2012/11/2

10月の活動実績  活動記録(12年度)

             
全村行事としての稲刈り作業が進められ、今月31日の小学生による稲刈り体験を持って今年の稲刈りが終了しました。
里山部会では恒例の宿泊研修会が行われ、親睦を深めました。


以下に、10月の活動実績を報告します。


*****   10月の活動実績 ****************

 10月04日 参加  9名  作業:水無川左岸の菜の花畑整備
 10月11日 参加  5名  作業:旧窯での薪割り、堆肥作り、カブト虫飼育場整備
 10月14日 参加  8名  秋の植生調査、作業:堆肥返し
 10月18日 参加  0名  雨天中止
 10月24日 参加 13名  里山宿泊研修会
 10月25日 参加 10名  作業:新窯での下草刈り、炭作り
 10月28日 参加  0名  雨天中止
 

                                                     
*****************************

2012/11/1

今年最後の・・・稲刈り  活動記録(12年度)

クリックすると元のサイズで表示します
小学5年生と今年最後の稲刈り作業(撮影:10月31日)
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
たわわに実った黒米(左)と唐箕(右:「唐あおり」とも云う)

10月の最終日が、今年最後の稲刈りとなりました。

小学5年生の稲刈りのお手伝いをして、子ども達に稲刈り・脱穀・選別の農作業を体験してもらいましたが、今回も私は選別作業で唐箕の操作担当をしてきました。
・・・子ども達は一生懸命各作業を行っていて、もっと野外での活動を続けたい様子でした。

体験学習が始まる前に、四十八瀬川の土手に現れた子猫を発見!
呼ぶと2匹とも寄って来てじゃれついてきました。飼い猫なのでしょうか?
子ども達が見つけると、きっと大騒ぎになった事でしょう。

クリックすると元のサイズで表示します
田んぼの傍の畑から出てきた子猫

2012/10/28

秋の植生調査・・・纏めました!  活動記録(12年度)

クリックすると元のサイズで表示します
せっかく焚き火を準備したけど・・・今日の作業は雨天中止!
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
雨に濡れる木々

数名が柳川の里山に集まりましたが、雨足が強くなって活動中止となりました。
予定していた窯出しは、次回に計画変更して行う事になります。

そこで、急遽自宅にとって帰って、気になっていた「秋の植生調査」の結果をまとめる事にしました。
・・・雨のお陰で、月内に取りまとめる事が出来ました。(ホッ!)

  http://wind.ap.teacup.com/applet/mhinai006/287/trackback


2012/10/26

宿泊場所から里山へ直行  活動記録(12年度)

クリックすると元のサイズで表示します
今日のメインは・・・小原の里山の草刈り作業
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
お昼は・・・宿泊所で作った混ぜご飯のおにぎり

25日の里山作業へは、宿泊研修の場所から車に分乗して出掛けました。

二日酔いもなんのその!
今日の作業は、草刈りと炭の袋詰め、そして椎茸の収穫とホダ木場の補修・・・でした。
一生懸命作業したのでお腹がすいてしまいました。

今日のお昼はこの朝作った混ぜご飯の残りで作ったおにぎりでしたが、これが美味しく出来ていました。
秋晴れの下で食べる食事は美味しい!


2012/10/26

里山宿泊研修会  活動記録(12年度)

クリックすると元のサイズで表示します
この日(24日)はBBQ会場から大島がくっきり望めました
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
野性味あふれるBBQ・・・シカ肉とイノシシ肉とetc

里山部会恒例の宿泊研修会が行われ、一部のBBQでは焼き椎茸も出て来ましたが、珍しいお肉もたらふく頂きました。
お酒も食材も差し入れが沢山あって、ありがたい事でした。(感謝!感謝!!です)
お陰さまで、美味しく愉快に、懇親の輪が広がりました。

二部は宿泊棟に移動して、tbkで放映された里山活動のビデオを見ながらいろいろと懇談しました。
ビデオは放映当日見逃した仲間もいて、結構長い時間、我々の活動が報告されていたことに驚きました。
村長のインタビューもなかなか堂々として頼もしく感じられました(!)

・・・ちょっと内容は聞き取れなかったのは、パソコンの音量が低くいせいでしょうか? はたまた、アルコールのせいでしょうか??

翌朝は、皆で食餌の準備をして美味しい朝食を頂き、その足で里山活動に参加しました。

2012/10/16

小学生の稲刈り  活動記録(12年度)

クリックすると元のサイズで表示します
田んぼで説明を聞く小学生
クリックすると元のサイズで表示します
脱穀体験中!・・・稲刈りや唐箕(選別)作業も体験しました
クリックすると元のサイズで表示します
通りかかった幼稚園児たちも応援!!

春に田植えをした小学生達が、稲の収穫に田んぼにやってきました。

5年生の良い子たちは、鎌で稲を刈り取って束にして、昔ながらの脱穀機と選別の器械を使って農作業を体験しました。
皆興味津々で、器械の原理の説明に耳を傾けたり、実際に作業をして作業の大変さを実感していました。

これからは、お米の大切さが分かる「より良い子」になる事でしょう。

ちょうどお散歩中の幼稚園生達も、土手の上から応援してくれました。

2012/10/15

カブトムシの飼育場が・・・  活動記録(12年度)

クリックすると元のサイズで表示します
イノシシに荒らされたカブトムシの飼育場
クリックすると元のサイズで表示します
新しいカブトムシの家・・・今度はイノシシに負けないぞ〜!

14日の里山活動は、恒例となった秋の植生調査の後、飼育しているカブトムシの飼育場の切り返し作業を行いました。

そこで発見したのは、イノシシに荒らされた産卵場で、この区画の産卵場の幼虫は全部食べられてしまいました。
昨年は9月中旬に網を被せましたが、今年はそれをさぼっていました。
幼虫には可哀そうなことをしてしまいました。

堆肥場には多くの幼虫が健在で、落ち葉の切り返しをした時に、幼虫の転居も行いました。
採取した幼虫のうち、70匹は従来のバスタブ製の飼育器に、200匹は新しい飼育場に写しました。
新しい飼育場にはまだドアがありません。
猪に荒らされないよう急いでドアを作たいと思います。(助っ人大歓迎!)

堆肥場にはまだまだ多くの幼虫が残されています。
上に被せてあるすのこをとり、チョットほじくればいくらでも採取できます。
どなたか幼虫の里親になって幼虫を引き取って戴ければハッピーです!
ご連絡をお待ちしています!

         (以上カブトムシおじさんから・・・の報告でした。)

2012/10/5

水無川の菜の花畑  活動記録(12年度)

クリックすると元のサイズで表示します
水無川左岸で・・・菜の花の種蒔きボランティア
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(左)花の咲くのが楽しみ    (右)何時になく水量の多い水無川 

今日(4日)の里山活動は、急遽「里川活動」に変更となって、水無川の左岸に集合となりました。
作業は、観光促進のための菜の花畑作りで、土手の土をならして種まきのお手伝いをして来ました。

10月と言うのに30度近い気温の中で、大汗をかいての作業となって、一番バテバテの私は水分摂取量が多くこの日2Lも飲んでしまいました。
休憩時間に顔を洗った川の水が、とってもひんやりして気持ちが良かった・・・です。

作業はまだまだ残っていますが、完成すると約1kmに渡って菜の花が楽しめる事になります。
・・・来年2月頃には咲くのでしょうか?  楽しみです!

2012/10/4

9月の活動実績  活動記録(12年度)

             
暑い日が続いて里山作業も頻繁に水分補給をしながら進めています。
この暑さで、彼岸花の開花がいつもより遅れているようです。水分の不足が原因のようです。


以下に、9月の活動実績を報告します。


*****   9月の活動実績 ****************

 9月06日 参加 10名  作業:新窯用の薪割り
 9月09日 参加 15名  クリーンウォークと野外料理の会
 9月13日 参加  9名   作業:新窯での窯出し、下草刈り
 9月20日 参加  9名  作業:新窯の窯入れ
 9月22日 参加 15名  里山体験教室の受け入れ
 9月27日 参加 11名  作業:新窯の本炊き、下草刈り

 
             * :記録が無く参加人員は推定

  
  
                                         
*****************************

2012/9/16

田んぼの草取り  活動記録(12年度)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
田んぼの草取り

田んぼの草取りに参加・・・半日仕事でしたが大勢で作業するとはかどりました。

この日(15日)も朝から太陽が照りつける中、久々に自転車を引っ張り出して出掛けました。
家から上りの続く往路は汗を一杯かいて田んぼに到着、復路は心も軽やかに風を切って快適なサイクリングでした。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ