ゲーテアヌム建設現場で講義するルドルフ・シュタイナー(唯一の写真)        「ラディカル」とは「ラディッシュ」と同じ語源で、「根源的」という意味。表面のみならず、その「根」を見ようとすること。このブログはそういった意味でラディカルでありたい。

2012/3/28

やっと落ち着いた  不定期な日誌

 今日から、子どもたちが10人くらい来ます。ですから、今晩は皆でジンギスカン・パーティですな。明後日までワイワイガヤガヤです。昨日と今日は買い出し。午後3時にラム肉3sを取りに行きます。私は子どもの頃、ラムではなくマトンでジンギスカンをして、1sはひとりでマトン肉を食べたもんです。それと、ご飯と野菜をタップリね。

 先日、ようやく本棚を組み立てて、我が書斎が少しスッキリとしました。買ってから2ヶ月は放置していましたので、出来て嬉しい。

       クリックすると元のサイズで表示します

 1985年から使っているドイツ製の仕事机です。かなり大きくて使いやすい。この上に本棚を置きました。左側にベランダがあり、階段を下りると専用の庭に出ます。ベランダも広い!

       クリックすると元のサイズで表示します

 机の右側の大きな本棚(これはケルン時代に買ったドイツ製)と、「立ち机」(これもドイツ製)です。ゲーテもこんな机で立って文章を書いていたのです。下はрニFAX置き場。上の絵は、あの砂澤ビッキの作品です。

       クリックすると元のサイズで表示します

 その正面がこちら。右側の細長い本棚も新品です。(左側の箪笥は、ドイツのIKEAの物)これでCDとDVDが収まりました。二重に入れてます。左側は鉱石コレクションの「一部」、そう、ごく一部です。鉱石を入れているガラス戸の棚はケルン時代にIKEAで買ったものです。

       クリックすると元のサイズで表示します

 まあこんな感じです。ここから結構たくさんの鉱石がただいま貸し出し中。普段はもっといい石があります。

 まあこんな感じの部屋で仕事をしてます。
6



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ