6月のおすすめ@「オムサロ原生花園」  

クリックすると元のサイズで表示します

紋別北部にあるオムサロ原生花園は6月中旬から開花がはじまり、7月上旬まで見頃を迎えます。

クリックすると元のサイズで表示します

比較的初期に咲き始めるのは黄色いエゾカンゾウです。

クリックすると元のサイズで表示します

少し遅れてオレンジ色のエゾスカシユリが咲きます。

クリックすると元のサイズで表示します

数は少ないですが青紫のヒオウギアヤメも咲いています。

クリックすると元のサイズで表示します

その後、本原生花園メインの花であるピンクのハマナスが咲き誇ります。ハマナスは7月下旬まで鑑賞できると思います。

クリックすると元のサイズで表示します

オムサロ原生花園には夏の渡り鳥もやってきて、野鳥カメラマンに人気のスポットにもなっています。上写真はベニマシコ。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらはノビタキ。雨上がりは虫が出てくるので餌をついばんでいることが多いようです。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは喉のオレンジ色が特徴のノゴマです。カメラでは35mm換算で500〜600mm相当のレンズを使う人が多く、さらにトリミングして大きくするのが一般的なようです。双眼鏡でも楽しめるでしょう。

駐車場にはオムサロビューハウスがあり、トイレの他、ソフトクリームなどの売店もあります。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ