ゲーテアヌム建設現場で講義するルドルフ・シュタイナー(唯一の写真)        「ラディカル」とは「ラディッシュ」と同じ語源で、「根源的」という意味。表面のみならず、その「根」を見ようとすること。このブログはそういった意味でラディカルでありたい。

2009/1/28

小さな大人?  ドイツ名言珍言集

        クリックすると元のサイズで表示します
                ボーフム集会所の庭

 今朝早く車で集会所に向かっていると、ラジオから、聞こえてきた。

 「子供は小さな大人ではない。子供には子供として必要なものがある。」

 どうやら、新しい健康保険をめぐっての議論らしい。子供の保険料を、大人の何%にするか否かの問題だ。大人を基準に考えず、子供を独自の存在として考えて欲しいというのが、主旨らしい。

 さすが、19世紀に「子供」という存在を「発見」した国、ドイツだ、と思った。「グリム童話」、も「キンダーガルテン(幼稚園)」も発祥の地はドイツだ。ドイツ浪漫派の画家、フィリップ・オットー・ルンゲは、子供を好んで描いた、それも子供の視線から。すなわち、子供の背の高さから見た世界を描いた画家だ。それまで、ただの小さな大人だった子供は、大人と同様の過酷な重労働をせねばならなかったが、「子供の発見」によって、新しい文化が生じた。

 でもまた、この文化が失われつつある。「子供服」は、大人のミニチュアになり、子供にすべての決定を任せる親まで登場した。ドイツだけではない、日本もドイツ以上に子供文化が危機に晒されている。

 でも、朝のラジオで、さらりとこんな言葉を言えるドイツのアナウンサーには好感をもった。何度聞いても、これは「名言」である。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ