2008/5/24

カートレース  

DQCCカートレースにゲスト出場してきました。
40分耐久レース結果は作戦の読み違いで5位でしたよ。
〓KOJI YAMANISHI〓〓〓

2008/5/24

富士山  

写真を載せ忘れていたようですね。
昨日の富士山です!
〓KOJI YAMANISHI〓〓〓

2008/5/24

カート  

ひさびさに御殿場にカートトレーニングに行ってきました!
充実して走れましたよ。
写真は今日の富士山です!〓KOJI YAMANISHI〓〓〓

2008/5/19

GT第3戦写真2  写真

昨日の三社祭は凄い賑わいでしたね
SUPER GT 第3戦写真第2弾です

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

Photo: triple a

2008/5/17

関西  

関西に帰っています。
写真は実家のビヨンドです。
ひさびさに元気な家族や関西の皆とお逢い出来るのはうれしいことですね。
レースに関しては、チームは次戦マレーシアラウンドに向けて準備をしているところなので、僕もトレーニングしっかり頑張っていきたいと思っていますよ。

〓KOJI YAMANISHI〓〓〓

2008/5/13

鈴鹿南コース  スクール

SRS-F 体験スクール2日目は、南コースでコースの中から無線でアドバイス。
初めての参加者も講師に近いタイムを出してくれて良い内容で終えました。
結局台風は既に関東に移動していたようで、暖かい陽射しの鈴鹿サーキットは、さすがモータースポーツファンの聖地!
今日はとても爽やかな空気が流れていましたよ。

2008/5/12

スクール  スクール

鈴鹿サーキットのスクールに来ています。
今回は体験スクールの為、16歳から60歳!と年齢層がとても広いんですよ。
初日の今日はシビックとS2000を使ったカリキュラムでした。
明日は南コースへ移動し、フォーミュラENJOYを使用します。
台風が接近中で少し心配ですが雨が降らないことを願っています。

2008/5/10

チームメイト3  レース

チームメイト御紹介3人目です。
松田秀士選手は、実はタレントのビートたけしさんの奥様の実の弟。
つまり義理の弟になる訳です。
又、カーオブザイヤーの選考員の一人でもあり、執筆活動も精力的にされています。
今年のS-GT選手権ではおそらく最年長にもかかわらず熱心に現役レーサーとして活躍されていて、特にヤングドライバーには大きな刺激になっていますよね。
以前から面識はあり、関東の方だとばかり思いこんでいましたが実は関西での生活も長かったそうです。
昨年は、怪我をしたマルコ選手の代役でAKTIOムルシエラゴRG-1で一緒に組む事になりました。
今年は88号車triple a ガイヤルドRG-3をドライブされています。
クリックすると元のサイズで表示します

2008/5/7

GT第3戦写真  写真

プロカメラマン森山俊一氏の写真です

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

Photo: Toshikazu Moriyama

2008/5/5

GT第3戦レポート  レポート

金曜日練習走行
第2戦岡山の後、GT-A(ジーティーアソシエーション)が直線の速いポルシェ2台とJLOCの車にも性能調整として、
1ランクダウンにする事を決定し、通達を受けて僕らも小さいリストリクターで走行する事となった。
今回エンジンの燃料を調節するECUの調整にイギリスからコンピュータを調節する方が一人チームに来てくれた。
走行が始まるとトップスピードは20km遅く、同じチームJLOCガイヤルドと比べても15kmも遅い。
又それ以上に辛いのが加速が弱く、その影響でコーナーでのバランスまでも取れない事だ。
午前中のドライコンディションではトップから2.5秒も遅いタイムしか刻む事が出来ませんでした。
岡山ではダウンフォースを削る事により決勝はナーバスな車になってしまったが、
午後の走行でやむなくダウンフォースを削る事にした。
コーナーは辛いがコーナーからコーナーまでの間が少しでも良くなるようにぎりぎりまで調整して走った。
午後はレインコンディションだったが様々な事を確認する事が出来た。

土曜日公式予選
予選1回目のGT300の走行は僕がアタックした。
路面は前日の雨が残る形でレインコンディション。ヨコハマ勢トップの7番手。期待以上の順位に胸が躍った。
GT500と混走の時間は余郷選手が走行。
徐々に路面が乾き始める状況で、ドライで走る車もあり、僕らも深溝タイヤから浅溝タイヤに一度付け替えたのだが結局深溝のまま走行していた。
結果的に20分間の最初の10分までがとてもコンディションが良く他のチームが軒並みタイムアップしてしまい順位は落ちた。
残り5分で再度僕に交代したが、雨が強い状況で新品タイヤは暖まらない為、
深溝タイヤの減った状態で走ったがタイム更新する事は不可能だった。
順位は19番手。
ガイヤルドがスーパーラップに初進出となり、これはチームとしては嬉しい結果。

予選2回目
スーパーラップには残れなかったが、決勝に備えてガソリンを積んで確認走行。
タイヤが減った時にバランスが悪くなる事を確認できた事は収穫だった。

日曜日決勝レース
朝のフリー走行はサーキットにバスが入る、いわゆるサーキットサファリから始まる。
タイヤ温存などはせず、満タンでの車の確認走行をして、
サファリが解除されてからは全開で走行した。
僕らの車は極端にダウンフォースが少ない為にコーナー侵入ではスピンしそうになるが、
トラクションが良く、速くアクセルを開けて走る”ごまかせる”バランスは確認出来た。
トップから約1秒で走れたのでタイム的にも手応えがあった。
余郷選手に交代して、チェッカーの後にもドライバー交代の練習をして走行を終えた。
余郷選手もタイヤが減った状態での動きに疑問があるようだったが、エンジニアは理解してくれていた。
決勝は今回はいつもより200kmも長い500kmのレース。
他チームが1ピット作戦を採る中、燃費の悪いランボルギーニは2ピット作戦を採らざるを得ない。
スタートは僕が担当し、余郷選手に交代して再度僕に交代する予定でした。
決勝がスタートし、ストレートの速いレクサスには1コーナーまでに簡単に交わされてしまい20番手となる。
車はストレート以外は完璧で、3ランクダウン選手権(笑)があれば優勝できそうだった。
他車を1台ずつパスしていく事が出来て、チームJLOCの88号車ガイヤルドの直後に迫ったが、
残念ながらガイヤルドは他車と接触してしまう。
その横を僕が通過して順位が更に上がった。
12〜13周目には14番手に上がりポルシェの後ろで様子を見る事になった。
折角コーナーで努力して速く立ち上がってもストレートでは離されてしまうのでパッシングは不可能かと思ったが、
GT500と交差するタイミングを利用し、19周目には幸運にも13位に上がった。
しかしその2周後の21周目に何の兆候もなく、Aコーナー手前の直線区間で突然ブレーキが掛かりその後リヤがロック。
エンジンが壊れた様な感じだったが、とにかくそこでレースは終える事になった。
今回は小さいリストリクターに合わせていつもより無理をして色々と調節した部分があり、その影響が出たのかもしれない。
しかし、現状では、ドライバーとしてもチームとしても出来る事は全てやったという達成感があるレースでした。
次戦はS-GT選手権で唯一の海外戦であるマレーシア戦。
この逆境に負けずにチーム全員頑張ります。
皆様の沢山の応援、どうもありがとうございました!
クリックすると元のサイズで表示します

2008/5/5

決勝  レース

渋滞の中帰宅しました
GT決勝は完璧なセッティングで13位まで順位を上げましたが、
小さいリストリクターに合わせた調節が悪影響し、エンジン系のトラブルによりリタイヤとなりました。
応援ありがとうございました!

2008/5/3

予選  レース

予想以上に性能調整の影響があり、それでも予選1回目の最初の段階では7番手となったが、混走時間のタイミングで順位は19番手となりました。直線スピードが伸びないので辛いレースになりそうですが、最後まで諦めずに走りますよ!

2008/5/1

第3戦  レース

スーパーGT第3戦(富士SW)が明日からスタートします。
チームは第2戦後にGTアソシエーションから1ランクダウンの通達を受けてしまい、厳しい状況になると思いますし、
これに関しては暗い気持ちにもなりますが、全力で戦います!
応援よろしくお願いします!



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ