2006/11/26

里山体験教室の最終日  活動記録(06年度)

今日は「里山体験教室」の最終日となりました。
天気予報では雨は午後遅くなってから・・・と聞いていましたので「まずまず」と思って活動を開始しました。
参加者も多く11名となり、お昼には代表・副代表も駆けつけてくれました。

今日の里山体験メニューは、「下草刈り」と「野鳥の巣箱作り」を予定していました。

クリックすると元のサイズで表示します

「下草刈り」は、この冬場に手掛ける予定のスギ林の整備地(・・里山に隣接しています)の準備作業として行いました。
結構荒れたままになっていましたので、結局倒木しかかった何本か伐採することになりましたが、多人数で取り掛かったせいで少し見通しが良くなりました。

でも今日は序の口・・・広いエリアですので、これからまだまだ楽しめますよ!!

クリックすると元のサイズで表示します

お昼にはOさんの配慮で、急遽味噌汁のサービスがついて体が温まりました。
加えて、おやつ時には間に合わなかった焼き芋(お芋はH農園産)も楽しんでもらいました。
どちらも好評で、ヨカッタ!ヨカッタ!

その場で話題になったお芋の種類は、やはり「べにあずま」だそうです。
今年は残暑が短かったため芋類の収穫は今一といわれていますが、小さい分甘味はあるように思います。

・・・お昼を終わりかけたところで激しい雨となって、体験教室はここで終了としました。
予定の3日間を皆勤した参加者の方には、敬意を表したいと思います。
お疲れ様でした!!

クリックすると元のサイズで表示します

皆が引き上げたところで、少し明るくなってきました。
頑張り屋のIさんの号令で、やり残した「野鳥の巣箱作り」に取り組み予定の5個を何とか完成させました。
気ままな天気に振り回されてしまいました。

・・・巣箱の取り付けと点検は、後日行います。

2006/11/26

11月23日の活動報告  活動記録(06年度)

11月23日(祝)は、雨が心配されましたが何とか持ちこたえて活動が出来ました。
参加者6名で、12月予定の窯入れの材料(主として竹材)の準備を行いました。

【お詫び】リポーターが不参加でしたので、報告が遅くなりました。

2006/11/16

Kさんちのコナラを移植  活動記録(06年度)

クリックすると元のサイズで表示します
コナラの苗木

「Kさんちのコナラ」の苗木が里山に帰ってきました。
1年間育てられた苗木15本です。
この12日に、「里山体験教室」の一環で里山内の以前竹林だった所を整備して約50本の広葉樹を植林をしましたが、その一角に帰してやりました。

育て親のKさんも一緒に、1m間隔で陽の当たる所を吟味して植樹しました。
大きく育ってくれると良いですね。

その後は、12月初めに行う予定の「窯入れ」の準備として、原木と竹材を準備しました。
次回の窯では、竹炭を焼きたいとのリクエストがあって、それに対応するための準備を行いました。
竹を鋸で切るのは何か「スカッ!」としますが、ナタで適当な大きさに裂くのはコツがいるようです。
今日一日では、まだまだ十分な量は確保できませんでした。

次回以降も、ガンバロウ!

クリックすると元のサイズで表示します
今日準備できた竹材

(今日の参加者は6名でした。)

2006/11/12

里山体験教室2日目・・・薪割り君登場!  活動記録(06年度)

クリックすると元のサイズで表示します

今日は、里山体験教室2日目で体験参加者を含めて13名が山に集合しました。
今日の体験テーマも多彩だったと思います。

まずは、@薪割君に登場願って薪割り体験、A野鳥の森に下りる遊歩道周辺の間伐体験、そして午後はB竹林跡地にクヌギ・コナラの苗の植林体験を行いました。
本格的な植林は今回が初めてですが、事前に整地していたのでうまく行った事と思います。

今日、私は里山参加は出来ませんでしたが、「木枯らし1号」はどうだったのでしょうか?
メニューが一杯でしたので、きっと汗ばみながら寒さを感じなかったのかも・・・??

・・・お疲れ様でした。

追記 :写真撮影はOさんが行いました。

2006/11/5

里山体験教室始まる  活動記録(06年度)

クリックすると元のサイズで表示します

里山体験教室の第一日目が始まりました。
参加申込み頂いた方は3名でしたが、内2名は都合で参加見合わせとなり1名のみの参加となりました。
出来る範囲での開催のPRをしたのですが、会の活動をPRする難しさを毎年思い知らされます。

・・・でも、一人でも里山の楽しさを知ってもらえれば、との思いで今日の活動に集まってくれた仲間は11名と何時になく賑やかでした。
今日の体験活動は「窯出し・窯入れ」で、参加者も窯の中に入ってもらって煤だらけになって里山体験をしてもらいました。

午後予定通り「窯入れ」を終えて、窯を乾燥させるための火を入れたところで記念に撮ったが上の写真です。
窯の前の人は「お尻に火が点きそう!」なところを我慢して、シャッターが切られました。

体験教室第2回目は、1週間後の12日に行われます。

2006/11/2

野鳥の森の周辺整備  活動記録(06年度)

クリックすると元のサイズで表示します

今日は、新村民のSさんを加えて7名で、前回に引き続いて11月に植樹を予定している「野鳥の森」周辺の整備を行いました。
新村民のSさんは、事前にこのブログを見て里山の様子はご存知の様子でした。
実際に参加されて「里山遊び」の楽しさを体験頂いたようです。(ヨカッタ!ヨカッタ!)

今月開催の里山体験教室の一環で植樹を予定している場所に太陽の光をより多く入れるため、思い切ってミズキの大木を伐採することにしました。
チェンソーを使ってベテラン3名で見事あっという間に切り倒すことが出来ました。

これで、植栽の準備完了で〜す。

今日は、山で色々と生き物に出会いました。
「里山の生き物たち」にアップしておきます。 ご覧下さい。
ここでは、山で見つけた植物をご紹介しておきます。(野草の名前は調査中・・・です。)

クリックすると元のサイズで表示します

2006/10/26

里山遊歩道がリニューアルしました!  活動記録(06年度)

クリックすると元のサイズで表示します

四十八瀬川自然村では全体活動で新たな雑木林を整備することになりましたが、今日はその活動と同一日となり人員も二手に分かれることとなりました。
柳川の里山活動参加者は3名と少数でしたが、11月に予定されている「里山体験教室」の準備として遊歩道の整備を中心に作業しました。

遊歩道は間伐材で通路を作っていましたが、2年も経って傷みが激しくなっていました。
午前中の作業は、朽ちた間伐材を処理して新たに通路のロープを張りました。

午後は、「里山体験教室」で「植樹」のエリアとして予定されている野鳥の森周辺の下草刈りを行い、準備を完了しました。

「里山体験教室」に何名の皆さんが参加してくれることでしょうか?
お待ちしていますヨ。

2006/10/22

実りの秋です!  活動記録(06年度)

クリックすると元のサイズで表示します

今日は、全村行事の「稲刈り&収穫祭」が四十八瀬川沿いの田んぼで行われました。
村民のほかに、「ガサガサ探検隊」のリスナーの皆さんも大勢参加されての合同イベントとなりました。
稲刈り初めての子供も大人も結構いましたが、刈り方・纏め方・はざかけの仕方の講習を受けながらも結構スムーズに作業を進めていました。

ちなみに、田植えは6月11日に雨の中決行しました。
その様子もぜひ思い出してください。
過ぎてしまえば早いものですが、その間田んぼの世話をした皆さん、ホントご苦労様でした。

2006/10/19

芸術写真が撮れました??  活動記録(06年度)

クリックすると元のサイズで表示します

今日の里山で撮った写真です。何を撮ったかお分かりでしょうか?
ちょっと芸術的・・・と思いませんか??

実はこれ、山で取れた椎茸です。
傘のひだが大変きれいに思います。ここでも自然の造詣に驚いてしまいますネ。

その椎茸、数は多くありませんがその大きさにまたまたビックリ!
育っていると誰も思っていなかったので、チェックが出来ておらずに日が経ったようです。

クリックすると元のサイズで表示します

椎茸はその後どうしたか・・・ですって?
もちろん今日の作業のご褒美(?)に、参加者7名で分けました・・・悪しからず。

今日の作業は、11月5日に予定してる「里山体験教室」の窯出し・窯入れに向けての薪の準備でした。
一日かけてひと窯分を積み上げました。

2006/10/12

はざかけ用竹の運び出し  活動記録(06年度)

クリックすると元のサイズで表示します

今日は「軽トラ君」が大活躍でした。
朝一番の仕事は、注文のあった100袋の炭の配達でした。

取って返して、四十八瀬川沿いの小原のヒノキ・タケ林に向かいました。
分担して作業して切り出していたマダケ約60本を、旧甘柿橋の田圃に運び込むのが
第2の仕事です。
このタケ材は、この22・23日に行われる稲刈りの「はざかけ」用に使います。

問題は、この狭い川沿いの道から田圃まで長い竹をどのルートで運び込むか?・・・でした。
地元の地理に詳しいUさんの指揮で、何とか「軽トラ君」を操って作業が完了しました。
良かった!良かった!

目的の仕事が終わって参加者7名ホット一息したせいか、お昼の後、軽い仕事を一つこなして早めに山を下りました。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ