2009/9/12

山満喫の2日間  日々のこと(〜2009年)

10日からの2日間バストレッキングが日本中快晴の日にはまって、3つの日本百名山と日本アルプスの展望を満喫出来ました。

クリックすると元のサイズで表示します
日本百名山:霧ヶ峰・八島ヶ原湿原

まず訪れたのは霧ヶ峰・・・最高峰の車山(1925m)は迂回してしまいましたが、車山の肩から八島ヶ原まで高山植物を楽しみながらトレッキングしました。
八島ヶ原湿原はもう秋のたたずまいで、クサモミジが色づいていました。

クリックすると元のサイズで表示します
日本百名山:美ヶ原

次は、美ヶ原・・・美ヶ原山本小屋から美しの塔を経て、最高峰の王ノ頭(おうのとう:2034m)まで行って、宿舎の山荘まで急坂を下山しました。

クリックすると元のサイズで表示します
日本百名山:乗鞍岳

2日目は、乗鞍岳・・・バスで松本経由で一気に畳平(2702m)まで移動して、蚕玉岳(こだまだけ:2972m)を経て、最高峰の剣ヶ峰(3026m)までを往復しました。

とにかく天候に恵まれた2日間で、車中からもトレッキング中も日本アルプス他の山並みを楽しむ事が出来ました。

クリックすると元のサイズで表示します
南アルプス(霧ヶ峰から)

右端が仙丈岳で、左の高い山が甲斐駒ヶ岳、その間に左から北岳・間ノ岳・鋸岳が見えます。左手の先が鳳凰三山へと連なります。

クリックすると元のサイズで表示します
八ヶ岳(美ヶ原から)

硫黄岳・横岳は雲の中ですが、一段高いのが赤岳で、そこから左手に権現山・編笠山が続きます。一番右手は富士山です。

クリックすると元のサイズで表示します
北アルプス(乗鞍岳から)

くっきり見えているのが前穂高岳でその左手が奥穂高岳で、そのカール上の下が上高地になります。残念ながら左手の雲は終日晴れませんでしたが、奥穂高岳の左手に槍ヶ岳が見えるはずです。
この日11日、我々が見た奥穂高岳でヘリコプター事故で3名が亡くなったのを帰りの車中で知って驚きました。

クリックすると元のサイズで表示します
御嶽山(剣ヶ峰から)

独立峰の御嶽山の山容が美しかった・・・です。

クリックすると元のサイズで表示します
南アルプス(帰路の中央道から)

車中から見た南アルプスで、右の一段と高いのが甲斐駒ヶ岳で、麻利支天も良く見えます。写真左手に鳳凰三山が連なっています。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ