2006/4/23

降水確率50%も何のその!  活動記録(06年度)

クリックすると元のサイズで表示します

この所、日・木・日と里山活動日は雨の周期に入ってしまいました。
今日も、横浜地方は降水確立50%でしたが、とにかく出かけようといつもの時刻に家を出ました。
参加者5名で、雨が落ちる前に半分まで詰めてあった炭窯への原木を入れ終えることを最優先で作業を進めました。
皆の意識が集中したせいか、昼前に窯に火を入れることが出来ました。

まずは一安心!
皆でゆっくり、炭火のお湯でコーヒーをいれて一服しました。
インスタントですが、山でのコーヒーの味はまた格別です。

雨の心配があったので、今日は午前中のみの活動として、山を降りました。

アクセスして頂いた皆さんに、山の自然をお届けします。
冬の間、ロゼット状態で我慢していた「キジムシロ」が綺麗な花をつけています。
「デジカメ撮影」の勉強成果を生かして、絞りを絞って背景をぼかしてみました。
うまく出来たでしょうか??

クリックすると元のサイズで表示します

2006/4/20

今日の里山活動は中止とします  活動記録(06年度)

降水確率が午前中50%となっており、今日の活動は中止とします。

微妙な空模様ですが荒れ模様が予想される・・・と昨日から報道されています。
家の窓から見ると、まだ振り出していませんが降水確率は50%と高めなので中止としました。
ご了解下さい。

2006/4/16

里山新緑ウォークはどうでしたか?  活動記録(06年度)

クリックすると元のサイズで表示します

「丹沢まつり」が雨模様となっていしまいましたが、午後は上がったので「里山新緑ウォーク」はどうだったのでしょうか?
昨年より参加者は増えましたか?

私とOさんは、里山ふれあいセンターで行われた「はだの里山整備指針のためのモデル林整備現地検討会」に自然村を代表して参加してきました。
里山活動の指導者である中川先生の話を中心に、「20年後の里山活動に向けて何をすべきか」をテーマに(久々に)思考の時間を過ごしてきました。
熱心に30名ほどの参加者があり、それぞれの会の概況報告の後勉強会に入りました。

午後から。雨も上がりましたのでふれあいセンター近くの雑木林で里山整備の方法や植生再生の実態を観察しながら先生の説明を受けました。
今後の活動に反映してゆきたいと考えています。(ホントかな? 請うご期待!)

それにしても、水無川を渡った雑木林には「ヒル」が我足首を責めて来るのには閉口しました。
植生豊かなのは良いのですが、「ヒル」はごめんです!!
我等の活動エリアでは見かけないので、じっくり作業に専念出来ると言うものです!
狭い秦野ですが、それぞれの場所で環境条件が違うことに再認識してしまいました。

2006/4/13

看板オジサン!?  活動記録(06年度)

今日の活動報告は、「看板」についての2題です。
参加したオジサンは6名。

クリックすると元のサイズで表示します

看板(その1)は、この16日に開催される「丹沢まつり」行事の一つである「里山新緑ウォーク」の案内板の掲示です。
副代表の丸山さんも駆けつけてくれて、2班に分けて効率よく作業が進み掲示が完了しました。
当日の天候がちょっと心配ですが、大勢の皆さんが四十八瀬川周辺の里山風景を楽しみながらウォークしてもらえると嬉しいですね。

完歩されると、お土産とトン汁が頂けますので、ぜひぜひご参加下さい!!


クリックすると元のサイズで表示します

看板(その2)は、里山での四つ目の「環境学習掲示板」の作成です。
先週、皆でヒノキを使って看板を作ってもらいましたので、今日はそれに写真他のデコレーションを行いました。
題して・・・「夜の里山」です。
定点観察で、記録の撮れた動物8種の写真を掲示しました。

6名の看板オジサン! お疲れ様でした。

2006/4/9

粉にこだわる野外料理の会  活動記録(06年度)

クリックすると元のサイズで表示します

粉料理にこだわる野外料理の会を開催しました。
今日のメニューは「スイトン」でした。
またまた、Oマネージャーに食材を揃えてもらって、耳たぶの軟らかさに粉をこねるのは私の仕事です。
普通の3倍の大きさの団子の入ったスイトンは、思いの他の美味しさ・・・と思ったのは「こさえた人」だからでしょうか?
参加の9名+小野代表+代表がお連れしたお客様・・・皆舌鼓を打ってくれたと思います!

次回の「粉料理」は何にしようか?
良いレシピがあったらお知らせ下さい。

野外料理の会までの活動メニューも十二分の作業内容でした。
「炭窯出し」と「堆肥の転地返し」を行いました。
2ケ月振りの窯出しの後、窯半分の原木を入れて、この状態を里山新緑ウォークの参加者に見学してもらおうとの計画です。

クリックすると元のサイズで表示します

「堆肥の転地返し」は初めての作業となりましたが、落ち葉を掻き出して糠をサンドイッチ状に挿み込んで、足で踏み固めました。
写真を見てください・・・落ち葉の体積がほぼ半分になりました。
新たに落ち葉を加えることなく、最終的に1年後にどの位の堆肥が出来るか確かめて見ようとの事になりました。
色々と試してみるのは楽しみです。

最後に、堆肥場近くの春の野草をひとつお届けします。
ナルコユリがあちこちで芽を出しています。
昨年はこんなに群生していなかったように思います。

クリックすると元のサイズで表示します

2006/4/6

「ヤブレカブレ??」ではありませんが・・・  活動記録(06年度)

今日は、新年度の最初の活動日でした。

先月は第5週まであって、5週目の活動はお休みでしたので何か久々の里山活動となりました。
参加者は7名で、今月16日に予定されている「里山新緑ウォーク」の受け入れ準備作業を中心に分担実施しました。
もう、皆一生懸命作業に各活動に没頭していました。
まるで・・・「ヤブレカブレ」・・・ではありませんが??

里山園内には、「ヤブレガサ」「ミミガタテンナンショウ」「タラノメ」「タチツボスミレ」の群生があり、春を知らせています。

クリックすると元のサイズで表示します
「ヤブレカブレ」・・・いや「ヤブレガサ」

「里山新緑ウォーク」の準備作業に内容は・・・

  (1)炭釜見学用の原木の準備
  (2)遊歩道の落ち葉掻き
  (3)見晴台のベンチの整備(写真参照:素朴な丸太の椅子が追加されました)
  (4)販売用の木酢液の回収(写真参照:精製でワイン色の木酢液が採れました) 

・・・でした。 
   
クリックすると元のサイズで表示します
見晴台のベンチ

クリックすると元のサイズで表示します
精製装置の底は真っ黒



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ