2011/12/16

木酢液の活用術  活動記録(11年度)

クリックすると元のサイズで表示します
完成した・・・木酢液を使った防腐処理装置

Sさんが里山工房でコツコツと作っていた装置が完成しました。
木酢液を有効に活用出来る道が開かれました!
以下はSさんの苦労話・・・です。

     ***************************

やっと、里山工房近くに防腐処理装置ができました。
この装置は、遊歩道や作業道の保守のための土留めや杭を木酢液に浸すことにより、防腐効果を高めようとするものです。

Mさんの「ブルーシートで風呂桶を作ればよいかも?」というアイデアに基づくものです。

具体的に作る上で、約200kgの水圧に耐え、かつ土留め材や杭でブルーシートに傷つけない構造に苦労し、木酢液のわずかな漏水防止に悩みつつ、完成に漕ぎ着けました。

     ***************************

里山以外の活動においても、丈夫な杭が必要な時は一度声を掛けて下さい。
きっと、Sさんの協力が得られる事でしょう。


2011/12/12

ご苦労様!・・・クリーンウォーク  活動記録(11年度)

クリックすると元のサイズで表示します
年長組のHちゃんもウォークに参加
クリックすると元のサイズで表示します
ゴミ捨て場状態の所もあって・・・こんなに拾いました

昨日11日は今年最後の「クリーンウォーク」の日。
この日は、今までで一番若〜い年長組のHちゃんも参加してくれて、お昼まで掛って全行程を歩き通しました。(すご〜い!)

きっと子供の目にも、なんでこんなにゴミが捨ててあるのだろう、と驚いたことと思います。
・・・子供たちの前では決して捨てられないゴミも、誰も見てない所では平気で不法投棄してしまう大人がいるのは嘆かわしい事です。(いつも感じる事ですが・・・)

Hちゃんの頑張りで、結構な量のゴミを拾い集めて少しは綺麗になりました。
お疲れさまでした!

クリーンウォークの後は、Iさんが丹精込めた野菜一杯のスイトンをご馳走になりました。
晩秋の野外での温かいお汁は、何よりのご馳走です。

午後は、挿し木作り・木酢液のボトル詰め・道路の落ち葉掃き・・・を行いました。
里山入口近くもすっかり綺麗に掃除出来ました。

クリックすると元のサイズで表示します
柳川里山の前も綺麗になりました

2011/12/1

やっと纏めました・・・植生調査  活動記録(11年度)

クリックすると元のサイズで表示します
植生調査の日はヤクシソウが綺麗に咲いていました(調査日:11月10日)

お待たせしました!

師走に入って、やっと秋の植生調査の結果をご報告できます。
今日は里山活動の日でしたが、朝から空模様があやしくて早々と欠席を決めて、パソコンに向かってまとめる事が出来ました。

詳細は下記をご覧ください。

   http://wind.ap.teacup.com/applet/mhinai006/279/trackback

2011/11/30

11月の活動実績  活動記録(11年度)

         

11月は実りの秋です。
自然村の収穫祭は小原の里山で、5日に賑やかに開催されました。
今年は鴨汁がメインの料理で、美味しいスープに舌鼓を打ちました。

11月の里山活動実績を以下に報告します。

*****  11月の活動実績 ****************

 11月10日 参加 10名  作業:植生調査、遊歩道整備 
 11月13日 参加 12名  作業:チップ作り準備、丸太運び
 11月17日 参加  7名   作業:チップ作り、挿し木運搬
 11月24日 参加  8名  作業:新窯での薪作り、炭の袋詰め
 11月27日 参加  9名  作業:新窯の窯出し・窯入れ

 
                                         
*****************************

2011/11/25

ジャックの豆の木?  活動記録(11年度)

クリックすると元のサイズで表示します
薪割り作業中・・・大学の実習生も参加しました

24日(木)の里山作業は、小原の里山で炭焼きの準備作業を行いました。

前回窯から取り出した「炭の袋詰め」と「薪割り」、そして山から「原木の搬出」を終えて、次回は予定通りの窯出し・窯入れが出来るようになりました。
この作業に、大学生のG君がボランティア実習で参加してくれて、我々○○年も若い人との共同作業で元気が出ました。

この日は晴天で温かく、窯場の近くにあるタラノキの葉っぱが紅葉して綺麗でした。
そして、アイガモの居るビニールハウスの近くにある実験農場(?)の「ナタマメ」が大きな実を付けていました。

初めて見る豆ですが、どのように料理するのでしょうか?
今回はいくつか収穫して飾り炭にしようと、次回の炭焼き時に窯に入れてみる事にしました。
乞うご期待です!

クリックすると元のサイズで表示します
紅葉したタラノキ
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
ジャックの豆の木?・・・実は、ナメタケ

2011/11/11

秋の植生調査  活動記録(11年度)

クリックすると元のサイズで表示します
冷え込んだ空気の中でしたが、夢中になった植生調査
クリックすると元のサイズで表示します
黄色の花(ヤクシソウ)が咲く・・・陽だまりの小道

10日の里山活動は、実施が例年より遅れていた「秋の植生調査」を行いました。

いつもより実施時期が遅れたせいで花を付ける野草は少なかったのですが、実を付ける植物が多く発見出来て、これはこれで楽しく園内を回ることが出来ました。

調査結果は整理して後日ご報告しますが、以下は今回初めて観察した直物となります。

 ヤマハンノキ・トキリマメ・ツルウメモドキ・
 エビヅル・ハダカホウズキ・ヤブミョウガ


いずれも、実を発見して見えてきたもの・・・です。

この時期、貴重な花を付けた植物の写真を添付しておきます。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
ヤマトリカブト(左)とノダケ(右)

午後からは、イベントに使うドングリ集めをしましたが、小粒なものしか見つかりませんでしたし、その数も極端に少ないように感じます。
そういえば、いつもは炭窯の周りにボトボトと落下していたドングリを、今年は見なかった・・・と思います。
他の場所も一緒なのでしょうか?

山の動物たちの冬の食料が心配です!

2011/11/6

山の上での・・・収穫祭  活動記録(11年度)

クリックすると元のサイズで表示します
小原の里山で行われた収穫祭(11月5日)
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
収穫祭のお飾り(左) と 今年の目玉料理?(右)

今年の収穫祭が、小原の里山で開催され大勢が参加しました。

料理の準備をする間に、椎茸のホダ木の整理で一汗かいたので、料理を一段と美味しく頂きました。
今年の一番の食材は・・・○○肉!
有難く、美味しく頂きました。 ご馳走さまでした!

この収穫祭が終わると、次は忘年会。
1年が経つのがなんて早いのでしょうか!!


2011/11/4

10月の活動実績  活動記録(11年度)

10月の自然村では稲刈りの予定が入り、村民の協力で無事今年の作業が完了しました。その作業と並行して里山活動も炭焼き関連の作業に加え、堆肥作り、育苗用の竹ポット作り、そして恒例の宿泊研修会と多彩な活動が展開されました。

残念な出来事は、子ヤギのさとチャンが事故死してしまった事です。
愛嬌をふりまいて村民に愛されたさとチャンでしたが、かわいそうなことになりました。

10月の里山活動実績を以下に報告します。

*****  10月の活動実績 ****************

 10月06日 参加  5名  作業:堆肥の天地返し、里山工房の整備 
 10月09日 参加  5名* 作業:稲刈り(全体活動に合流) 
 10月13日 参加  6名   作業:旧窯の窯出し・窯入れ
 10月15日 参加 14名  宿泊研修会(表丹沢野外活動センターにて)
 10月20日 参加  4名  作業:旧窯の本炊き、木酢液回収、椎茸棚の補修
 10月23日 参加  9名  作業:新窯での炭作り、下草刈り、薪割り
 10月27日 参加  7名  作業:薪割りと新窯への運搬、竹ポット作り

              *:記録が不明確で推定

                                         
*****************************

2011/10/31

丹沢再生シンポジウム  活動記録(11年度)

クリックすると元のサイズで表示します
丹沢再生のためのシンポジウム
クリックすると元のサイズで表示します
会場のポスター発表で説明するUさん

横浜で行われた丹沢再生に関する「自然再生シンポジウム」に参加する機会を得ました。

丹沢でのブナの立ち枯れ、シカ害、人工林の管理・・・等々の課題に対する活動の現状が報告される中で、四十八瀬川自然村も丹沢周辺で自然再生に取り組む団体として、ポスターでその活動内容を発表しました。
そのコーナーには興味を持つ方が次々と訪れて、自然村の役員であるUさんが説明に当たっていました。

「丹沢は麓も含めての丹沢再生を考えなければならない」との提言発言もあって、私達自然村も四十八瀬川を中心とした広い意味での丹沢の自然を守る活動との認識を新たにしました。
広い丹沢に対しては微々たる力ですが、我々のようなボランティア活動の輪が多くなることによって大きな目標「丹沢再生」に利することになるでしょう。

丹沢再生は、50年・100年先を見据えた活動であるだけに、地道な活動の継続が大切と感じます。
自然村も、ぜひぜひ「継続」をキーワードに「楽しみ」を忘れず「良い汗をかく」活動が出来たらいいな〜・・・と思います。

皆さんにも、ご賛同頂けますか?

2011/10/27

竹ポット作り  活動記録(11年度)

クリックすると元のサイズで表示します
ノスリでしょうか?
クリックすると元のサイズで表示します
出来あがった竹ポット

小原の里山に着くや、頭上でお出迎えを受けました。
これは、ノスリでしょうか?
秋晴れの空を悠々と弧を描いてしばらく里山の上を飛んでいました。
この偶然で・・・気持ち良く仕事をはじめられそうです。

今日の作業は、二手に分かれて「炭焼き用の薪作りと運搬」と「竹ポット作り」を行いました。
竹ポットは、来月に開催される里山のイベントでドングリを植える為のポットで、芽が出てきたらそのまま土に植えて植樹が出来る優れもの(!)です。
とりあえず一日がかりで50ケを作りました。

当日は、私自身は参加でず残念なのですが、一般参加の皆さんがこのポットで楽しんでもらえると嬉しい限り・・・です。
その前に、このポットに穴をあける仕事が残っていますので、村民の皆さん!よろしくお願いしま〜す。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ