24時間もあるレースの最初の1周をわざととても慎重に走っていた。
しかし2周目のユノディエール第1シケインの立ち上がりで突然駆動力を失った。
突然どのギヤに入れても駆動力のない状態となり第2シケインまで惰性でたどり着いて、車を停める事となってしまった。
暫くするとメカニックも駆けつけたが、駆動力を失った状態でピットにまで戻ることは不可能で、とても残念ながらその時点でリタイヤする事となってしまった。
ドライブシャフトの破損がリタイヤの原因だったが、これは今回急遽準備した新車に新型のドライブシャフトが間に合わなかった事が大きかった。
色々な事があったレースでしたが、再びレースが出来る状況にする為にあきらめず努力してくれたオーナーに心から感謝しています・・・。
最低限レースが出来る車を造る為にハードワークをしてくれたメカニックにも本当に感謝します。
リタイヤした後は言葉にならない何とも言えない気持ちになりましたが、
ルマンとは本当に過酷なレースなので、自然に再チャレンジしたいという気持ちになった。
去年22時間も走ったのにほとんど走れなかった今年のルマン。
残念ですが、これがレース。
アピチェラ選手の一刻も早い復帰も望んでいますし、
人生は常にこれからどうするかしかないので、国内のレースを精一杯走ります。
日本からも沢山のメッセージを戴き感謝しています。
御声援どうもありがとうございました!!!

2007/7/17

ルマン24レポート  レポート

6月16日ー17日の決勝の1週間前に、
事前テストが行われましたが、
昨年出場してシード権を得ていたために、
僕は日本で準備しました。
テストには昨年も出場したアピチェラ選手と、
昨年参加していなかった余郷選手が行いました。
昨年から変わったことはといえば、
車は昨年使用したムルシエラゴR−GTそのものですが、
メンテナンスが名門DAMSとなった事と、
日本のSuperGTでも使用している横浜タイヤになった事です。
事前にルマン用のタイヤを日本のサーキットでしっかり選んだ事もあり、期待していた通りタイヤのフィーリングは良く、ダムスもとてもプロフェッショナルだと聞いていたのでレースに期待がもてました。
フランスに着いて初日の月曜日は、無事チームと合流し、
ダムスの工場に行って、レースウィークのスケジュールの確認をしました。
そして火曜日はレースの受付と車検を行いました。
ルマンは市内の中心にあるジャコバン広場で毎年恒例の公開車検です。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
順番はワークスであるアウディーの次。
クリックすると元のサイズで表示します
そして集合写真の撮影です。
クリックすると元のサイズで表示します
TVのライブ放送や場内インタビューなどもありました。
クリックすると元のサイズで表示します
日本のチームであり、唯一のランボルギーニでの出場という事が話題でした。
そしてようやく走り始めた水曜日、夕方に始まった予選1回目。
走りはじめは僕からです。
確認走行の後、4周の連続ラップを走り、
比較的ハード目の中古タイヤでその時の車の状態としてはタイムも比較的に良く、マージンを持っての走行だったので、レースに向けて第一関門を突破した感じでしたね。
聞いていた通り、タイヤとのマッチングも良く、メカニックもプロフェッショナルで、レースに期待が少しずつ膨らみ、同時に緊張感も増していきました。
アピチェラ選手に代わり、3周を周回した後に、
アナウンスで僕の名前やランボルギーニがアナウンスされていて、モニターにクラッシュしたムルシエラゴが映っているという情報が入った。
直ぐにモニターを確認するとユノディエールの第1シケインでクラッシュしているマシンが映っていた。
リアウイングが無く、はっきり細かいところは確認できなかったが予選続行が難しくなった事ははっきりしていた。
しばらくの沈黙の後、車がパルクフェルメに戻ってきてようやく状況が判った。
マシンは右のリヤを大きく損傷していて、コックピット周りはそのまま残っているのですが、マシンはフレームにまで損傷があり、修復はほぼ難しい事が予想できた。
僕らドライバーは病院に運ばれたマルコ・アピチェラ選手に会いに行く準備をして、
夜サーキットを後にした。
木曜日の僕らにACOから言い渡された判定は、新しい車での再出走は不可能であるという事でした。
サーキットで僕らは辛い1日を過ごすことになったのですが、
同じ日本人を応援する気持ちでした。しかし、午後になって突然、信じられないニュースが。
ACOから特別に認定が降りたという。
僕は夜間でのナイト走行の規定集回数を満たしていないが、
予選アタックを行ったのは僕自身であり、前年度22時間レースを戦った実績から、出場が認められたということでした。
チームの意欲と情熱を受け入れられた格好で、世界中のランボルギーニファンの気持ちも入れて、
再びのエントリーとなりました。これは前例が無い事です。
クリックすると元のサイズで表示します
そして金曜日はドライバーズパレードがジャコバン広場の教会前からスタートしました。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
決勝には2人のドライバーで望むことになっており、余郷選手と2人でパレードに参加しました。
クリックすると元のサイズで表示します

その頃PITでは土曜日朝の車検とフリー走行に間に合わせるべくマシンを準備していました。
3週間かかる仕事を1日で行うべくメカニックが総動員で徹夜の作業に取りかかっていたのです・・・

2007/7/13

クラブ ランボルギーニジャパン  宣伝

ランボルギーニジャパンが新しく立ち上げた、
クラブ ランボルギーニジャパン設立記念パーティーが昨日都内で行われました。
関係者の皆さん発足おめでとうございます!

Club Lamborghini Japan
http://www.club-lamborghini.net/

2007/7/10

帰宅  スクール

スクール2日目は大きなクラッシュも無く無事に終えて、
自宅に戻りました
今日は朝から大雨の中生徒も僕も沢山の周回をしました。
欲を言えばもう少し攻めたかったけど・・・。
久しぶりにスクールカーで雨を攻めるのは楽しかった!!

2007/7/9

SRS-F  

今日からスクールの講師で只今鈴鹿です。
先導走行などがメインでしたが久しぶりにスクールカーに乗りエンジョイしています
今年で13年目という事ですが僕もその分年を取ったのかなぁ
関係者が当時と殆ど変わらないメンバーという事もあってスクールに来ると今までの事を本当に色々と思い出します。
スクールは明日までなのですが雨の予報なので大きなクラッシュ無く生徒にとって良いトレーニングの機会になればと思っています。

鈴鹿サーキットより。

2007/7/6

KART  

久しぶりに真剣にカートトレーニングに行って来ました。
天気が良かったせいか沢山走ったせいか(170周!)
ちょっと疲れたけどとても良いトレーニングになりました

2007/7/4

打ち合わせ  

7月14日に行われるキッズカートスクールの打ち合わせに茨城県に行って来た。
これは社会貢献活動を促進する株式会社DeNA様とそれに賛同した先輩の野田さんが共同で行うスクールなのです。
小さい子供達の明るい将来を手伝うことが出来ればと思います。

dengen キッズカートスクール
http://www.dena.jp/press/topics_200706.html

2007/7/2

練習  

今日は茂木で練習走行をしてきました。
というのも今年もカート耐久レース”K-TAI”に出場する為、
事前テストが行われた本日参加してきたという訳です。
僕らはVIMOレーシングとしてエントリーしています。
毎年盛り上がるイベントなので今から楽しみです!
クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ