2013/11/22

JAFグランプリ  

明日からJAFグランプリです。
予選、決勝が土曜日に開催される日程なので、
僕は忙しいのですが、
良いレースにしたいと思います。
応援してください!!




クリックすると元のサイズで表示します

2013/11/22

最終戦レポート  レポート

大会名称
2013 オートバックス SUPER GT第8戦「MOTEGI GT 250km RACE」

2013年11月3日(日)・決勝  会場:ツインリンクもてぎ(4.801km)  天候:曇り  気温:25℃(14:00時点)
路面温度:25℃(14:00時点)  コースコンディション:ドライ  観客:3万人

SUPER GT GT300クラス
エントラント:JLOC
マシン:86号車 クリスタルクロコ ランボルギーニ GT3
ドライバー:山西康司/細川慎弥

11月3日(日)、栃木県芳賀郡茂木町のツインリンクもてぎにおいて、2013 オートバックス SUPER GT第8戦「MOTEGI GT 250km RACE」の決勝レースが行われました。

予選日
公式練習
もてぎのテストには参加していなかったので
大きなトライは出来なかったが、
いままでのセットをベースに、エンジンマップなどの調整をしてこのレースへと望んだ。

いつもとは違い、細川選手からのスタート。
僕に変わってからタイヤの評価をするのが最初の仕事だったが、
想定していたタイヤのパフォーマンスは思わしくない。路面の悪さもありスピン。
タイムも思った以上に悪い。。

予選へ向けて、車のアジャストをして、望んだ。
実は新しいマップを入れたチャンネルと違うところで走っていたらしく、
予選は良くなることが確実だった。

予選
Q1:18位 1.50.446
細川選手がアタック。
直線も悪くなさそうだし、車もまずまずのフィーリングだった。
一周しかチャンスが無いコンディションの中で、Q1突破のタイムを刻んだラップで、
コースアウトした車両に阻まれ、順位は18位。
決勝に向けては微調整をして追い上げられる作戦を練った。

Q2:走行せず

決勝日
フリー走行では僕も車のフィーリングはまずまずという感じを得て、
細川選手が良いタイムを記録していた。


決勝:13位 ベストラップ 1.52.658
いつもの逆で、細川選手スタート。
3分の1の周回数でピットに入り、リヤタイヤのみ交換をして、ピットアウト。。
4輪無交換も可能性を持っていたが、思った以上にリヤタイヤがきつかった。

他の車がピットにはいるころ、少しずつ順位を上げていったし、
オーバーテイクが難しいもてぎのコース特性のなか後半のタイムはかなり良かったが、結果、13位となる。

86号車チームとしては、シーズンをやれるだけのことはやったと思います。
昨年と比べて、殆ど走れない、シーズン中盤を過ごしていた頃と比べたら、
今年はチームワークも良くて、それぞれが気分良くレースウィークを過ごすことが出来ていた結果
途中、取りこぼしはあったけれど、表彰台を二度記録している。
もしこうなっていたらと言うことはたくさんあって、悔しい部分もあるが、気にせず前だけを向いて頑張ります。

一年間応援ありがとうございました!
スポンサー企業様、チームオーナー則竹会長、
エンジニア、メカニック、チームメイトの細川選手や、それをサポートしてくれていたスタッフにも。

最終戦では車の速さが少し戻っていると感じられたから、JAF戦では三度目の表彰台を目指して頑張ります!



カートスクール⇒T.K.Y

ウエア⇒ネットショップ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ