2009/6/28

ランニング  レース

マレーシア番外編です。
金曜日ランニングした場所から。
僕の後ろには2コーナー、パドックが見えます。
クリックすると元のサイズで表示します

たまたまGT3クラスの、ランボルギーニガイヤルドも走行していました。
クリックすると元のサイズで表示します

そして空港が見えます。
クリックすると元のサイズで表示します


パドックに帰るとメカニックがフロントウィンドウにフィルムを張る作業をしてくれていました。クリックすると元のサイズで表示します

前座のFormula V6 Asiaも走行していました。
クリックすると元のサイズで表示します





2009/6/25

マッサージ  

マレーシアへ向かうフライトの直前、
成田空港で見つけたマッサージ機。
ボタンを押している間動くのですが、シンプルでしかも光る優れもの
値段も千円と安い。
松田選手と二人で購入しました。
クリックすると元のサイズで表示します


残念ながら、マレーシアに着いて機内に忘れてしまったのですが、
往路ではこういう感じで使ってました
クリックすると元のサイズで表示します




2009/6/24

GT第4戦レポート  レポート

66 triple a ムルシエ RG-1
予選5位
決勝5位

なんといえばいいのだろう
結論を言えば悔しいレースでしたが内容があり納得しています。
4位には順当にいけば入れたが何より5位は今年のベストリザルトでした。

木曜日
夜、マレーシア入りした僕たちは、夜中現地で軽く食事を済ませ、
その夜はゆっくり休みました。

金曜日
朝9時にクアラルンプール市内のホテルを出て、
サーキットへ出発。
一日サーキットで過ごすことになりました。
午後には今回東京から行動を共にしていたチームメイトの
坂本選手と一緒に軽くランニングをし、コンディションとストレス発散?
をして、夕方には恒例のレンタカーによるタイムアタック!ではなく、
完熟走行でイメージを造りました。

土曜日
公式練習
ルマンで殆ど走行できなかった余郷選手からのスタートです。
マシンは順調に見えましたが走り出してまもなく大雨になり、
走行は一時中断するほどの雨でしたがまたすぐに上がり、
1時間を過ぎるころになると再びドライに。結局僕はドライでの2周のみ。

予選1回目
午後、いきなり予選が始まるわけです。
余郷選手が無事にクリアして僕も車とコースになれることに集中します。
そしていきなり今回唯一のソフトタイヤでタイムアタック。
なんとか3周目に6番手タイムをだして2戦連続のスーパーラップです。
正直に残れる手応えはなく、無線で聞かされた時はとても驚きました。

スーパーラップ
どうやら現地のオフィシャルが出すタイミングが一周早かったらしいが、
僕はオフィシャルの指示に従い10秒前、そして信号がグリーンに変わり
コースインし通常の流れでタイムアタックをしていました。
初めて試した走り方でミスがありタイムアップはならなかったが、
決勝用にハード目のタイヤを履いていたので7位は順当に感じていた。
エンジントラブルの車両とレギュレーション違反の車両により、
予選は5位となった。


日曜日
フリー走行
今回エンジニアが考えたセッティングの方向性が良く、
足回りの変更のあったリヤに対してフロントも同じ方向にアジャストした。
操縦性は多少だるい感じで僕の好みとは多少違うのだが、タイヤには良さそうで、
暑いマレーシアには適している予感があった。
サーキットサファリは突然のスコールで走行せず切り上げたが決勝が楽しみだった。

決勝
スタートしたら1コーナーまでに今回初参戦の現地の車に直線で抜かれ、
1つ順位を下げたが、まもなく前の車が2台接触し、
序盤は4番手を走行することになった。
トップの車を視界に捕らえてのレースがこんなにわくわくするのだと、
改めて思いましたね。
車のハンドリングも良く、今年は直前に降った雨のせいか、
あまり暑くなくて快適と言ってもいい状況でした。
中盤モスラをパスして、更にアウトにはらんだ車両があり、
労せず2番手となった。
タイヤを労わる事を前提に前を追ったが、後ろから紫電がせまり、
簡単に真横に並ばれたので、パスさせざるを得なく3位となった。
そして紫電が早めにピットインしたことにより再び2位を走行、
トップのISには少し差があったが、タイヤが厳しいらしい、
急激に差がなくなりつつあった。
しかしピットイン予定5周前くらいから異音があり、
途中500の車両に軽く右リヤを接触された影響が心配だったので、
まだコースに留まりたいがそれでレースを台無しにするリスクがあり
念の為少し早めにピットインしました。
予定通りリヤタイヤのみを交換して余郷選手に交代、給油をして
コースには実質5番手で復帰したが、目の前に4番手の車両があり、
更に15秒前にタイヤ無交換の車両が・・。
これらをパスできれば表彰台かと観る側で力が入ったが、
スロットル関係のトラブルが出たようで、残念ながら後半は、
ペースが鈍ってしまったようだった。
悔しいといえば悔しいが、残念に思う要素はなく、
車の進化を感じられた良いレースウィークでした。
期待をしたファンの方々にはごめんなさい。
今年中にチャンスを活かして表彰台に登りたい、
そう前向きに期待感を持って終えたレースだった。
また、チームにとってルマンで不運の連続でほとんど走れなかった暗い雰囲気を、
レースウィークで変えることができたことは大きな収穫だった筈。
そういう意味ではドライバーとしてはとても嬉しい。
レース後は悔しい気持ちが先行しつつつらい精神状態に陥るが、
シーズンは半分あるし、優勝目指してチーム一丸となり頑張ります。
応援どうもありがとうございました!!次戦菅生も応援よろしくお願い致します!!

2009/6/23

GTマレーシア写真  写真

プロカメラマン森山俊一氏の写真です!

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

Photo: Toshikazu Moriyama

2009/6/23

マレーシア  

SUPERGT第4戦マレーシア/セパン
予選5位
決勝は一時2番手を走行しましたが
5位でゴールしました!
応援どうもありがとうございました!

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

2009/6/16

セパン  

最近KYという言葉が流行しますが僕のイニシャルは生まれつきKYであり、
そっくりな母のそれも同じくKYです。
広めてくださった方には感謝します。(笑)

今日トレーニング後何気なく食べた中華がとても辛く、
また汗をかいてしまった・・・。
お蔭でレースモードに入れたので感謝します。
今週はSUPERGT第4戦マレーシア/セパンです。
JLOCムルシエラゴの応援宜しくお願いします!!

2009/6/10

ワールドカップ  

昔、小学生の頃サッカー少年だった僕は、休み時間や放課後に、
校庭で嫌というほど走りまわっていました。
中学受験に集中する為小学6年生になる頃に辞めたのですが、プロになるのは難しいと直感で思ったなぁ。
大人になり殆どボールに触れる機会すらないですがW杯はやはりTVで観戦します。
日本は無事予選を通過して本選に出場するようです、東京タワーも祝福していたような。
国内で活躍する選手が日本を代表して世界と戦うという構図も解り易い。
モータースポーツもいつかこういう構図になる時代が来るのでしょうか。
さて、今週JLOCがルマン24時間耐久レースに出場します。
元F1ドライバー野田選手もKSMからLMPクラスに参戦します。
それぞれが日本を代表して良いレースを戦ってほしいと今年の僕は日本から応援します。

2009/6/6

夏  

本当に暖かく過ごしやすい季節になりました。
気温が低い日の夜少し厚着をして自転車で出掛けるのも心地が良い。
この時期窓を開けて寝ても涼しい風に眠りが深い。
一年中これぐらいの気温があればと思うけど、
四季があるから夏になった時のありがたみが感じられるんだろうね。

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ