2020/12/21

葛葉川のクリーンウォーク  くずは活動(2018年度〜)

クリックすると元のサイズで表示します
恒例の・・・葛葉川クリーンウォーク(撮影:12月13日)

新型コロナのお陰で春夏の葛葉川クリーンウォークは中止となりましたが、今回は開催の運びになりました。
私たちが活動する葛葉峡谷を少しは綺麗にしたと始めた活動です。

清掃活動しながら、自然の変化を感じることも目的です。
今回は、河川整備で重機が入った後でしたので依然とだいぶ異なる様子でした。

クリックすると元のサイズで表示します
プラスチックゴミもここで処分すれば海の汚染対策にもなります!

カン類の金属とともに、流れついたプラスチックゴミが多く回収されました。
中には、自転車やバイクの残骸も引き上げられました。

クリックすると元のサイズで表示します
皆さん熱心です・・・参加者数は過去最高でした

皆さんお疲れさまでした。(疲労感がありますが、気持ちが良いですね!)

2020/12/18

シイタケ菌の打ち込み作業  くずは活動(2018年度〜)

クリックすると元のサイズで表示します
ナラ菌がついてフラスが出たコナラ(撮影:12月6日)

カシナノナガキクイムシによるナラ枯れが進んでいて、伐採されたコナラをホダ木にすると良いそうです。
この日はそのコナラの原木に、シイタケ菌を打ち込む作業を行いました。

普通の原木では2夏を過ぎないとシイタケになりませんが、ナラ枯れの原木ではもっと早く収穫できるそうですが、本当でしょうか?

クリックすると元のサイズで表示します
シイタケ菌打ち作業中!
クリックすると元のサイズで表示します
本日の成果:あとはシイタケが出てくるのを待つだけ・・・

楽しみにシイタケの成長を待つことにします。

2020/11/19

竹の切り出し  くずは活動(2018年度〜)

クリックすると元のサイズで表示します
くずは活動で使う竹の切り出し(撮影:11月19日)

竹林を持つ方の好意で竹を分けてもらいました。
これらは、くずは活動の時に色々と活用させてもらいます。

子供たちの遊び道具になったり、工作の材料になったり、樹木や草花の名札になったり重宝します。

クリックすると元のサイズで表示します
軽トラで運び込み

2020/11/16

15周年記念講演会  くずは活動(2018年度〜)

クリックすると元のサイズで表示します
準備が整った講演会会場・・・(撮影:11月7日)

自然のボランティアグループのえのきの会は、今年15年の節目を迎えました。
その記念行事として「講演と楽しい体操・ゲーム」が開催されました。

コロナ対策をして、会場準備がなされ、イベントは3部構成で行われました。

  @ 講演会:地球の楽しみ方〜時間と空間を越えた旅〜
                    講師:平田氏(地球博物館館長)

  A 楽しい体操とゲーム    講師:川向氏(高齢介護課出前授業)

  B フォトコンテスト入賞者発表

クリックすると元のサイズで表示します
講演会の後、フォトコンテストの結果発表がありました!

フォトコンテストの入賞作品を以下に掲載します。

クリックすると元のサイズで表示します
金賞
クリックすると元のサイズで表示します
銀賞
クリックすると元のサイズで表示します
銅賞

2020/11/11

いよいよ落ち葉の季節到来  くずは活動(2018年度〜)

クリックすると元のサイズで表示します
綺麗になった園内への進入路(撮影:11月1日)

11月に入って、いよいよ落ち葉との格闘の季節に入りました。
園内への進入路と、休憩場所となっているベンチのある広場を中心に清掃を行いました。

活動していると汗ばむほどで、良い運動になります。

クリックすると元のサイズで表示します
広場の落ち葉も掃き清められました!

皆さん、お疲れさまでした!

2020/11/4

モミジの葉っぱのこすり出し  くずは活動(2018年度〜)

クリックすると元のサイズで表示します
子供たちに人気の・・・葉っぱのこすり出し(撮影:10月29日)

こども園の5歳児が親子づれで遠足にやって来ました。
コロナ禍でイベントが少なかった今年ですが、この日はお天気に恵まれて思い出の一日になったことでしょう。
カメラマンも同行して、卒園の記念写真もしっかり撮れたでしょうか?

園内には、お遊びコーナーが設けられて親子で回って自然の遊びを体験してもらいました。
モミジの葉っぱの葉脈をこすり出して、一つの作品に仕上げるコーナーは子供たちにも、親御さんにも、先生たちにも思いのほかの人気でした。

園内を回った後は、野外でのお弁当タイムを楽しんでいました。



2020/11/4

グリーンオリエンテーリング  くずは活動(2018年度〜)

クリックすると元のサイズで表示します
グリーンオリエンテーリングで園内散策(撮影:10月26日)


今年の秋のつどいは、蜜になるのを避けて自由に園内を散策してクイズを楽しみました。
お天気に恵まれて、多くの親子連れが三々五々参加していました。

我々も、今年は参加者となって15個のクイズに挑戦しました。

クリックすると元のサイズで表示します
クイズの問題・・・これは誰の巣箱?

これもクイズの一つで、正解はコウモリの巣箱だそうです。
今回初めてオニグルミの木を見上げて気が付きました!

クリックすると元のサイズで表示します
自然のフォトコンテスト

来園者には、恒例のフォトコンテストの審査にも協力してもらいました。
子供たちも熱心に写真を選んでいました。


2020/9/24

落ち葉掃きの季節  くずは活動(2018年度〜)

クリックすると元のサイズで表示します
落ち葉掃きで綺麗になった・・・くすのき広場(撮影:9月17日)

この日のボランティア活動は、落ち葉掃き・・・でした。
もうこんな季節になってしまったのですね・・・新型コロナであたふたしてる間に!

この秋広場には、遠足の予定がたくさん入っています。
気持ちよく、楽しく過ごしてもらいたい・・・です!


2020/9/5

カシナガの生態勉強会  くずは活動(2018年度〜)

クリックすると元のサイズで表示します
カシナガが運ぶナラ菌に侵されたミズナラの木(撮影:9月3日)

渋沢丘陵や丹沢の山でナラ枯れが進んでいて気になるところです。

これは、カシナガ(カシノナガキクイムシ)が運ぶナラ菌による影響です。
この日のボランティアの会では、カシナガの生態を勉強しました。

雄が木に開けた穴に、雌が入り坑道を広げて卵を産み、幼虫を育てるという社会的な生活をする昆虫で、その餌は雌が運んだナラ菌と酵母菌を穴の中で育てるのだそうです。

そのナラ菌の侵入を阻止しようと樹木が抵抗して導管をふさいで結果的に枯れてしまいます。
自然界の営みですが、見ていられない面もあってくずはの広場でも今後対策していこうと考えています。
その一つが、トラップの作成です。

クリックすると元のサイズで表示します
対策用のトラップの取り付け実験

枯死の確率は、ミズナラが70%、コナラが20〜30%、ブナは0%と木の種類によって異なるようです。

2020/7/29

えのきの会が表彰される!  くずは活動(2018年度〜)

クリックすると元のサイズで表示します
タウンニュースの記事となった授賞式の様子(掲載:7月24日)
記事をクリックすると拡大します

湘南地区県政総合センターから、環境教育に貢献したとしてこのたび表彰を受けました。
えのきの会が15周年を迎える年に、今までの活動にご褒美を頂いて嬉しい限りです。

えのきの会の会員の皆さんと共に喜びたいと思います。

表彰式は、コロナの影響で簡略化されましたが、7月14日に環境共生課の谷課長から授与されました。
今年は子供たちとの観察会も自粛されていましたが、早く元に戻っていくことを期待したいと思います。(まだまだ、残念ながら全力投球とはいきません!)


クリックすると元のサイズで表示します
表彰状



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ