2015/8/10

GT富士写真  写真

プロカメラマン森山俊一氏の素晴しい写真です!
森山さんいつもどうもありがとうございます!!

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します


PHOTO: TOSHIKAZU MORIYAMA

カートスクールFB facebook

ネットショップONLINE STORE 

2015/8/10

GT富士レポート  レポート

2015 オートバックス SUPER GT第4戦「FUJI GT 300km RACE」

SUPER GT GT300クラス
エントラント:JLOC
マシン:87号車 クリスタルクロコ ランボルギーニ GT3
ドライバー:青木孝行/山西康司

2015年8月9日(日)・決勝  会場:富士スピードウェイ(4.563km)  天候:晴れ   気温:31℃(15:00時点)  
路面温度:45℃(15:00時点)   コースコンディション:ドライ  観客:3万6400人(主催者発表)

8月9日(日)、富士スピードウェイにおいて、
2015 オートバックス SUPER GT第4戦「FUJI GT 300km RACE」の決勝レースが行われました。


予選日

公式練習 26番手 1.40.883
ベテラン青木選手にセットを任せる形で進む。
ダウンフォースのバランス、サスペンションのバランスは、
問題ないが、タイムが悪い。
僕に代わってもその傾向のままでした。

予選
Q1  27番手 1.40.328
青木選手のアタックでタイムを順当に伸ばしました。
バランスも特に大幅に悪くないし、ストレートが伸びないことや、限界時での挙動の悪さが、
タイムに直接影響しているようですが、なすすべ無し。。
不名誉な最後尾です。

決勝日

フリー走行 28番手 1.42.310
青木選手から僕に交代、
かなりオーバーステアな状態でしたが、
決勝に向けてはセットの方向性を確認出来た。

決勝 11番手 1.42.376 ベストラップ
青木選手がスタートし、ストレートで前に離される苦しいレース展開でした。
トラブルで最後尾になっていた車両にも簡単に抜かれ、
タイヤのバイブレーションで少し速めにPITに入り交代。
300のトップ車両が後ろから来て青旗が振られて譲りながらのレース展開。
GT300もGT500にも時に3ワイドで交されながら、ペースを安定させることに集中した。
最後数ラップはPITからペースを上げるよう指示を受けて、
同一周回の車両から逃げ切るためにペースを上げた。
結果ポイント一歩手前の11位。今年初完走。
富士ではストレートが直接影響するから苦しいレースとなりましたが、
鈴鹿では良いレースが出来るよう、チームと打開策を探したいと思います。

今回のレースでチームがGT100戦のお祝いをしてくださいました。
1998年にGT500でランキング2位でデビューしましたが、
そのあとしばらくフォーミュラに専念していましたので、このタイミングでの100戦でした。
これまでのレースを思い出しますね。JLOCには2003年に加入しました。
オーナー則竹さん御夫妻、チームのみんな、今まで関わった全てのかたに感謝します。

ありがとうございました。




カートスクールFB facebook

ネットショップONLINE STORE 

2015/8/7

GTTHAIレポート  レポート

2015 オートバックス SUPER GT第3戦「BURIRAM SUPER GT RACE」

2015年6月21日(日)・決勝  会場:チャーン・インターナショナル・サーキット(4.554km)  天候:晴れ
気温:35℃(15:00時点)  路面温度:55℃(15:00時点)  コースコンディション:ドライ
観客:3万8381人(主催者発表)

6月21日(日)、タイ・ブリーラムのチャーン・インターナショナル・サーキットにおいて、
2015 オートバックス SUPER GT第3戦「BURIRAM SUPER GT RACE」の決勝レースが行われました。


予選日

公式練習 20番手 1.36.757
青木選手から走り始めるが、思うようなバランスが取れない。
何度もPITインをしてセット変更していく。
最後に僕に代わってからも、
ブレーキング時や加速で片側によってしまう感覚だ。
タイヤの問題もあったのかもわからないがかなりドライビングし辛い感覚だった。

予選
Q1  20番手 1.36.659 
青木選手が担当し、20番手。
現状では力を出し切ったが、
上位との差は埋まりそうもない感じだ。

決勝日

フリー走行 18番手 1.36.494
青木選手から交代し、1周走った後、
新品タイヤでアタック。
ガソリン満タンながら、予選を上回るタイムを出せた。
その後、サファリの時間にリヤウイングをつけると更にぐっと良くなったそうだし、
決勝には期待した。

決勝  リタイヤ 1.38.844 ベストラップ
青木選手がスタートした。
第2戦の予選でトラクションコントロールが入りすぎる問題があったが、
それと同じようなトラブルで、ペースが上がらない。
なんとか後半はチャンネルを切り替えて、
症状は改善していたようだった。
しかし、ちょうどレース半分のスティントでドライバー交代の準備をしたところで
ミッショントラブルが発生。リタイヤとなった。
僕にとっては2年連続で決勝を走ることなくリタイヤ。残念なレースだった。

翌日、バンコクの友人宅に一泊し、一人でPATAYYAへ。
チームの皆と合流して食事。
たまにはこういうのもいいね。
メカニック達はその日に帰ってしまったが、
そのあと、僕はもう一泊して日本に戻った。

原因不明の状態だといわざる得ない今シーズン。
自分の仕事を楽しめなくなったら終わりだ。
勘違いや思い込みではレースはうまくいかないからね。
すべてはバランス。。経験を生かせるよう、頑張ります。
次戦もしっかりと準備して、更に強い気持ちで望みます。

カートスクールFB facebook

ネットショップONLINE STORE 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ