2012/8/5

菅生レポート  レポート

2012 AUTOBACS SUPER GT第4戦 SUGO GT 300km RACE

開催日程
2012年7月28日(土) 公式予選
2012年7月29日(日) 決勝レース

菅生のレースの1週間前には、鈴鹿サーキットでの1000KMレース公式事前テストに参加しました。
生憎の雨で、タイヤの比較やトライしたかったセットアップの比較は出来ませんでしたが、ABSの故障があって、
菅生のレースの前にトラブルを出すことが出来て良かったと、前向きに考えてレースに臨みました。

フリー走行:4位
走り始めは好調で、タイヤの比較を行った。燃料も積んでいる状態では悪くなかったと思います。
予選に向けてのセットの確認もきっちり行えたので、良い滑り出しでした。

予選1回目:9位
シフトダウンのトラブルに苦しむことになった。
これはセパンの決勝レースで初めて出た症状だったのですがダウンシフトがコーナー出口になってから落ちる為
予期せぬときに出ると思わぬロスとなる。

スーパーラップ:7位
インラップと合わせてたった2周だから、ダウンシフトのトラブルは出ないと思いましたが、
突然コーナーで落ちなくなって、大幅なタイムロスとなった。

決勝:19位
スタートを自分が担当しましたが、パワーのある車には1コーナーで前に出られる心配があったのだが
黄旗が振動していて、最初の数周は殆ど数珠繋ぎのまま、動きの無い展開となった。
そのあと、前を走る車両が500と接触し、一つ順位を上げた。
レース後半を重視するために極端なセットアップをしていた為に、最終コーナーではスライド気味だった。
ストレートで再度抜き返されるが、そこに更に後ろの車両がオーバーテイクをしかけてきて接触。
これは無理なチャレンジだったと思います。
コース上でスピンターンをしようとした時にはTCSが作動してしまいまっすぐグラベルに。
そのあとは良いペースで走ることが出来た。
シフトダウンは問題なく、自然とペースが安定したと思います。
12番手くらいでPITイン。

交代後には温度の上昇もあったのかシフトが落ち辛かったようだった。
レース後半のペースは問題なく安定していたのだが、他のトラブルによりPITインを強いられた。
何とか完走して、19位でチェッカーを受けました。
悪夢のような展開でしたが、これもレース。88号車が表彰台に登ったのは勿論嬉しいが、
やはり今度は87号車が表彰台を目指したいと思います。

ここまで何かが噛合わないが、
'99年のフォーミュラニッポンではフロントローからスタートしながら
開幕3戦連続でスタート出来ないことがあったぐらいだからね。
レース全体として内容は悪くないので、なんとか結束して乗り越えたい。
まだまだ先輩のドライバーも活躍しているわけだし、諦めずにもっと頑張りたいと思います。
沢山の応援、どうもありがとうございました。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ